ヘッドラインニュース

長州麦味噌ビール完成

新南陽商議所青年部、シマヤ、ソレーネ周南
100%県内産 みその香り絶妙

 周南市の新南陽商工会議所青年部(大嶋勇一郎会長)とシマヤ、道の駅「ソレーネ周南」、山口市の山口地ビールの協力で、県産の麦や大豆を使ったみそ風味の地ビール「長州麦味噌ビール Buthi Misôle(ブティ ミソーレ)」が完成した。20日に永源山公園で開かれた“ムーンフェスタしんなんよう”で先行販売され、21日からソレーネ周南でも販売が始まった。

周南パラボラ会で乾杯する右から原田部長、山本顧問、大嶋会長

周南パラボラ会で乾杯する右から原田部長、山本顧問、大嶋会長

完成した長州麦味噌ビール

完成した長州麦味噌ビール

 このビールは同青年部などが新南陽地区の土産品にもなる商品を開発しようと、5月から製造を山口地ビールに依頼して試作を繰り返して完成させた。
 県産の麦100%のビールに、同地区福川が発祥のシマヤが「嶋屋治兵衛長州みそ」の商品名で販売している山口産の麦と大豆で作った麦みそを加えている。みその香りがして、飲んだあとに旨みが残る、絶妙なバランスのビールに仕上げた。
 商品名は方言の「ぶち」を生かしながら「ソレーネ」と「みそ」の言葉を組み合わせた。ラベルもドローンを使って永源山公園からゆめ風車越しに撮影した新南陽地区の風景写真を使い、シマヤの創業当時のロゴもあしらっている。
 アルコール分は4%。330ミリリットル入りで、参考小売価格は648円。3,000本を製造し、ソレーネ周南のほか、酒販店でも扱ってもらい、継続して製造、販売していく。
 19日には東ソークラブで開かれた秋の周南パラボラ会でお披露目され、大嶋会長(38)が「多くの人の思いをつむぐことができた」と述べ、シマヤの原田大介みそ事業部長(43)が「旨みと香りが際立つビールです」と開発に込めた思いを話した。
 会では青年部で開発プロジェクトリーダーを務めた山本淳同会顧問(45)の発声で乾杯し、この日だけで200本が飲まれ、上々の評判だった。

【きょうの紙面】
(2)徳山大学でLGBTテーマに講演会
(2)男女共同参画ポスター最優秀に小串さん
(4)光市美展、大賞に書の山本さん
(5)大相撲周南場所前に立田川親方が来訪

http://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
http://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

バレたらあかん!

今週のバレたらあかん!
カエル先生と岩国沖でアジング(後編)
放送期間:10月22日(月)~10月28日(日)まで

 岩国在住の視聴者で、かおりんの釣りの先生、山中竜太さんことカエル先生と、先生の愛船「美羽琉」で岩国沖でアジングにチャレンジ。
 厳しい状況の中、ようやくエンジンのかかってきたカエル先生。26センチと良型サイズのアジを釣り上げる。
 一方、かおりんはまだリリースサイズのマメアジが1匹。果たして2人は目標を達成できるのか?

  • CCS 121ch【放送時間】
    毎日13:30/15:45/21:30
  • Kビジョン 12ch 【放送時間】
    毎日6:30/月~金21:30/土・日8:30ほか
  • SOUND VIEW ばんなび

    今週のばんなび
    しゅうニャンフェス2018 最終告知
    ♪夜の本気ダンス
    放送期間:10月22日(月)~10月28日(日)まで

     11月3日(土)にJR徳山駅周辺で開かれる「しゅうニャンフェス2018」は、自由気ままな猫のように、周南市の街なかライブ会場をサーキット形式で巡る音楽の祭典。“しゅうニャン市”に新たな音楽の楽しみ方を提案する。
     先日発表されたイベントのタイムテーブルなどを紹介!

  • CCS 121ch 【放送時間】
    毎日18:50/21:00/深夜0:45
  • Kビジョン 12ch 【放送時間】
    月~金 20:20/23:20ほか
  • ぎゅっと!

    周南の”今”がわかる!
    CCS地域情報バラエティー番組
    放送期間:10月22日(月)~10月29日(月)まで

     「日刊新周南」の周南市関係の記事を取り上げるコーナーは松田鉄工所の水素ステーション用の高圧配管溶接技術開発、湯野温泉にある江戸時代中期の武家屋敷、山田家本屋の移築15周年記念展(写真)、来春の市長選挙に現職の木村健一郎氏が出馬を表明したニュースを延安弘行記者の解説で紹介する。

    • CCS 121ch 【放送時間】
      毎日7:00/12:00/18:00/20:30

    周南市長選

    木村市長が出馬表明
    3期目へ「新たなスタート」

     周南市長の木村健一郎氏(66)は18日、ホテル・サンルート徳山で記者会見を開き、来年5月の任期満了に伴う市長選挙に立候補を表明した。木村氏は現在2期目。公約は「これから煮詰めていきたい」としながらも3期目へ意欲を語った。

    記者会見で出馬を表明する木村氏

    記者会見で出馬を表明する木村氏

     木村氏は早稲田大学法学部卒業後に市内で司法書士・行政書士事務所を開業し、周南市長選は2007年に県議会議員を辞職して出馬したが敗れ、11年の選挙で初当選した。15年の選挙も含め、いずれも現在は市議会議員の島津幸男氏との一騎打ちだった。
     会見では今年2月にオープンしたにぎわい交流拠点の新徳山駅ビル、6月から業務を始めた新庁舎について「これまでまいてきた種が芽吹き、まちが大きく動き始めている。今、大切なのはこの動きを加速させること」としながら「ふるさと周南を守る、その思いを原動力に進めてきた取り組みを充実させ、新たなスタートを切るつもりで3期目に挑戦したい」と述べた。
     記者からの出馬をいつ決めたかという質問には「日々の積み重ねの中で徐々に思いが固まった」と説明した。“しゅうニャン市”を掲げて進めているシティープロモーション事業については「シティープロモーションは大切で、これからも続けるが、3期目もしゅうニャンでいくかどうかはこれから検証したい」と述べた。17日に自民党に推薦願を出し「幅広い支援をいただきながら戦っていきたい」と話した。
     同市長選は来年4月に予想される統一地方選挙の中である。出馬表明は木村氏が初めて。

    【きょうの紙面】
    (2)KYBのデータ改ざん耐震部材、周南市庁舎にも
    (2)光市で犯罪のないまちづくり県民大会
    (4)東陽小で見守り隊感謝集会
    (5)福川小児童が盲導犬育成へ募金

    http://www.shinshunan.co.jp/contact.html
    ▼電子版購読はこちら
    http://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

    共助、自助の大切さも

    周南市防災シンポジウムに500人

     周南市の防災シンポジウム「共に。アクション!」が13日、市文化会館大ホールで開かれ、500人が自分の命を守るためにはどうすればいいか、行政がすべき公助、地域の防災組織などによる共助、自らの自助で取り組むことを講演とパネルディスカッションで考えた。

    パネルディスカッションの出席者

    パネルディスカッションの出席者

     講演の講師は東日本大震災で子どもの犠牲者がほぼなく「釜石の奇跡」と呼ばれた避難行動に結びついた災害教育を指導した東京大学大学院情報学環特任教授の片田敏孝さん。「荒ぶる自然災害に地域・行政一体で向かい合う~災害犠牲者ゼロの周南市を目指して」の演題で、釜石市での取り組みなどを話した。
     防災教育ではただ逃げるというだけではなく、自然への畏怖を忘れず、予測される以上の自然災害に備え、家族それぞれがすぐに逃げられるよう災害時のことを話し合い、信頼しあっていることなどが必要だと訴えた。
     パネルディスカッションは三浦房紀山口大学副学長をコーディネーターに片田教授、田村勇一市自主防災組織ネットワーク会長、木村市長らが登壇。事前に市民から寄せられた質問に答える形で進められ「避難勧告が遅く、災害対策本部もできず、市役所はあてにならない、どうすればいいのか」という質問もあった。
     片田さんは災害は不確実で、できることを精一杯やる、みんなで地域の一大事に立ち向かうことが大切だと答えた。田村さんは地域でふだんから連携しておく共助の必要性を、住民が住民を救出した糸魚川大火や阪神淡路大震災の淡路島を事例に話した。
     別の質問に答えて木村市長は市が整備中で来年春に完成する防災情報取集伝達システムについても、市が地域防災組織などを通じて情報を収集、防災無線やFMラジオ放送など複数の方法で住民や地域防災組織に伝達することを説明した。

    【きょうの紙面】
    (1)一言進言「出生率最高の町に学べ~若者定住に全力を~」
    (2)20、21日に全国高校ロボット競技大会
    (3)山口大学で台湾テーマにシンポ
    (4)櫛ケ浜水墨画教室が作品展
    (5)山田家本屋で15周年記念展

    ▼紙面の購読:試読の方はこちら
    http://www.shinshunan.co.jp/contact.html
    ▼電子版購読はこちら
    http://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

    出生率最高の町に学べ

    ~若者定住に全力を~

    岡山県の津山市の隣にある奈義町は出生率日本一になったことで有名だ。今も高い出生率を誇っている。人口6,000人の町だが、これ以上人口を減らさないと町長は公約する。以前にも紹介したが、再度紹介する。
    時期は未定だが、徳山高鹿野分校と徳山北分校が生徒の募集を停止する。光丘高と光高は統合が決まっている。人口減少が原因だ。周南地区で唯一、下松市だけが微増だが人口を増やしている。県に高校の統廃合を止めさせるには、将来、子どもが増えることを見せつけることだ。
    奈義町は目標がはっきりしている。人口を減らさないことが最重要課題と公言している。そのための施策が最優先だ。まずは若者用定住住宅を建てた。車が2台置けて、3LDKで子育てが可能なものだ。家賃も3万円台と格安だ。これに若者が飛びついた。格安な団地造成にも力を入れた。1区画400万円台の団地を売り出し、人気を集めた。これなら光市でも周南市もできる。通勤20分圏内、須々万地区などで可能だ。
    従来の市営住宅は国の規定で作られている。駐車場はどんなに広大な場所でも1台。同町は雇用促進住宅として建設し、広さや駐車場を確保した。零細企業、小企業で働く若者は共働きだ。そうでなくても田舎では1人1台の時代だ。1家に1台の市営住宅には住めない。共働きも、子育ても可能な住宅を提供することは、基本中の基本だ。行政が本気になればできる。
    子育て支援も徹底している。高校生まで医療費は無料だ。出産への援助も手厚い。子どもを増やすためなら、できることは何でもする。若者が増えれば、店も増える。確実に子どもが増えるとなれば、高校の統廃合も考え直すかもしれない。高校がないところで子育ては考えられない。行政が、少子化は仕方ないとあきらめたら、その地域はおしまいだ。
    20~30年もすれば団塊の世代がほとんどいなくなる。高齢化率も大きく減少するだろうが、人口も激減する。今、行政が最も力を入れるべきは、若者定住だ。中山間地域に若者を増やすために多額なお金を費やすが、街中で働く若者を増やすことを真剣に考える時だ。周南3市で共同プロジェクトチームぐらい作ってはどうか。行政の柱をどう立てるか、各市長にかかっている。(中島 進)

    水素STのコスト減、安全性向上

    高圧配管配管溶接の新技術
    周南市の松田鉄工所が開発、全国展開へ

     周南市港町の機械加工業、松田鉄工所(松田充史社長、25人)は水素ステーションの低コスト化や安全性向上につながる高圧配管溶接技術を開発した。中四国地区で初めての高圧ガス保安協会による認定も受けており、今後、全国展開を図る計画で、需要の拡大が期待されている。
     水素ステーションに使われている配管は通常、ねじによって機械的に接続されているが、水素が漏れる危険性があることや、年1回の法定点検時に100~150カ所の継ぎ手を分解する必要があり、保守費用の負担が大きいことも課題だった。

    溶接された配管を持つ松田社長

    溶接された配管を持つ松田社長

     そこで同社は鋼材をもろくする水素に耐性を持つ、あるメーカーが開発したステンレス系の新規材料を使い、ねじではなく溶接で配管同士をつなぐ技術開発に昨年度から取り組んできた。
     この新規材料はJIS(日本工業規格)になく、さらに水素ステーションの配管に溶接をすることは認められていないため、使用には国の特別な認定が必要なことから、9月に高圧ガス保安協会の認定を受けた。
     従業員が全国でさまざまな溶接を学んだ末に確立した技術で、ねじ部品やねじでつなぐための加工が必要ないことに加え、鋼材の厚さも4割削減でき、材料費や運搬費の減少にもつながるという。
     県の昨年度の「水素サプライチェーン技術開発支援補助金」に採択された、県内企業5社が展開する「革新的再エネ利用水素ステーションパッケージ製品開発」事業の一つにもなっており、まずは代表申請者の山陽小野田市の長州産業が展開する再エネ由来水素ステーション「SHiPS」に近くこの配管が導入される予定。
     同事業では周南地域から下松市の日立プラントメカニクスが「水素冷却用膨張タービンシステムの開発」、周南市の㈱トクヤマが「アルカリ水電解式水素製造システムの開発」で参画している。
     国は2030年度までに900カ所の水素ステーション設置を目標に掲げている。今回の技術は設置の追い風になり、それに伴って燃料電池自動車の普及につながることも期待される。松田社長(40)は「水素産業の需要は待つより掘り起こさなければならず、そのスタートラインに立つことができた。新規建設のインセンティブ(動機付け)にしていきたい」と意欲を見せている。

    【きょうの紙面】
    ⑵アイランドトレイル協力団体が下松市に34万8,669円
    ⑶ロコモティブ学ぶ講座に230人
    ⑷漢陽寺で酒井さんの「台湾万歳」上映
    ⑸下松市の普門寺で晋山式

    ▼紙面の購読:試読の方はこちら
    http://www.shinshunan.co.jp/contact.html
    ▼電子版購読はこちら
    http://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

    翔北中学校の怪

    ~何千万円もかけて定住者獲得~

    中山間地域に若者を定住させるのに、国も県も市も必死だ。先日は、若者2人の就農に2千万円ものイチゴハウスをプレゼントした。周南市長穂地区では、廃校になった翔北中の校舎の有効利用へと、周南クリエイティブセンターなる会社に年間1千万円を3年間出して誘致した。場所が中山間地域という理由だけだ。将来の雇用増が条件だそうだ。一方、地域の人は、草刈りを手伝ってくれるわけでもないし、地域の何の役にもたたない、と疑問を抱く人もいる。街なかのクリエーターたちは、事務所を山に持っていっただけで、何千万円ももらえるなんて、と大いに怒っている。
    先日、翔北中に出向いた。車が1台あったので、入り口を探したら、営業担当の社員が1人いた。制作している人影は皆無だ。「働いている人は」「みんなノートパソコン持ってるし、営業に出かけている」。現在6人の従業員を、来年春までに10人に増やすのが条件だそうだ。それも週20時間以上働いたらいいのだ。在宅勤務でもなんでもオーケーだ。なんと緩い条件だ。それで年間1千万円もらえるなら手を挙げる会社はごまんとあるだろう。
    問題は、こんな中山間地域の活性化案が、議会をすんなり通ることにある。クリエイティブセンターはもともと防府にある会社が作った。母体は防府だ。中山間地域にどんな効果をもたらすのか、吟味して決めたのか。起業したい若者は多いが、今の施策ではほとんど有効な手助けはない。銀行からの借り入れが少し楽になるだけだ。
    一方で、周南市では年間千人以上の人口減少が続いている。若者の流出が止まらない。何千万円もかけて、大道理に若者が数人住んだと喜ぶことか。大きな視点で、将来の市を見ないと、子どもだましのような施策では、お金がどんどん使われる。
    周南市は広報紙の制作をクリエイティブセンターに委託した。値段が若干安かったそうだ。1千万円の補助金を出している会社と、苦しいながら長年税金を納めている会社と競わせて、安い高いで広報を委託するのは、既存の会社にはやりきれなさが残る。これこそ、制作力で競わせる案件だろう。数人の若者を田舎に住まわせるのに何千万円もかけている。何千万円もかけて、若者流出を防ぐか、さてどちらが良いか。市職員、議会の対応次第だ。(中島 進)

    徳高の2分校募集停止へ

    県教委・徳山北、鹿野分校・入学者減で

     県教委は9日開かれた県議会の文教警察委員会(星出拓也委員長、8人)で定員の半数に満たない状態が続く周南市須々万奥の徳山高徳山北分校(21人)と鹿野下の同鹿野分校(19人)や、光市の光高などの定時制課程の生徒の募集を停止することを明らかにした。停止時期は今後決める。
     これは県立高校再編整備計画の実施計画の素案に盛り込まれたもので、定時制課程の募集停止は光高を含む6校。近く県民に意見を聞くパブリックコメントを募集し、地元説明会も開く。
     両分校の定員は各30人だが、入学者は来年度から10年の試算で徳山北は8~11人、鹿野は6~9人で、分校の募集停止検討基準の「定員の半数」を下回っている。
     徳山北は1944年に都濃農林学校として開校し、48年に普通科と農業科の都濃高になった。鹿野は49年に都濃高鹿野校舎として開設。普通科だけで、生徒数の増加で76年に徳山北高、鹿野高に分離独立するまで1校2校舎の形態だった。

    徳山北分校

    徳山北分校

    鹿野分校

    鹿野分校

     徳山北高は最も多い時で約670人、鹿野高は約400人いたが、鹿野が2008年度に、徳山北が12年度に閉校し、徳山高の分校になった。
     現在、徳山北は1年生4人、2年生7人、3年生10人▽鹿野は1年生7人、2年生6人、3年生6人。地元中学校からの進学率は徳山北が4.3%、鹿野が13.6%。
     委員会では地元の上岡康彦議員(公明)が「一度に両校の募集停止をせず、統合など段階的にできないのか」と問い、浅原司教育長は「さまざまなデータで素案を出した。きめ細かな教育は他の学校に引き継ぐ」と答えた。
     委員会の翌日の10日には徳山北で藤山浩一郎副校長が、鹿野で須藤恒史校長が生徒に経過を説明した。
     地元でも不安の声が漏れる。卒業生約6千人の徳山北高同窓会の田村勇一会長は「やむを得ない事情もわかるが、中心部の高校の定員を削ってでも分校に回し、維持存続はできないものか。地方創生に逆行し、中山間部の振興にマイナスになることが心配だ」と話す。鹿野分校の男子生徒も「少人数の楽しさもある。後輩がいなくなるのは寂しい」と残念がっている。
     定時制課程の生徒募集停止は光のほか防府商工、山口、宇部工、小野田、厚狭が対象。山口市小郡のJR新山口駅近くに22年度までに新設する午前、午後、夜間の3部制の定時制高校に統合する計画だ。

    【きょうの紙面】
    ⑵中央地区公民館の愛称「市民センターとくやま」に
    ⑶JR山陽本線「下松―柳井」間再開
    ⑶TK WORKSフェスタに2,000人
    ⑷ボーイスカウト光第2団40周年記念式典

    ▼紙面の購読:試読の方はこちら
    http://www.shinshunan.co.jp/contact.html
    ▼電子版購読はこちら
    http://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

    1 2 3 4 5 6 66