ヘッドラインニュース

マレーシア事業撤退【㈱トクヤマ】

㈱トクヤマ・マレーシア事業撤退・韓国企業に譲渡
 ㈱トクヤマは28日、マレーシアの連結子会社で多結晶シリコンを製造販売するトクヤママレーシアの全株式を、韓国の無機化学品、太陽電池用材料製造販売などのOCI社に譲渡することを東京の同社で横田浩社長が記者会見して発表した。これでトクヤママレーシアは㈱トクヤマの連結範囲から外れることになる。

トクヤママレーシアの工場=㈱トクヤマ提供

トクヤママレーシアの工場=㈱トクヤマ提供


 トクヤママレーシアは2009年に太陽電池や半導体向けの多結晶シリコン事業拡大を目的に設立したが、生産設備の技術的問題や、太陽電池向け多結晶シリコン市況の大幅な悪化により、2015年の決算で約860億円、16年に約1,234億円の特別損失を計上。
 その後、設備改良などで生産性確保を図る一方、事業構造の強化へ他社との提携なども視野に打開策を検討する中、太陽電池市場で幅広く事業を展開しているOCI社に譲渡することになった。
 譲渡にはトクヤママレーシアがOCI社を引き受け先とする第三社割り当てで新株を計2億6,000万株発行し、総額は1億200万米ドル。これに加えて来年3月末に㈱トクヤマが保有するトクヤママレーシアの全株式の約2億5,200万株を9,800万米ドルで譲り渡す。
 事業譲渡に伴って2017年第4四半期決算で約80億円の特別損失の計上を見込んでいるが、今後の業績の変化などで額が変動する可能性もあるという。一方、税金費用約80億円の減少も見込んでいる。
 同社は今回の譲渡によるメリットとして、財務再建をより確実に進められ、コア事業に経営資源を振り向けられ、一定期間、キャッシュ・フローを改善できると説明している。

きっとカードが新カードへ

きっとカードが新カードへ スーパー銀南加入を機に 徳山商店街で店舗の加入も呼び掛け
 周南市の徳山駅前の商店街で買い物をするとポイントがたまる「きっとカード」が8月のスーパー銀南の開店を機に24年前の導入から初めて新カードに切り替えられることになった。システムを改修するもので、新会員を一番街のふれあいパーク街あい、みなみ銀座の和光ビルのまちあい徳山で受け付けている。

新しいカード

新しいカード


 きっとカードはきっとカード事業協同組合(清水芳将会長)がこれまで約6万枚を発行。現在は衣料品店や文房具、菓子、時計、化粧品などの約40店舗で使用できる。105円の買い物で1ポイントがつき、1ポイントを1円として買い物ができる仕組みだが、新カードでは100円で1ポイントになる。
 ただし、スーパー銀南で使う場合は同店内にあるポイント利用券発行機を買い物客自身が操作して利用券の発行を受ける。買い物のほかバスカード、タクシー回数券に交換することもできる。
スーパー銀南の金券発行機

スーパー銀南の金券発行機


 現在の5,000ポイント以上で参加できるガラポン抽選によるポイントプレゼントは12月まで。旧カードは来年3月末で完全失効する。このため3月までカードの切り替え、ポイントの移し替えを街あいやまちあい徳山で受け付ける。
 これまでのカードはカードの窓にポイント数が表示されていたが、新しいカードでは端末機のある店のほかID、パスワードを使ってパソコン、スマートフォンを通じても知ることができる。新カードの発行、切り替えの手数料は100円。
 一方、システムも一新して端末機が新しくなったため、これまで新しい端末機がないためできなかった新店舗の加入もできるようになった。清水会長は「街全体で共通して使用できるカード。加盟店も増やしていきたい」と話している。
 問い合わせは街あい(0834-31-3040)、まちあい徳山(33-9612)、きっとカード事業組合(27-1900)へ

ベンチャーマーケットに10社

新規事業、商品を紹介 周南(徳山)・ベンチャーマーケットに10社
 新規事業や商品、サービスなどを紹介して販路拡大や業務提携を目指す第33回周南ベンチャーマーケットが26日、周南市のザ・グラマシーで開かれ、10社がプレゼンテーションとブース展示会に参加し、60人が訪れた。
 周南ベンチャーマーケット協会(会長・平岡英雄西京銀行頭取)の主催。日本イノベーション協会代表理事の福田稔さんの講演「新事業で幸せをデザインしよう~起業家を育む場の創造」もあった。

にぎわうブース展示会

にぎわうブース展示会


 今回は10社のうち5社が周南の企業。光市島田の食品卸の清水屋(清水信夫社長)は6月から始めたオリジナルギフトショップの業務を紹介。レーザー彫刻加工機、UVインクジェットプリンター、刺繍(ししゅう)ミシンを使い、国産ビーチサンダル、革製品、木製ボールペン、コースター、ゴルフボール、キャップなどに文字やイラストを入れるが、店舗と加工場が隣接し、その場で加工できる。
 これは5年前から始めたビーチサンダルに企業名などを入れる事業で最先端機器を導入したことから事業を拡張したもので、1個から結婚式などの大量注文まで店舗とインターネットでも注文を受けている。
 周南市東山町のさくや(重弘佳美社長)は経営するエステサロンで9月から扱っている県内の夏ミカンの皮を使ったナツダイダイ果皮油を配合した美容液VAVAIRAを紹介。ナツダイダイ果皮油は同社が共同開発して特許出願中。これを配合することで保湿力が増し、肌がふっくらするという。
 西京インテリジェンスパートナーズ(山形恵則社長)は鹿野でハウス栽培しているトマトと加工品のドライトマト、キクラゲ、最近、売り出したトマトゼリーをこれらを使った料理も並べて紹介した。
 楠木1丁目のコーヒー豆専門店、コーヒー・シティ(貞森恒男代表)はギフト用のセットなどを展示、試飲もしてもらって好評だった。戸田の冷凍かきフライ、冷凍殻付きかきグラタンなどのカン喜(上坂陽太郎社長)はマーケティングなどの業務提携先を見つけたいと参加。製品の試食もあった。
さくやのブース

さくやのブース


清水屋のブース

清水屋のブース


コーヒー・シティの商品

コーヒー・シティの商品


西京インテリジェンスパートナーのトマトゼリーなど

西京インテリジェンスパートナーのトマトゼリーなど


カン喜のブース

カン喜のブース

「信号機のパン」でPR

「信号機のパン」でPR/光署が交通安全キャンペーンで配布
 光署は信号機の形をしたオリジナルパンを作った。周防駐在所の坂元孝徳警部補(60)の妻でパン教室講師の育代さん(52)に依頼したもので、21日から始まった秋の交通安全運動期間中の29日午前10時から同駐在所近くの小周防のクスリ岩崎チェーン光小周防店で開く交通安全キャンペーンで100個を買い物客などに配る。

パンを持つ坂元さん(左から3人目)と若手署員

パンを持つ坂元さん(左から3人目)と若手署員


 キャンペーンではチラシと一緒に反射材やマスコット人形などを配ることが多いが、今回はよりインパクトが強いものをと信号機のパンにした。
 育代さんはパンづくり歴25年。ジャパンホームベーキングスクールの準師範の資格を持ち、自宅で教室も開いている。
 パンは13センチほど。小さい3つの丸いパンをつなぎ合わせ、信号機の赤、青、黄のクッキー生地を乗せて焼き上げた。試作を重ね約3週間かけて完成させたそうで、赤は紅こうじ、黄色はカボチャ粉末、青は抹茶で色付けて、ほんのりそれぞれの味がする。とげとげしい色にならないようにしたという。
 20日に同署で坂元警部補が出席してお披露目され、育代さんからの「少しでも交通安全、事故防止につながれば幸せです」というメッセージが紹介された。続いて若手の署員などが試食して「ふわふわしていておいしい」「これを食べて信号を守ってほしい」などと話していた。

ひかり苑に車椅子用車両

光・ひかり苑に車椅子用車両 中国地方郵便局長協会が贈る
 光市三井の特別養護老人ホームひかり苑(内冨昭施設長、100人)に23日、中国地方郵便局長協会(末武晃会長)から車椅子を載せることができる車両1台が贈られた。

車の前でキーを持つ河野理事長(左)と田村理事

車の前でキーを持つ河野理事長(左)と田村理事


 同協会は7年前から中国5県の希望する施設から毎年、4施設ていどに福祉車両を贈ってきた。今年で41台になる。
 贈られた車両はトヨタのシエンタX(1,500cc)で、約180万円。運転席を含め座席が4席あり、最後部に車椅子1台が積める。車椅子の乗降時は車高が低くなり、スロープの角度を10度以内に抑える。ワゴン車のように大きくはないので小回りがきく。
 この日は玄関前で贈呈式があり、同協会理事で周防東部地区郵便局長会長の柳井市の田村和雄柳井南町郵便局長が「地域貢献は我々の大きな柱の1つ。この車をしっかり役立てて下さい」とあいさつした。
 理事の森重善文岩田郵便局長や、島田市郵便局の松根和宏、光虹ケ丘郵便局の中村謙二、光室積郵便局の大木幹夫各局長らも同席し、レプリカのキーを受け取った社会福祉法人ひかり苑の河野亨理事長は「ご期待にお応えできるよう大切に活用する」と感謝した。
 同苑は増床を終えたばかりで、車は入所者の施設外のレクリエーションや外泊、外出、買い物、病院受診に使う。これで同施設で車椅子のまま乗れる車は3台になった。

周南市初の自転車周回大会

周南市初の自転車周回大会/10月2日・しゅうなんクリテリウム
 周南市の周南緑地運動公園で10月2日午前9時から自転車レース「しゅうなんクリテリウム」が開かれる。同市では初めてのレースで、9月20日には主催の県自転車競技連盟の大和孝義会長、棟久明博事務局長、誘致に協力したNPO法人ライトアップ周南の加藤隆之理事長、萌えサミット実行委員会の今治総一郎代表が市役所を訪れて木村市長に説明した。

ポスターを手にする左から今治さん、加藤さん、市長、大和さん、棟久さん

ポスターを手にする左から今治さん、加藤さん、市長、大和さん、棟久さん


 クリテリウムは距離の短い周回コースを何周もして競うレース。今回は10年以上続けてきた「きらら浜サイクルミーティング」が会場の山口市のきらら博記念公園が使えなくなったことから同NPOと同委員会が場所を探し、周南緑地の陸上競技場の外周を回る1周800㍍の特設コースで開くことになった。
 大会では全国から実業団の100~150人の選手が出場して16~32kmのコースを走る。そのほか一般の部もあり、3.2~9.6kmの小学3年以下、小学4~6年、中学生以下の男子と年齢を問わない女性の計4種目と、制限時間内の走行距離を競う1時間サイクルマラソンに約100人が参加する。
 市役所で市長は初の自転車の大会に「ぜひいろいろやってほしい」と歓迎。棟久事務局長は「平均時速40㌔ほどのレースを間近で見られます」と来場を呼びかけ、大和会長は「ぜひ周南市で根付いて毎年開催できるような素晴らしい大会にしたい」と話していた。

ひかり苑が法人設立30周年

光・ひかり苑が法人設立30周年 特養ホーム増床完工 式典で50人が祝う
 光市で障害者支援施設や特別養護老人ホームを経営する社会福祉法人ひかり苑(河野亨理事長)の設立30周年記念式典と三井の特別養護老人ホームひかり苑(内冨昭施設長)の増築工事完工式が16日、増築された老人ホームで開かれ、関係者約50人が祝った。

式典であいさつする河野理事長

式典であいさつする河野理事長


 同法人は1986年に設立し、87年に岩狩に障害者支援施設ひかり苑を入所者30人で開設。高齢者福祉では2007年に三井に老人短期入所施設ひかり苑を開設したのを皮切りにケアハウス、デイサービスセンター、在宅介護支援センターなどを設けてきた。
 老人ホームひかり苑は13年に定員80人で開設。今回の増築工事で定員を20人増やした。
 増築部分は鉄骨2階建て、延べ床面積802.4平方メートルで、個室やトイレつき特別室を新設。広い共同生活室やホテルのロビーをイメージしたパブリックスペースも設け、施設全体の延べ床面積は4277.76平方メートルになった。
トイレつき個室

トイレつき個室


 室内にいても緑が感じられるように中庭を1、2階に設け、トイレはひざが悪くても使いやすい昇降式の便座を導入した。設計はコスモ設計、施工は大和ハウス工業。総事業費は約2億3,000万円。
 式典で河野理事長は「設立30周年の喜びとともに障害者支援事業、老人福祉事業とも新たな取り組みを始めさせていただくことは二重の喜び。利用者やご家族に不安を抱かせることなく、地域のモデル事業所となり続けるように取り組んでいく」とあいさつ。藤田潔県健康福祉部次長が村岡知事の祝辞を代読し、市川市長、西川公博市社会福祉協議会長も祝辞を述べた。

県内最高齢は110歳の小西さん

「いつまでもお元気で」県内最高齢は110歳の小西さん 光・光寿苑で「親子水入らず」
 光市の市川市長と西川公博市社会福祉協議会長は敬老の日を前にした15日、県内最高齢の110歳の小西ウメヨさんら3人を自宅や室積村の特別養護老人ホーム光寿苑に訪ね、市から3万円の市内共通商品券、市社協と市共同募金委員会から5,000円のイオン商品券を贈って祝った。

三世代で喜ぶ左から小西ウメヨさんと、省吾さん、守さん

三世代で喜ぶ左から小西ウメヨさんと、省吾さん、守さん


 市内の8月末現在の100歳以上は63人。市長らは小西さんと100歳の三井の藤本ツネさん、光寿苑の105歳の柴丸ツルコさんを訪問した。
 小西さんは1906年2月18日に室積西ノ庄の農家に生まれ、室積西浜の漁師に嫁ぎ、子ども3人を育てた。孫7人、ひ孫10人、やしゃご3人がいる。
 100歳まで畑仕事をするほど元気だったが、103歳の時に転倒して入院。昨年3月に光寿苑に入所し、その後に長男の守さん(88)も入って2人で1つの部屋で暮らしている。1日の大半は寝ているが、起きると口数が多く元気いっぱいという。
 この日は宇部市から守さんの長男の会社役員、省吾さん(59)も駆けつけ「静かに余生を過ごしてほしい」と話していた。

下松スポーツ公園に展望台

徳山高専生の設計で来春完成/下松市と高専の連携協力協定で実現
 下松市河内の下松スポーツ公園に徳山高専(勇秀憲校長)の学生が設計した展望台が来年3月までに建設される。13日に下松市と徳山高専が締結した連携協力協定に基づくもので、展望台からは市街地や笠戸湾が展望でき、市民の憩いの場になりそう。

完成予想模型を前にデザインと示す横屋部長(左と、佐藤君

完成予想模型を前にデザインと示す横屋部長(左と、佐藤君


 この展望台は同公園第3期地区整備事業を進める市が昨年12月に同校に学生による設計を提案。デザイン研究部(横屋翔部長、40人)が現地調査をして2案を作って5月に市役所で発表し、市職員が採点して土木工学科3年の佐藤隼君(18)の案が採用された。
 場所は公園北東部の市有地の雑木林。同公園体育館東側の第3駐車場の裏手にあり、同駐車場から遊歩道を整備して標高80メートルの高台に木製の展望台を設ける。展望台は現地の段差を利用して建設し、下段に高さ2㍍、上段に高さ80センチの足をつける。
 市は今後、基本設計までを学生にまかせ、工事中は学生に現場監督の経験もしてもらう。
協定書を持つ勇校長(左)と国井市長

協定書を持つ勇校長(左)と国井市長


 13日は市役所で国井市長と勇校長が協定書に署名し、市長は「素晴らしい景色を楽しめる市民の憩いの場になることを期待したい」と述べた。
 同席した周南市富田中出身の佐藤君は同じ3年の横屋君と一緒に採用されたデザインを示しながら「下松市は発展を続ける勢いのある都市。その市街地と美しい瀬戸内海を見渡せる絶好の場をたくさんの人に提供したい」と意欲を見せていた。

江本駅長 が1カ月重複勤務

【周南市議会】江本駅長 が1カ月重複勤務/7月から桶川市職員に/一般質問・ソレーネ周南で議論

 周南市9月定例議会の一般質問最終日の13日、道の駅「ソレーネ周南」の赤字経営が取り上げられ、その中で7月末まで指定管理者の周南ツーリズム協議会職員だった江本伸二駅長が7月1日から埼玉県の桶川市職員になっていたことがわかった。

 この問題は登壇した6人のうち尾崎隆則議員(嚆矢会)、島津幸男議員(会派無所属)が質問した
 答弁で木村市長は江本氏が経費削減と個人的理由で7月末で退職したと聞いていると述べたが、島津議員が「埼玉県の桶川市に7月1日から入っており、給料が7月分二重に入っているのでは」と質問した。
 これを受け市は休憩を挟んで事実確認にあたり、再開後、住田英昭副市長が「7月1日から平成31年3月31日まで任期付き職員として採用されているのを確認した。周南ツーリズム協議会にも連絡し、規則の中で適切に対応するものと思う」と答えた。
 江本氏は2014年5月のソレーネ周南の開設時から駅長を務め、職員は7月末に退職したがその後も理事は続けている。
 同協議会職員と桶川市職員の期間が1か月重複していたことに対し、同協議会の藤井良治代表理事は「桶川市職員になっていることは知らず、7月は給料も支払った。信用にかかわる問題であり、江本駅長には理事を退任してもらう。今後は地域住民や生産者などと信頼関係を築いていきたい」と話し、江本氏の行動に憤りながらも同協議会の再出発へ意欲を見せている。

「赤字は補てんせず」
 経営については、市長は昨年度決算で赤字になった周南ツーリズム協議会に赤字要因の分析と経営改善計画策定を申し入れていることなどを説明して指定期間が2014年度から5年間であることから「経営は単年度の赤字、黒字というより長期的視野に基づいた持続可能な経営ができるかが重要。出荷は伸び、登録者も増えており、出荷者や現場の人にいたずらに不安を与えないことが大事」と理解を求めた。
 尾崎議員は6月議会の一般質問で、東部道の駅整備についての質問の中でソレーネ周南の状況を聞いた際、市長が売上や出荷者数は増えていると述べたが損益などにはふれていなかったことについて「あれでは頑張っている、と思ってしまう。もう少しわかりやすく答えてほしい」とただした。
 これに弘中基之経済産業部長は「東部道の駅の中で運営状況についてお尋ねになられたのでそれに基づき、経営状況まではお答えしなかった」と説明した。
 尾崎議員が「赤字を市が補てんすることはあるか」とただすと、市長は駐車場やトイレなどの運営に対する指定管理料は出しているが、収益事業は独立採算のため「補てんする考えは持っていない」と答えた。