ヘッドラインニュース

赤字の道の駅「ソレーネ周南」問題

【周南市議会】
体制整備へ市が積極的助言
駅長不在も明らかに
赤字の道の駅「ソレーネ周南」問題

 周南市は道の駅「ソレーネ周南」の現状を29日に開かれた市議会の環境建設委員会(坂本心次委員長)で報告し、同施設の指定管理者で2015年度の決算が赤字となった一般社団法人周南ツーリズム協議会(藤井良治代表理事)の理事会、社員総会にオブザーバーとして職員が出席して同協議会の運営体制を強化する考えを明らかにした。

説明を聞く環境建設委員会の議員

説明を聞く環境建設委員会の議員


 同道の駅は2014年5月にオープンし、市の呼びかけで市内の商工会議所、商工会、農協、漁協など11団体で作った同協議会が14年度から5年間、指定管理者に指定されて運営している。
 14年度は黒字だったが、15年度は約2,200万円の赤字の決算を7月10日の同協議会の社員総会で承認、市にも報告した。ところがその後、この決算を修正すると市に連絡してきた。修正後は赤字額は縮小する見込みだが、8月22日の理事会でさらに決算内容を精査したあと修正することになり、その作業が進められている。
 この日の委員会には弘中基之経済産業部長、中村光男農林課長らが出席。15年度の来客数は80万5,000人で売上は6億3,995万4,000円だったことなどを報告した。
 質疑で、全国公募で道の駅のプロデューサーに就任してオープン後は駅長を務め、昨年、理事にも就任した江本伸二さんが理事は続けているが職員は7月いっぱいで辞職したと22日の理事会に報告があったことや、11団体は同協議会発足時に10万円ずつを出資しているが、このうち4団体がすでにこれを返還させていることも明らかにされた。
 今後、同協議会では決算の修正へ、財務内容の精査のあと理事会を開き、そのあと監査を受けて再び理事会、総会を開く手続きが必要で、決算の確定は10月上旬になる見通し。
 友田秀明議員(嚆矢会)は「年間6億円の売上があるのに出資金が110万円で大丈夫なのか。資金ショートになることはないのか」とただし、中村課長は「今のところそういう危ぐはしていないが、周南ツーリズム協議会のメンバーが真剣になって今年、来年といい状況にしないと次の指定管理ができない」と答えた。
 福田文治議員(参輝会)は駅長不在の状態になっていることを「そんな勝手なことが許されるのか。無責任ではないか」とただし、中村課長が辞職は個人的な理由のほか、赤字になったので経費を削減するためでもあると述べた。中村富美子議員(共産)は黒字とされた14年度決算の精査を求め、市が同協議会に申し入れることになった。
 理事会などに市が参加する狙いは「出荷者、従業員、市民の皆様のためにちゃんと運営、チェックができる体制ができるよう積極的に助言したい」と述べ、駅長不在状態の解消も含めた体制整備を目指す考えを示した。

笠戸島イカダまつりに3,000人

CPCI(中電プラント労組)が3連覇
デザインは赤ヘル応援隊
笠戸島イカダまつりに3,000人
悪天候でレースだけに

 下松市の夏休み最後の一大イベント、笠戸島イカダまつり・第27回笠戸島マリンイカダレース大会(新周南新聞社など後援)が28日、笠戸島はなぐり海水浴場で開かれ、51艇の335人が手づくりのイカダで疾走した。観客を含め3,000人が参加、大雨が予想されたためビーチフラッグ大会や綱引きなどのアトラクションは中止し、レースは往復1.5㌔を1㌔に短縮して2時間前倒しして競った。

一斉に出走するイカダ

一斉に出走するイカダ


選手宣誓する三嶋さん

選手宣誓する三嶋さん


 下松商工会議所青年部などの実行委員会の主催。開会式では重富晶子実行委員長や国井市長のあいさつに続いて周南市から参加の個人チーム、Luccarnarの三嶋与春(ともはる)さん(27)が「忍び寄る雨をみんなで吹き飛ばして頑張ります」と元気に選手宣誓した。
 イカダは守田宗治県議と浅本正孝市議会議長の号砲で2回に分かれてスタート。ダミーのビールやつまみ、串焼きなどを置いたテーブルを乗せた下松市の大和ハウス工業の「チーム飲み会LOVE♡」や、海上の漂流ごみを拾いながらそうめんやかき氷を味わう光市の環境美化ボランティア団体の「チームみたらい湾」、赤色灯とサイレン発声装置をつけた下松署の「ふくふく丸」などユニークなイカダがいっぱい。衝突するイカダもあり、1艇が転覆して棄権し、完走は50艇になった。
 1位は19歳から21歳までの6人の柳井市の中電プラント労組柳井支部青年部のCPCI。記録は12分17秒で2位に大差をつけて3連覇を果たした。川西智士主将(20)は「みんなで心と力を合わせてこいだ。来年も優勝したい」と声を弾ませていた。
 日立製作所笠戸事業所で研修しているフィリピン人の8人も「フレンドニッポン」で参加。来日3年目のジョセフ・コーパスさん(23)は「日比両国友好のためにまた出場したい」と楽しそう。
 イカダのデザイン部門の1位は東陽2丁目自治会の「赤ヘル応援隊」。カープファンの林孝昭会長が25年ぶりの優勝を祈って発案し、イカダにはユニホームを着た黒田博樹、新井貴浩、鈴木誠也選手の人形も搭載。途中で新井選手の人形が倒れたが、林さんは「新井は死球で倒れた。抹消しました」とユニーク。
 運営には約130人のボランティアスタッフが活躍。放送は華陵高文芸放送部員の2年の藤井梨代菜さんと山本みのりさんらが務めた。このほかの上位入賞チーム次の通り。(敬称略)
 [レース]②CPCⅡ(中電プラント労組柳井支部青年部)③ありのままの登山部(村岡美紀・下松市)④HIKラフティング部(日立交通テクノロジー)⑤河津桜ラブリーズ(市役所)⑥米川ウルトラ十兄弟(伊藤浩徳・下松市)⑦ぐっとずっと。エネルギア(中国電力下松発電所)⑧ダイハツ下松(下松車輌販売)⑨真夏の下中号(下松おやじの会)⑩TK WORKSエンジニアリング(東洋鋼鈑下松事業所)
 [デザイン]②地域ボランティア隊(東陽二丁目自治会)③チーム身美蛾亜ー(下松工高定時制)④チーム飲み会LOVE♡(大和ハウス工業周南支店)⑤ひらめフィッシャーズ(市役所)⑥パーフェクト農協マン(周南農協)⑦チームみたらい湾(環境美化ボランティア団体・光市)⑧河津桜ラブリーズ(市役所)⑨小工ダンボルギーニ(小野田工高定時制)⑩真夏の下中号(下松おやじの会)

周南初 菓子のシャトレーゼ出店

 全国に約460店舗を展開する菓子メーカー、シャトレーゼ(本社・山梨県甲府市)の下松店が10月12日、下松市望町にオープンする。県内4店舗目だが、周南地域では初めての出店となる。

建設が進む店舗

建設が進む店舗


 周南市河東町に本社を置く石油製品販売などの山田石油(山田正敏社長)がフランチャイズで開店させるもので、同社のシャトレーゼは山口湯田店に続いて2店舗目。同社は経営多角化を進めて周南市の新南陽食堂、びっくりドンキー周陽店、下松市の山口くだまつ食堂など飲食店7店も運営している。
 シャトレーゼはケーキや和菓子、アイスクリーム、パン、ワインなどを低価格帯で販売。山梨、福岡県、北海道の工場から各店舗に配送する方式をとり、卵は山梨を中心に調達、水は白州名水を使うなど素材にもこだわっている。
 下松店の店舗は約150平方メートル。山田石油の西尾正尚専務取締役は「安くておいしい、安全なお菓子で喜んでもらいたい」と話している。
 営業時間は午前9時から午後9時までで、無休。スタッフも募集しており、勤務時間は午前8時~午後0時半▽午後0時半~5時▽5時~9時半の3交代制。時給は780円、高校生760円で土日は30円増し。問い合わせは山田石油(0834-32-2111)へ。

東ソー・中国電力が海外炭を共同輸送

新南陽地区初のパナマックス船入港へ
 周南市に南陽事業所がある東ソーと中国電力は24日、オーストラリア・ニューキャッスル港へ向けて石炭を日本に運ぶ輸送船を出発させた。9月中旬に同港を出発、同下旬ごろに宇部市の宇部港や周南市新南陽地区の徳山下松港に到着する予定。両社が海外炭の共同輸送に取り組むのは初めて。
 共同輸送することで物流コストが低減できるため、今回は本格運用に向けて輸送量の調整や輸送船の選定など運用上の手続きを確認することを目的としている。
 輸送船はパナマ運河を通航できる船の最大の大きさの“パナマックス”船で、石炭はニューキャッスル港で中国電力約2万㌧、東ソー約5万㌧の約7万㌧を積み込む。
 新南陽地区へのパナマックス船の入港は初。徳山下松港・宇部港は国際バルク戦略港湾に指定されていることから国交省が新南陽地区の航路のしゅんせつなどを進め、パナマックス船が新南陽地区に入港可能となったことから今回の共同輸送が実現した。
 両社はそれぞれが所属する県国際バルク戦略港湾連携協議会(7社)で共同輸送を検討して今回の運航を実現させており、今後も「協議会のメンバーと協調して両港を活用した企業間連携を検討していく」としている。

若者3人が新規就農へ

【周南市】若者3人が新規就農へ 初のパッケージ支援認定
 周南市が農業従事者不足の解消へ技術研修、農地確保、機械・施設整備、住居確保をまとめて支援する「新規就農者パッケージ支援制度」の支援者認定式が22日、市役所で開かれた。認定を受けた2、30代の男性3人が2018年3月の就農を目指して鹿野地区での研修などに取り組む。

前列左から井上、森光さん、市長、今井さん

前列左から井上、森光さん、市長、今井さん


 この制度は若者が就農しやすい環境を作ろうと今年度から設けた。40歳未満を対象に募集し、応募のあった3人を審査して全員が合格した。今後も随時受け付けていく。
 認定されたのは山口市出身で電気関係の会社に勤めていた今井康貴さん(27)▽周陽中、田布施農工高、東海大学農学部卒で熊本県の会社でトマトの施設栽培をしていた森光尚大さん(23)▽呼坂出身で測量会社や建設業に勤めていた井上真司さん(37)。
 今年度に防府市の県立農業大学校のやまぐち就農支援塾でわさび栽培、夏秋トマト栽培を学び、来年度からは鹿野地区に住みながら県の認定を受けた指導農家のもとで研修する。居宅として空き家と、就農時には30㌃以上の農地があっせんされる。
 市役所では木村市長が「農業従事者の高齢化、減少で若者の担い手が求められており、うれしく思う」と話して3人に認定証を手渡した。
 井上さんは農業の経験は兼業農家の実家の手伝いをしてきたていどだが、栄養士資格を持つ妻、ひとみさん(39)と農家レストランを開業する夢をかなえるために就農を志した。「地域に貢献できるような農家になりたい」と話している。

丸和跡に「スーパー銀南」 

25日にオープン
支援受け新光が出店

 周南市の徳山駅前の商店街では唯一のスーパーマーケットだった銀南街地下1階の丸和徳山店の跡地に、後継店となる「スーパー銀南」が25日、オープンする。運営は大河内の食料品卸商社、新光で、22日には松原健一郎会長(75)が市役所で木村市長に報告した。

左から小野会長、松原会長、木村市長

左から小野会長、松原会長、木村市長


緑色の看板がある店舗入り口

緑色の看板がある店舗入り口


 丸和徳山店は1966年にオープンし、今年5月末に運営のユアーズ(本社・広島)が合理化で閉店した。新光はスーパー全体の管理は初めてだが、50年間親しまれて客も見込める丸和を引き継ぐことを決めた。柳井市のミコー内のテナント運営などのノウハウを生かしていきたいという。
 同市は市役所、徳山駅周辺の102㌶を中心市街地と位置付けて重点的に活性化を進めている。このため、今回の出店にあたっては改修費の2分の1を上限100万円で受けられる市中心市街地活性化協議会(小野英輔会長)のテナントミックス推進事業の特例措置としての支援を受け、市からの1,000万円の補助金を活用する。
 店舗は緑を基調にしたデザインにし、照明も変えて明るい雰囲気にリニューアルした。売り場面積は約1.300平方㍍。加工食品や日用雑貨など同社による約1万2,000点を並べるほか、鮮魚、野菜、食肉、総菜、100円ショップのテナントもある。目玉は特に需要が高いと思われる総菜で、北九州市の九州惣菜の「彩花」が入る。
 売上目標はテナントを含めて年間4億円で、スタッフのパートは約30人。そのうち約半数は丸和時代のスタッフだという。
 市役所に小野会長と訪れた松原会長は「丸和は徳山の一つの看板で、絶対に消してはいけないと出店を決めた。今まで以上の繁盛店にしたい」と話していた。
 スーパー銀南の営業時間は午前9時から午後7時までで、無休。初日は午前11時に開店する。
 中心市街地周辺では徳山駅前商店街の東側の青山町に駐車場900台を備えた大型ショッピングセンター、ゆめタウン徳山も9月8日にグランドオープンする。

銀座通に駐輪場整備

周南(徳山)・銀座通に駐輪場整備
歩行者優先道路化検討委で方針

 周南市の歩行者優先道路化検討委員会(古田健一会長)が19日、銀座の旧近鉄松下百貨店の市役所仮庁舎大会議室で15人が参加して開かれ、徳山駅周辺の銀南街などに多い路上駐輪の抑制へ駐輪場を銀座通に設ける方針を決めた。

話し合う委員

話し合う委員


多くの自転車が置かれている銀南街

多くの自転車が置かれている銀南街


 市は駅そばの銀座通、新町通の歩行者優先化計画を進めており、この日は久村信幸中心市街地整備部長ら市職員が路上駐輪の対策として4つの駐輪場の整備計画を示した。
 4案の駐輪確保台数はそれぞれ158台で、無料を想定。そのうち3案は銀座通と新町通に小規模駐輪場を分散させる案だったが、銀座通だけに集約して新町通の景観や歩行者の利便性に優れるなどの利点がある案が多数決で最多となった。次回の会議で駐輪場や植栽などのデザインが示される。
 委員からは駐輪場に対して「有料にして商店街で無料券を配ってはどうか」などの意見も出ていた。

世界最大級の異業種交流組織BNI パイオニアチャプター発足

 米国発祥の世界最大級の異業種交流組織「BNI(ビジネス・ネットワーク・インターナショナル)」のパイオニアチャプター(原田洋平代表)が中国地方で初めて周南市で発足し、17日、ザ・グラマシーで県内外の経営者ら150人が参加して開かれた発足イベントは会員37人を中心に自己紹介や名刺交換をして盛り上がった。

世界最大級の異業種交流組織BNI
パイオニアキャプター発足
早朝に例会、発足イベントに150人

加藤さん

加藤さん


自己紹介する会員

自己紹介する会員


自己紹介する会員

自己紹介する会員


 BNIは経営者や事業主が会員で、ビジネスの拡大が目標。1985年に米国で創設され、67カ国に20万人以上の会員がいる。
 会員はチャプターと呼ばれる1専門分野1人で構成される数10人のグループに所属し、週1回、早朝に開く定例会に参加。ここで自分のビジネスを知ってもらい、プレゼンテーション力を磨き、リーダーシップを養い、人脈を広げて強い信頼関係のもとで交わされるリファーラル(紹介)という独自の仕組みを通して会員のビジネスの発展に役立てる。
 日本では日本ビー・エヌ・アイ㈱が交流会を運営・サポート。237のチャプターが立ち上がっている。パイオニアチャプターは周南市のライフデザイン社長でNPO法人ライトアップ周南理事長の加藤隆之さんが日本ビー・エヌ・アイから県内で唯一のライセンスを取得し、BNI山口リージョンディレクターコンサルタントとして発足を準備してきた。すでに山口市でも発足準備中で、県内各地に広げたいという。
 17日の発足イベントも午前7時に開会。会員は生命保険、割烹料理、フラワーショップ、税理士、不動産売買、出版など多彩。出席者は半数が女性で、木村市長も来賓として出席した。
 出席者が両手を挙げて手のひらを打ち合わせるハイタッチで始まり、出席者全員が7秒で自己紹介。名刺交換も制限時間があり、時間内で何人と交換したかを公表し、最多は18人が2人いた。
名刺を交換する参加者

名刺を交換する参加者


 そのあと、交換した名刺の生かし方として各テーブルごとに会員がBNIの名刺手帳を紹介した。加藤さんは「きょう来てくれた人と一緒にビジネスを伸ばし、共有したい」と話していた。
 問い合わせは加藤さん(090-4650-9919)へ。

10年間、周防花岡駅を清掃 JR西日本・山崎さんに感謝状

 周南市のJR西日本徳山地域鉄道部(藤井利行部長)は17日、下松市の岩徳線周防花岡駅の駅舎やホーム、トイレの清掃や花壇の整備を10年間続けている末武上の山崎初男さん(74)に藤井部長名の感謝状と記念品を贈った。

感謝状を持つ山崎さん(右)と藤井部長

感謝状を持つ山崎さん(右)と藤井部長

 同駅は無人駅で、山崎さんは10年前から現在まで1日も欠かさず駅舎内やホームに落ちているごみを拾うなど清掃を続け、花壇の整備もしてきた。もともとは駅の近くの人が続けていた奉仕に加わって始めたもので、そのうち山崎さん1人になったが、午前4時に起きて約200メートル歩いて県道のごみ拾いをしたあと同15分に駅に来て清掃奉仕をする日課は10年間変わっていない。この善行を最近、JR西日本の社員が知り、感謝状が贈られることになった。
 贈呈式は周南市の徳山駅内の同鉄道部で開かれ、周防花岡駅の駅長を兼務する保見孝好徳山駅長や、広島から新山口までの山陽線と岩徳線の運転士や車掌が所属する徳山乗務員センターの青木正司所長ら約20人も出席した。
 山崎さんは「ありがたい限りで、足が動く限り続けたい」と話し、藤井部長は「お客さんに気持ち良く駅をご利用いただけるのも山崎さんのお陰。1日も休まぬ尊い善意に心から感謝したい」と頭を下げていた。

【光市議選】10月16日告示へ24人?

【光市議選】18議席に現職15、新人7、元1
10月16日告示へ24人?
出馬経験者も多く乱戦

 10月16日告示、23日投票の光市議会議員選挙(定数18)まで2カ月。現職は今期で引退を表明している3人を除く15人が立候補する構えで、新人は7人、元議員は1人が出馬を準備している。さらに新人1人が出馬する可能性もあり、18議席を24人が競う乱戦が予想される。26日には立候補予定者説明会が開かれる。(山上達也)
kaobure1
 今回は合併後4回目で、同じ日程で市長選挙もある。市長選は現職の市川熙氏(68)が3選出馬を表明しているほかに現時点で動きは見られず、市議選だけとなる可能性もありそう。立候補予定者たちは大半が後援会入会のリーフレットを作り終え、盆前からあいさつ回りを活発化させたり、事務所開設や支持者との集会で地盤固めを急いでいる。
 現職で引退するのは無所属の加賀美允彦議員(74)=宮の下町=、共産党の四浦順一郎議員(74)=虹ケ丘=、無所属の木村則夫議員(60)=千坊台=。四浦議員は党公認の新人、田辺学氏(53)=浅江=が後継だが、ほかの2人は特に後継者はない。

 新人は無所属の男性5人、民進党推薦の女性1人、共産党の1人。このうち男性3人は前回に続いて2度目の挑戦。
kawamura
 元職は2度市長選に挑戦した河村龍男さん(64)=中央=。元高村正彦衆院議員秘書で、前回市長選は12,391票、前々回は10,111票を獲得。旧光市を含め市議は5期務めている。
 新人は50音順に次の通り。
umezu
 梅津敏英さん(64)=室積村=は山形県出身の陶芸家。光市民ミュージカルの会会長や劇団「たね蒔く人たち」理事としても市の文化振興に尽くして、幅広い人脈を持つ。
enami
 榎並宏子さん(51)=中央=は熊本県出身。光まちづくりNPO副理事長、高次機能障害者福祉施設みなくるはうす光施設長。民進党の推薦で、市民活動の実績で支持を訴える。
kishimoto
 岸本隆雄さん(63)=光井=は再挑戦。地元出身で光井の家具店、カグリエ社長。前回は771票で次点に泣いた。すでに事務所を開設している。
sakai
 酒井博英さん(58)=島田=も2回目の挑戦。周南市出身で、建設会社経営。前回は上関原発廃止を訴えたが準備不足から72票にとどまった。今回も「上関原発問題を真正面から訴える」という。
tanabe
 田辺さんは岩国市出身。四浦議員が受け持っていた浅江、島田、三井、周防地区を重点的に固める。7月の参院選でも選挙区の纐纈厚氏と比例区の党支持票の拡大に努めた。
nakayama
 仲山哲男さん(58)=室積松原=は前回、738票で、当選に65票足りなかった。京都府出身で建築設計事務所経営。地域の文化活動に熱心で、革新層にも強い人脈で雪辱を期す。
nishizaki
 西崎孝一さん(66)=室積西ノ庄=は牛島出身。元県職員で、昨年4月の県議会議員選挙光市区に無所属で出馬し、4,451票を集めた。今回も全市的な運動を展開する。
 このほか幸福実現党が新人の擁立を検討している。