ヘッドラインニュース

環境や石油が届くまで

【出光徳山】「知エネルギーノート」
 出光興産徳山事業所は9月ごろから見学に訪れた小学生などに同社オリジナルの「知エネルギーノート」を配っている。左側のページの下には産油国で原油を積み込んでからガソリンとして給油されるまでの流れのイラスト、右側のページの下欄には環境に関するミニ知識が書かれている。

「知エネルギーノート」

「知エネルギーノート」

 「知エネルギー」は環境や資源を大切にする「出光の知恵のチカラ」のことで、ノートはA5判40ページ。10年ほど前から広報担当の部署で作っていた。
 同事業所ではこれまで見学の記念品としてマーカーペンやボールペンが入ったペンケースを配っていたが、在庫がなくなった機会にこのノートに切り替えた。
 全体の色調はグリーンで、表紙には名前や学年などを書く欄もあり、中も各ページに「○がつ○にち○ようび」と日付を書き入れるようになっている。
 ミニ知識は「下校のときや教室から人がいなくなるときは、電気を消しましょう。休み時間にみんなでグラウンドに出て遊ぶのも、電気を節約するコツだよ!」「資源が少ないといわれている日本だけど、地熱の資源量はインドネシア、アメリカに次いで世界第3位なんだ!」など幅広い分野の情報が掲載されている。
 同社は石油製品や石油化学、再生可能エネルギーなど多彩な環境に関する知識を紹介するホームページ「出光なるほど環境サイト地球に知エネルギー」も開設しており、ノートでも検索を呼び掛けている。