一言進言

新駅ビルへの不安

~果たして効果は出るか~
周南市の徳山駅を周南駅と改名するとしたら10億円かかるそうだ。駅ビルから徳山が消えて、議会でも問題になった。知らない人が徳山駅に降り立ち、突然「周ニャン市」の看板が目に入ってくるから、ここは一体どこなのかと戸惑うらしい。鉄道の歴史が始まって以来、徳山駅が浸透し、全国の人々は徳山駅なら知っている。新幹線で数少ないのぞみが停車する駅だから余計だ。周南市の主たる駅が徳山駅だと喧伝するのか、徳山駅は周南市の駅だと喧伝するのか、難しいテーマだ。
大体地名と駅名はほとんどがリンクしている。違うので代表的なのが博多駅だ。福岡市と呼ぶ人もいれば、福岡市を博多と言う人も多い。著名な都市なので多くの国民は理解している。最近の悩みは外国人への説明らしい。駅名と地域の名称が違うのはさように厄介だ。
そんな混乱の中、周ニャン市が飛び出したから余計複雑になった。果たして徳山駅に着いて、ここは徳山ではなく、周南市でなく、周ニャン市なのか、と戸惑うのだ。周ニャン市騒動の中、いっそ徳山市にした方が、の声も聞く。旧新南陽地域の声に多い。若者は、周ニャン市の名称でイベントを開いたりしているが、年配諸氏には総じて不評だ。そこまでノリは良くない。
長い間、徳山駅ビルの名称で親しんだだけに、来年2月オープンの新ビルは、どう呼べば良いのだろう。ツタヤ図書館か、スタバビルか、駅前図書館か。行政が決めるとろくなことがないので、ここは一般公募するか。名称は結構大切だ。誰にもすぐわかることが肝心だ。とりあえず駅ビルとしておこう。
新駅ビルオープンで、当初はすさまじい人が訪れるだろうが、あくまで新駅ビルは人寄せパンダだ。駅ビルに人が満ちても、周南市には何のメリットもない。駅ビルから外にどれだけの人が出てくるかが勝負だ。駅ビルにこれだけ人が集まった、と行政は胸を張るだろうが、55億円かけ、毎年1億6,000万円ものお金を注ぐ施設だ。集まって当然だ。
残念だが、昔からの商店主たちに、多くの人出を迎え撃つ意欲も体力もない。ゆめタウン徳山ができた途端、土曜日の集客が激減した。若者たちがパンマルシェなど次から次へとイベントを打って、中心市街地へ人を集めるが、旧来の商店にそれを利用する姿勢はさほどない。このままだと、食べ物屋さんが少し潤うぐらいの効果しか出ない恐れが強い。
1時間200円の駐車料金を払っても行きたくなる街にするのは至難の技だ。商店主の強烈な意気込みがまずは大切だが、行政は街中にちょっとしたイベントができるスペースを確保することが最優先課題だろう。通路しか利用できないのは、どだい無茶だ。高齢化が進む旧来の商店主への働きかけも難題だ。華々しい新駅ビルのオープンセレモニーを想像すればするほど不安は増す。(中島 進)