ヘッドラインニュース

【春の褒章】県内は8人と1団体

36年間の見守り活動で藍綬褒章 元民生委員・児童委員の中村八重子さん(周南市)
 春の褒章の受章者が29日発令される。全国で754人で、うち女性は210人。県内は8人と1団体で、社会奉仕活動の緑綬褒章に1団体、業務精励の黄綬褒章が1人、社会福祉などの藍綬褒章が7人。周南では周南市平野の元民生委員・児童委員の中村八重子さん(76)が藍綬褒章を受章する。5月16日に厚生労働省で伝達式があり、天皇陛下に拝謁する。

中村さん

中村さん

 中村さんは下上生まれ。防府市の三田尻女子高(現誠英高)、東京の文化服装学院卒。民生・児童委員は1980年12月から2016年11月末まで36年間務め、富田地区民生・児童委員協議会の副会長を10年以上務めたあと定年で退任する前の約1年半は会長だった。
 任期中は独居老人などの見守りに尽くし、退任するころには約45人を定期的に訪問していた。担当していた認知症の男性が交通事故で亡くなるなど辛い経験もしたが、自宅で倒れているのを発見して命を救えたケースもあったという。
 児童委員としては富田西小校区で毎朝の立哨活動で児童を見守った。現在も見守り隊を続けている。このほか富田西地区社会福祉協議会理事、富田地区自主防災協議会委員も務めた。
 民生・児童委員の就任は委員だった亡き義母の勧めから。現在も続ける洋裁教室の指導を理由に一度は断ったが「あなたのは仕事じゃない」と言われ、ケンカになりながらも始めたという。しかし退任した今も相談に来る人がおり「今も頼られるのは誇りで、うれしい。やってきてよかった」と振り返る。
 ソフトバレーボールでねんりんピックに毎年出場して2002年の福島県大会では優勝するなどアクティブ。お年寄りが集うふれあいサロンも30年以上前に立ち上げて以来続け、生け花の指導もしている。