一言進言

小池ブームはなぜ?

~お役人の問題意識にメス~
小池東京都知事ブームはまだ盛り上がりそうだ。第2の橋下徹だ。なぜ彼女、彼が大衆に受けるのか。行政にはっきりものを言える人、管理監督が出来そうな人を望んでいるからだ。既得権者、既存政治家たちに、ひるまず立ち向かう姿に拍手する。行政に期待しなくなって久しい。地方政治に期待しなくなって随分になる。民主党がこけて、ますますその傾向が激しくなった。
あれだけ記者が張り付きながら今ごろになって、文部科学省の天下りを問題にしている大手マスコミのふがいなさにも驚くが、庶民の感覚とずれまくっている公務員の世界をただしてくれるリーダーを求めている。オリンピックにしても、豊洲問題にしても、庶民は役人の無責任な問題意識にメスを入れてくれたと感じている。マスコミがあてにならないからヒーローが出てくる。最近は、多くが週刊誌の後追いだ。
地方も同様で、自己保身と言うより、自分本位な施策しか考えない公務員が増えた。誰のための何のための施策か、課題は何なのか。市民の懐に入り込むような施策が少なくなった。全国どこの自治体も金太郎飴のような内容だ。地方定住ではどこもかしこもビデオを作り、YouTubeにアップする。支援策の中身は全国同じようなものだ。
数年前、高知県のど真ん中の嶺北地区に研修に行った。毎年30組ぐらいが移住してくるという不思議な地区だ。森林率日本一の険しい地域だ。移住者や地元の若者たちと2晩飲みながら過ごした。移住者たちが異口同音に語るのが、いろんなところを見て回ったが、ここが一番、人間的によかった、だった。地元の世話人と移住者ネットワークがしっかりしていて、問題解決も早かったと話していた。
ネット環境は整えられ、農業以外でも何とか生活できると言う。東京渋谷などで3軒のパン屋を経営していたという若者などいろんな業種の若者たちが生き生きとしていた。毎日、御用聞きのように回ってくる行政マンも仲間だ。県庁マンもいた。お役人たちも素敵だった。
廃校は都会から来た若者が民泊所として経営している。お金とほとんど関係ないところで移住者が増えている。今回、周南市は「しゅうニャン市」のPRに合計3,000万円の予算を使う。これは全額市民の税金だ。Uターンする若者が増えれば良いが…。きっと増えるんだろう。いや、知ってもらうための予算か。(中島 進)