ヘッドラインニュース

徳山中央病院が新駐車場

混雑緩和、職員利便性向上へ
徳山中央病院が新駐車場
国道2号沿いに417台分
 周南市孝田町の徳山中央病院(井上裕二院長)は国道2号を挟んだ周陽2丁目に417台分の立体駐車場を新築し、27日、記念式典を開いて祝った。混雑緩和や職員の利便性向上が期待されており、8月1日から運用を開始する。

完成した立体駐車場

完成した立体駐車場

周南地域の基幹病院となる同院は院内534台、院外215台、健康管理センター45台の駐車場があるが、時間帯によっては渋滞が起きるほど混雑する。この解消に加え、遠くの空き地に駐車場を借りている職員の利便性向上を図り、将来の病院建て替え整備時の臨時駐車場としての役割も考慮して新築した。
場所は同院周陽住宅の跡地で、延べ床面積は約8,200平方㍍、1階には4台分の身障者用駐車場も整備。総工費は約7億円。

テープカットする左から林、斎藤、井上、那須、青木さん

テープカットする左から林、斎藤、井上、那須、青木さん

式典で井上院長は「現在はタイミングによっては車で国道から入れないような待ちもあり、患者さんや、10カ所近くに空き地を借りている職員のためにもなって喜ばしい」とあいさつ。続いて井上院長と那須誉人、斎藤満副院長、設計を担当した綜企画設計の青木太広島支店長、建設工事の熊谷組の林克彦中四国支店長がテープカットして完成を祝った。
新駐車場は24時間利用できる。利用料金は院内と同じで一般は入庫後30分無料、以降1時間ごとに100円▽外来患者は入庫後10時間100円、以降1時間ごとに100円となっている。