ヘッドラインニュース

1中学1小学で“一貫校”

光市立学校の在り方検討会議、新学習指導要領に歩調合わせ
 光市立学校の将来の在り方検討会議(霜川正幸会長、19人)の第4回会議が11日、市教委ホールで開かれ、市教委は人口減と少子高齢化が進む中で、大和地区などの小学校を統合して1中学校に1小学校を置く「一体型小中一貫型学校」とすることを提案する将来のあり方の基本構想案を示した。

あいさつする霜川会長

あいさつする霜川会長

 基本構想案は現状や国の動向、市の学校教育の取り組みや方向性、市がめざす学校像の5章からなり、1中学校1小学校構想は「市がめざす学校像」で取り上げている。
 その前の第4章で中学校単位の取り組みを求める「次世代型コミュニティスクール」を掲げ、小中一貫教育の推進に言及している。
 一体型小中一貫型学校は同じ敷地に同じ校区の小、中学校を置くもの。現在11小学校、5中学があるが、前段階として既存の校舎はそのままに中学校を軸に連携する「分離型」小中一貫型小中学校の発足を想定している。
 案では島田、上島田、三井、周防小と島田中▽岩田、三輪、塩田、束荷小と大和中が一体化の対象で、浅江、光井、室積は各小中学校の校区が一致している。
 市教委は文部科学省の次期小中学校学習指導要領が全面実施される2002年か21年に分離型一貫校への移行を想定したいと説明。委員からは「校区が広くなることが小学生にとって不安」「一貫型のメリットをもっと示してほしい」などの声が出ていた。
 8月23日に開く第5回会議で基本構想の策定を目指す。