ヘッドラインニュース

37年間、国政で活躍


高村氏引退に惜しむ声
後継は長男、正大(まさひろ)氏

kinrepo【衆院選】

 28日に衆議院が解散され、総選挙の日程が10月10日公示、22日投票に決まった。山口1区では当選12回のベテランで自民党副総裁の高村正彦さん(75)が今期で引退した。中選挙区制の1980年から37年間、国政で活躍した高村正彦さんへの思いをゆかりの人たちに聞いた。なおこの日、高村さんの長男、正大さん(46)が後継として記者会見して出馬を表明した。(山上達也)

 高村さんが初当選した80年6月の衆院選は内閣不信任案可決による「ハプニング解散」で、史上初の衆参同日選挙。選挙期間中に大平正芳首相が急逝し、自民党が大勝した。

1986年の衆院選の高村さんのチラシ

1986年の衆院選の高村さんのチラシ

 高村さんは当時38歳。徳山市長を4期務め前年10月の衆院選で落選した父の故坂彦さんの地盤を継いだ。準備期間が限られる中、高村さんの遠縁で現在は下松市議会議長の浅本正孝さん(81)=笠戸島=や、故坂彦氏の縁から故田村繁平徳山市議、のちに市議になる旧新南陽市の兼重元さん、旧徳山市議の古谷幸男さん、故宇山和昭さん、のちに県議になる故藤井真さんら若手が駆けつけて選対を構成した。
 「フレッシュ&クリーン」のキャッチフレーズで都市型選挙を展開。選挙中は白いスーツを着て回り、浮動票を引きつけた。
 浅本さんは「高村さんの強みはクリーンなことで、カネや汚職のうわさは皆無。それが私たちの誇りだった」と話し「もう一期はやってほしかった」と引退を惜しむ。
 周南地区後援会の岡田幹矢会長(76)は「高村副総裁がいるから安倍首相は安定した政権運営ができた。平和安全法制は高村副総裁なしに成立し得なかった」と評価し「正大さんの後援会では若い人がリーダーになるよう提案したい」と後援会の世代交代に言及した。
 高村さんは小選挙区導入の96年以降、旧民主党や共産党などの候補者の挑戦をすべて退けて当選を重ねた。その中で唯一、比例区での復活当選を許したのが旧民主党で1期務めた高邑勉さん(43)=東京都品川区=だった。
 高邑さんは引退の報に「高村先生は常に国家国民全体を考えておられたと思う。行事の控室で一緒になると気さくにお声がけいただいて恐縮した」と振り返り「実績、スケール、見識、お人柄とも今の日本に欠かせない方。一層のご活躍とご健康をお祈りしたい」と話している。
 高村さんと衆院選で3回戦った共産党の魚永智行周南市議(59)は「“自民党の政治家”たる高村さんとの対決だったが、よりよい国や地域づくりを目指す根本の部分は私も高村さんも共通していたのではないか」と振り返る。

 高村さんの後継者の正大さん(46)はこれまで正彦さんの私設秘書を務めており、27日に党公認が決まった。
 1区にはこのほか民進党からの新人、大内一也さん(43)と共産党新人の五島博さん(61)、幸福実現党新人の河井美和子さん(55)が出馬を予定している。

「認定新規就農者」4人に認定証

【周南市】夫婦で市外から移住
 周南市は市外から移住して須金や三丘、戸田地区で就農する4人を「認定新規就農者」に認定し、25日、市役所で木村市長が認定証を手渡した。

認定証を持つ左からフマ、有海さん、田中さん夫妻

認定証を持つ左からフマ、有海さん、田中さん夫妻

 認定新規就農者は新たに農業計画に取り組もうとする45歳未満などで、就農計画の認定を受けた人。国から年間最大150万円、夫婦の場合は最大225万円の給付金を最長5年間受けられ、融資などの支援もある。同市での認定は2015年度に始めてこれで16人になった。
 認定を受けたのは熊毛石光地区でイチゴ10アール、ナス5アールを栽培する有海牧(つかさ)さん(24)▽戸田地区でトマトをハウスで7.92アールを育てるフマ・ロマリクさん(41)▽須金地区でブドウ120アールを栽培する田中友和さん(41)、和歌子さん(40)夫妻。
 市長は「安心安全な農作物を作る農家として手を携えていくことを期待します」と述べ、4人に認定証を手渡した。
 有海さんは山口市出身で、県の農業大学校を卒業後、県内の農業協同組合に勤め、一昨年、認定就農者となった夫の塁さん(29)との結婚を機に就農を決めた。
 フマさんはフランス出身で、一昨年、認定就農者となった妻の美里さん(28)の手伝いをパティシエの仕事の合間にしていたが、農業に注力することにした。
 友和さんは福岡県みやま市出身で福岡県庁に、和歌子さんは愛知県常滑市出身で林野庁職員として山口県内に勤めていたが、それぞれ大学で農学を学んでおり、須金のミタケフルーツ農園で後継者を探していることを知って継承を決めた。約1年半の研修を経て12月から経営を引き継ぐ。
 友和さんは「いろいろな人に楽しんで、喜んでもらえるような観光農園にしたい」と話していた。

小学生が綱引きや台風の目

【光】ライトアップ周南が友達づくりへ 10月29日・虹ケ浜遊ビ~チ!
 周南市の市民団体、NPO法人ライトアップ周南(加藤隆之代表)は10月29日午前10時から光市の虹ケ浜海岸で4年生以上の小学生を対象にした「海辺のスポーツフェス“虹ケ浜遊ビ~チ!”」(新周南新聞社など後援)を開く。綱引きなどで友達の輪を広げるイベントで、参加者を募集している。

左から藤岡副委員長、市川市長、加藤代表

左から藤岡副委員長、市川市長、加藤代表

 ライトアップ周南は高校生や主婦、社会人など132人が参加。メンバーが地域イベントなどを企画し、全員で実現する取り組みを続けている。
 今回は夏には西日本屈指の海水浴場になる白砂青松の砂浜で遊ぶことで、虹ケ浜の素晴らしさを再認識してもらい、競技で校区を越えた交流をしてもらおうと開く。
 定員は300人で、エントリーは子ども5人が1組。当日、ランダムに選んだ4組20人でチームを作り、15チームで綱引き、馬跳びビーチフラッグ、数人で棒を持って走る“台風の目”の3つの競技を楽しむ。入賞チームには賞品も用意している。
 19日には加藤代表と同イベント委員長の附田淳一さん、藤岡英治副委員長らが光市役所を訪れて市川市長に開催を報告した。
 加藤さんは「虹ケ浜という素晴らしい場所を夏だけの場にしてはもったいない。オールシーズンで人が集まる場にしたい」と話し、市長は「光市には虹ケ浜、室積という海の財産があるので、ぜひ盛り上げていってほしい。まちづくりは市民から声が上がったもので作られる」とエールを贈った。
 大会エントリーは1組が小学生5人に保護者1人同伴の計6人。参加費は昼食、保険代込みで1人1,000円。ライトアップ周南のホームページから登録できる。FAX(0834-33-6266)でも受け付ける。申し込みの締め切りは10月6日。
 問い合わせはライトアップ周南(080-6346-2682)へ。

高村衆院議員引退へ

【衆院選】75歳「体力の限界」? 後継は長男か

高村氏

高村氏

 自民党副総裁で衆議院山口1区選出の高村正彦議員(75)は安倍総理大臣が28日に衆議院を解散すると表明した25日、今期限りで衆院議員を引退する意向を示した。
 周南市毛利町の後援会事務所にもこの日午後5時前に電話で「引退を決めた」と連絡があり、有田力秘書は「引退後も引き続き安倍首相を支えていくと話していた。健康だが体力の限界を感じたとも言っていた」と話していた。後継者に秘書で長男の正大(まさひろ)さん(46)を擁立する動きがある。
 高村氏は弁護士で、旧徳山市長や衆院議員を務めた故坂彦氏の四男。坂彦氏の引退を受けて1980年の衆院選旧山口2区で自民党公認で初当選し、現在12期目。防衛大臣、外務大臣、法務大臣を務めた。
 民主党から政権を奪還した第2次安倍内閣の発足以降は一貫して党副総裁を務め、集団的自衛権の行使可能化などを盛り込んだ安保関連法や、天皇陛下の退位に向けた特例法の策定に中心的役割を果たし、豊富な法知識で安倍首相の政権運営を支えてきた。
 高村氏は党内の憲法改正論議の取りまとめ役でもあり、衆院議員引退後も論議に携わる意向と見られる。
 高村氏はこの日、安倍首相に不出馬の意向を伝えた。山口1区は民進党の大内一也氏(43)、日本共産党の五島博氏(60)、幸福実現党の河井美和子氏(55)の新人3人が出馬表明しているが、今後は民進、共産両党の候補者調整の有無や行方が注目されそう。

広帯域移動無線のBWA

Kビジョン Wi-Fi網充実へ
11月1日から下松市中心部で

 下松市が本社のケーブルテレビ局、Kビジョン(杉田昌士社長)は11月1日から県内で2例目となる電気通信業務用無線の広帯域移動無線アクセス(BWA=ブロードバンド・ワイヤレス・アクセス)事業を下松市中心部で始める。2.5ギガヘルツ帯の周波数の電波で地域の公共サービスの向上や離島、山間部など電波が届きにくい地域の解消を目指す電気通信業務用無線システムで、来年度には光市でも始める見込み。
 BWA事業は総務省が有線放送事業者を対象に全国的に進めており、許可区域内に基地局を置き、無線LANによる高速インターネット回線を通信容量無制限で提供するため、インターネットやスマートフォン、Wi-Fiのアクセスが容易になる。自治体や学校、病院など閉域的な通信回線も構築する。
 全国では8月末現在で52社、県内では山口ケーブルビジョンが山口、防府、宇部市で展開している。
 このほかにも暮らしや防災情報の配信、児童や高齢者に発信個体ビーコンを持たせることによる見守り、学校などのネット利用、交通機関の運行情報、街頭に設置する監視カメラの映像伝送、電波の条件が不利な地域の解消など地域住民のサービスもできる。

契約者に配布するルーターとKビジョン本社屋上の発信基地

契約者に配布するルーターとKビジョン本社屋上の発信基地

 Kビジョンは5月20日に免許を取得。下松市内に美里町の社屋、天王台、古川町のマンションの屋上の3カ所に発信基地を設置した。さらに中村総合福祉センター、末武公民館、市民体育館、市役所、きらぼし館、豊井公民館にWi-Fiスポットを設ける。総事業費は約1,500万円で全額同社の負担。
 サービスの利用にはKビジョンが提供する“Air-Knet”に加入の申し込みが必要。月額2,500円で、提供される専用のルーターを置くだけで家庭内、事業所内のWi-Fi環境が整備される。
 同社は「スマホのギガが足りない、手軽なWi-Fi環境がほしい、引っ越しが多く工事が面倒、ネット利用料を見直したい人には最適」と利用を勧めており、土本耕三技術部長は「気軽に問い合わせてほしい」と話している。電話は0833-44-4936。

【衆院選】 1、2区とも大物現職と野党新人

170921k

28日解散へ各陣営始動 10月10日公示、22日投票か

 安倍首相が28日召集の臨時国会の冒頭に衆議院を解散する意向を固め、25日に正式に表明することを明らかにした。10月10日公示、22日投開票の日程となる見通し。周南3市を含む山口1区、2区の立候補予定者の陣営の動きもあわただしくなった。事実上の選挙戦に突入した各陣営の動きを追った。(順不同=山上達也)

【1区】ベテラン高村氏に3新人挑む

 現職は自民党副総裁で外務大臣や防衛大臣などを歴任した高村正彦氏(75)=東京都武蔵野市=。これに民進党新人の前千葉県鎌ケ谷市議の大内一也氏(43)=周南市新宿通=、共産党新人の党中部地区委員長の五島博氏(60)=宇部市小串=、幸福実現党新人の党県本部代表の河井美和子氏(55)=周南市西松原=が挑む。大内氏と五島氏の選挙協力の行方も不透明だ。
1709221
 高村氏は党務や得意の外交分野から各国の要人との会談も多く、地元回りが思うようにできないが、長男で秘書の正大さんらがこまめにあいさつ回りをしてカバーしている。
 大内氏は徳山小、岐陽中、徳山高、山口大時代の同級生や友人を軸に支持を広げ、連合山口の支援も手厚い。知名度のアップを図るが、民進党自体の混乱の影響は未知数。
 五島氏は毎週水曜を周南市での行動日に決めて街頭演説やあいさつ回りをこなす。一方で10月22日告示の山口市長選の対応に党の責任者として奔走して党勢拡大を図っている。
 河井氏は6回目の国政選挙挑戦。23日には周南市のJR徳山駅前で党本部の国領豊太青年局長と街頭演説をし、26日に記者会見を開いて正式に出馬を表明する。

【2区】民進擁立断念で自共対決濃厚

 現職は前外務副大臣で安倍首相の実弟の岸信夫氏(58)=田布施町=。こまめな地元活動には定評があり、各市単位に世話人会や青年部を設立して地盤固めに余念がない。
1708212
 岸氏に挑むのは今のところ共産党公認で党県東部地区常任委員の松田一志氏(60)=岩国市岩国=だけ。下松、光市や周南市熊毛でも街頭演説やあいさつ回りで浸透を図る。
 民進党の候補擁立は人選が難航。旧民主党時代に法務大臣を務めた平岡秀夫氏が小選挙区4回、比例復活1回の当選を果たしたころの勢いは見られず、20日になって党県連は擁立断念を決めた。

83チーム出走、エコ・スポーツフェスも

【周南(徳山)】23、24日・周南24時間リレーマラソン、リニューアルして今年も
 ランナーたちが丸1日、たすきをつなぎ続ける「周南24時間リレーマラソン2017」が23日正午から24日正午まで、周南市陸上競技場をスタート・ゴールに開かれ、県内を中心に広島県を含む83チームが出場する。応援する人も楽しめるようにと会場周辺では飲食ブースも並び、23日は徳山大学、中特グループのエコフェス、スポ・レクフェスタも同時開催される。
 山口ランニングネットワーク、周南観光コンベンション協会、中特グループ、徳山大学瀬尾ゼミで作る実行委員会の主催。同大会は2004年から徳山周南法人会を中心とした実行委員会が昨年まで計13回開催して幕を閉じたが、新体制でリニューアルして続けることになった。
 1チームは中学生以上の2~15人で、周南緑地運動公園内の約1.6キロの周回コースを1人1周以上走って次の走者にたすきをつなぎ、時間内の周回数を競う。企業や団体、高校、大学などの陸上愛好家らのチームが多く、周南、下松、光市関係は65チームが出場する。
 エコフェスとスポ・レクフェスタはパフォーマンスショー、ヨーヨー釣り、風車を作るエコ工作、伝承遊びのコマ回しや竹馬、クイズラリー、フリーマーケット、ニュースポーツのヒューストン、ペタンクなどもある。23日正午から午後6時まで。
 飲食は5ブースが並び、ラーメン、空揚げ、たこ焼き、牛カルビ丼などを販売する。
 問い合わせは実行委事務局の岡崎さん(090-3171-6517)へ。

大会のチラシ

大会のチラシ

 周南関係の出場チーム次の通り。
 [周南市]東ソー・バイオサイエンスA、同B、チーム・トゥー・バイ・フォー、徳山高40期パパイヤ倶楽部、トクロジ、徳山JCG、KRYランナーズプラス、徳山積水、セキスイスリーエス、特別養護老人ホームくりや苑、徳山医師会病院競走部、徳山医師会病院ランランラン、西京銀行、タゴサク&エルニーニョ、Runrunマナビーヤ徳山校、黒川病院・本城クリニック、中村被服、GOどうだ、こばらんフレンズ、こばらんwith M、農試走ろう会、企業局ズ、東ソーG有機三社A、同B、JACと豆の木リターンズ、Team K.K WINS、やまいちでんせちゅ、たむら耳鼻咽喉科、末次さんと!ゆかいな仲間たち、徳港会、楽しく走ろう太華工業、HNK15、アクス防府、アクス周南、徳高陸上部OB会、長穂青年部、FUN&RUN、HIKらんにゃーず、周南システム産業、出光徳山、ランニングつながり、シマヤぶちうまい、ビークルーエッセRC、絆&大告丸&中元もち店、周南市役所、徳山中央病院脳ミソきんにくん、同病院ひよこレンジャー、チーム・コバ、上の名は。
 [下松市]周南記念病院チームA、同B、24時間走り隊、一力U・20、チームゆりっぺ、米泉湖走遊会、電解、完全燃焼、下松ウルトラマラソン普及協会、日本海装.RUN、野人レディース、鋼鈑工業
 [光市]夢の続き、ランRunマナビーヤ!光校、光市役所RC、走練ジャー、風連会

WAONカードから49万7,100円

【下松】マックスバリュ・児童センター「わかば」にゾウの滑り台
 下松市内に2店舗があるイオングループのスーパーマーケットチェーン、マックスバリュ西日本(加栗章男社長、本社・広島市)は15日、地域振興型のご当地電子マネーカード「下松市こども未来WAONカード」の昨年3月1日から1年間の利用総額の0.1%にあたる49万7,100円を市に寄付した。

加栗社長、国井市長を囲む子どもや保護者

加栗社長、国井市長を囲む子どもや保護者

「わかば」に贈られたゾウの滑り台

「わかば」に贈られたゾウの滑り台

 この寄付は市とイオンが2014年に結んだ住みよいまちづくり連携協定に基づき、16年に交わした覚書によるもの。同カードは現在まで1万4,475枚発行されている。
 今回の寄付で強化プラスチック製のゾウの形の滑り台1基が美里町の市児童センター「わかば」(水田恵子センター長)の中庭に据え付けられ、この日、同センターで目録の贈呈式があった。
 国井市長は「地域貢献に対する温かいお気持ちを大切にしたい」と感謝し、加栗社長も「当社は下松で創業したスーパーマミーが前身。ゆかりの地にしっかり貢献したい」と話した。
 寄付額の累計は86万327円になった。

米光企業団地にナオが進出

【周南(新南陽)】米光企業団地、20年かけ全区画埋まる
 周南市和田地区の米光企業団地に仮設プレハブのリース・販売などの㈱ナオ(本社・広島市)が来年4月営業開始の予定で進出することが決まった。1997年に募集を始めた同団地はこれで20年かけて全区画が埋まることになる。

ナオが進出する区画

ナオが進出する区画

 この団地は全体で約38,700平方メートル。内陸部にあり、山陽自動車道、中国自動車道へのアクセスもよく、93年から96年にかけて造成された。
 旧新南陽市土地開発公社、周南合併後は周南市土地開発公社が事業主体で。2009年に塩化ビニール、強化プラスチック製作・施工などの城永(本社・周南市)、10年に樹脂リサイクル事業のイチキン(同)、保管・運送などの清進産業(同)が進出した。
 2012年度からは解散した同公社に代わって市が残りの約10,300平方メートルの区画の進出企業を募集していたが、問い合わせはあったものの決まっていなかった。
 ナオは周南市栗屋に徳山営業所を持っており、米光団地では仮設プレハブ、ユニットハウスの修繕、出荷などを業務とする計画。市から年間300万円で土地を借りる契約を交わしている。

増加傾向の救急業務

【金曜記者レポート】【周南】到着時間の遅れも
 119番通報で消防署から出動する救急車。その出動件数は周南、下松、光市の3市を合わせて年間約12,000件、1日30件以上にもなる。近年は高齢者が増えているのも影響してか、急病による出動は増加傾向にあり、最寄りの消防署の救急車が出動中の場合は別の消防署から出動したり、救急車以外の車でまず駆け付ける場合もある。一方で、救急車を呼ぶほどの緊急性がないのに安易に依頼するケースもあり、適切な運用が課題となっている。(延安弘行)

170915h

到着すれば「もう大丈夫」

 県消防防災年報によると、2015年の出動総数は67,292件。このうち急病が60%を占め、一般負傷が15%、病院から病院へ患者を運ぶ転院搬送も12%あり、交通事故が8%。このほか自損行為、労働災害、運動競技への出動などがある。
 周南地区の救急業務を担うのは周南市消防本部、下松市消防本部、光市と周南市熊毛地区、田布施町を管轄する光地区消防本部。ともに24時間体制で患者を搬送している。
 周南市消防本部の救急車は合計9台。中央署、周南団地の東署、新南陽地区の西署に2台ずつ、鹿野地区の北署、戸田の西部出張所、須々万の北部出張所に各1台を配置。2012年に6,000件を下回っていた出動件数は昨年1年間で6,353件と約400件増加した。
 患者の最寄りの消防署の救急車が出動している場合は別の署から回すが、平均到着時間は遅くなり、最近は7.1分。以前は6分台だったという。ただ、都市部などで全国的に問題になっているたらい回しにされて搬送先の病院が見つからないという事例はない。
 しかし現地に到着してみると、大けがと思って救急車を呼んだがそれほどではなかったり、気分が悪くなったが回復して「もう大丈夫です」と言われるケースもある。

待機する救急車=周南市中央消防署

待機する救急車=周南市中央消防署

救急車以外で出動も

 下松市消防本部も12年は2,214件だったが、16年は200件増えて2,443件になり、今年はさらに増える傾向にある。同市の救急車は3台だったが、近く4台目を配備する。3台の時は車検などで1台が使用できないと出動できるのは2台だけ。3件目の出動要請にはとりあえず別の車で出動して処置し、前の搬送を終えた救急車が駆けつけるのを待つ場合もあるという。
 職員は65人のうち消防署に40人を配置しているが、交替勤務のため当直は指令室の3人を合わせて13、4人。救急車は1台に3人が乗るため、3台が出動する場合は消防署の勤務者だけでは足らず、本部の職員が乗ることもある。
 そうして出動しても、同市でも「酒を飲んだので家族が車を運転できないので」「救急車だと早く診てくれるから」と緊急ではないのに救急車を呼ぶ人もいる。
 昨年3月には市庁舎隣から河内へ移転し、ヘリポートもある市消防本部が完成。ドクターヘリによる患者の移送もしやすくなった。ただし、市街地からは離れたため、市街地の患者への到着時間は遅くなったという。
 光地区消防本部でも管内の合計で12年に3,649件だった出動が16年は3,911件と増加傾向。同本部や下松市でも急病のほか転院搬送も増えている。
 救急車は光市の中央署に2台、田布施町の東署、熊毛地区の北署に1台ずつ。このほか車検などの時に使う予備の救急車が1台ある。東、北署の救急車が出動している時に管轄する地区で2件目の要請があった場合は中央署から出動するが、到着時間は遅くなる。
 同本部でも緊急性が低いのにすぐに救急車を利用する人が多く、入院が必要な重症の患者は搬送したうちの半数。すぐに帰れた人の中には救急でなくてもよかった人もいると見られる。

救急車の内部

救急車の内部

救える命が救えない!

 緊急時に救急車を呼ぶのか、その線引きは難しいが、現状は到着が遅れて救える命が救えない事態がいつ起こっても不思議ではない状態。しかし患者が増えたからといって高額な救急車も専門的な知識、技能が必要とされる人員もすぐには増やせない。
 全国消防協会が作っているポスターに書かれた「救急車はタクシーではありません」の言葉は切実。各本部ともホームページやポスターで適正利用を訴え、消防庁は病状の緊急度を素早く判定、救急車を呼ぶ目安にできるスマートフォン用のアプリ「Q助」を作って利用を呼び掛けている。
 全国では有料化を検討する声まで上がるのも無理からぬ現状もある。不適切な利用だけはしないでほしい。