一言進言

散歩中の飼い犬襲われる

~野犬対策、看板倒れにならないように~

高校生の時、旧徳山市で犬獲りのアルバイトをした。犬獲り名人のおじさんのトラックに乗って、毎日、野犬を捕獲して歩いた。おじさんが犬を見つめると、犬は逃げることもできず、カチカチに体をこわばらせていたのを思い出す。大迫田の方だったか、処分場があったが、近くになると車の後ろに収容された犬たちが一斉に、キャイーン、キャイーンと泣いた。その声に耐えられず、1週間ほどで私は音を上げた。
周南市の遠石小の子どもたちは、こども議会で木村市長に野犬対策を訴えた。野犬に遭遇して怖かった経験があるかなどアンケートの結果も発表した。市長は「看板を設置しているので待って」と答えていた。「餌をやらないでください」の看板だ。効果はどれほどかわからない。ここ最近、遠石地区や周南団地付近をはじめ市内で野犬が異常に増えている。10匹単位で動くケースもあり、大人でも恐怖感がある。
知人は犬を散歩させていて野犬とけんかになり、愛犬が大けがをしたという。警察にも言えず泣き寝入りだそうだ。餌をやらないのもいいが、殺処分よりむしろ残酷かもしれない。動物愛護団体が発言力を増す中で、野犬対策は難しい課題だ。動物好きな人には、目の前に犬がいると放ってはおけないのだろう。しかし飢えた野犬は何をするかわからない。子どもを襲う事態も考えられる。
対策は、まず野犬を捕獲、どこかに収容施設を作って、去勢した上で、寿命をまっとうするまで飼育する以外にない。餌代は、ボランティアなどにも協力してもらい、人に飼われるよう訓練し、できるだけもらってもらえるようにすることだ。犬好きが遊びに行けるようになればそれでいい。ワンワンランドを作るのだ。
犬狩りが当たり前の時代は、はるか昔になった。たちまち処分場送りは論外だろう。先日の10時間かけた市と県の捕獲作戦で捕まえられたのはわずか2匹だった。先送りすればするほど子犬が産まれ、野犬は増えて行く。ネット上では、子猫を襲う野犬の姿までアップされている。しゅうニャン市としてはほっておけない映像だろう。市民の安全・安心を守る市政のはず。野犬対策が看板倒れにならないことを切に願う。(中島 進)