ヘッドラインニュース

米国人が書いた「回天」

【周南(徳山)】回天顕彰会が出版 最初の撃沈艦の記録から
 周南市の回天顕彰会(原田茂会長)は米国人のマイケル・メアさんとジョイ・ウォルドロンさんが大戦末期の特攻兵器「回天」の日米の記録をまとめた「KAITEN」の日本語版を8日、出版した。邦題は「回天」。「秘密兵器人間魚雷『回天』とその『回天』が第二次世界大戦で撃沈した最初の米海軍艦艇」のサブタイトルをつけた。中学生にも読みやすいように配慮して翻訳しており、同会は幅広い人に読んでほしいと呼びかけている。

日本語版「回天」を持つ原田会長

日本語版「回天」を持つ原田会長

 11月8日は1944年に回天の最初の部隊、菊水隊が周南市大津島にあった訓練基地から戦場に向かって出撃した日。「KAITEN」は菊水隊の攻撃で11月20日に撃沈した油槽艦「ミシシネワ」の沈没前後が、回天の誕生や戦闘の経緯とともに描かれている。
 メアさんは実業家で歴史家。父、ジョン・メアさんは沈没当時の「ミシシネワ」の乗員で、ジョンさんは生き残った。亡くなる前に菊水隊の真実について出版してほしいとマイケルさんに言い残していたことからマイケルさんは1995年に調査を始め、日本の回天関係者や大津島の回天記念館の協力も得てまとめた。
 共著者のウォルドロンさんは共著に真珠湾攻撃を描いた「米艦『アリゾナ』」もある米国のジャーナリスト、編集者で、メアさんの調査に協力した。
 日本語版は昨年1月、メアさんから日本語版を出すために出版社を見つける手助けをしてほしいという手紙が原田会長のもとに届いたのがきっかけ。出版社を探したが、見つからず、回天顕彰会が自費出版することにした。
 翻訳は旧海軍の戦没者や海上自衛隊の殉職者の慰霊、顕彰などもしている公益財団法人水交会の会員が協力した。
 完成した日本語版はA5判378ページ。第1章は回天の開発者の1人、黒木博司大尉が書いた大型魚雷に隊員が乗り込んで敵艦に体当たりする攻撃方法の採用を求める血書の上申書を山本五十六連合艦隊司令長官が読む場面から始まる。
 一方、高速油槽艦として建造された「ミシシネワ」の就役は1944年5月。建造された経緯と完成から半年後、太平洋のウルシー環礁で回天によって沈没するまでが、日本側の動きと交互に登場する形で進行。
 「ミシシネワ」の乗員は278人。そのうち67人が沈没に伴って戦死したが、同艦の就役からの活動、艦内での勤務、生活の様子や乗員一人々々の経歴、沈没前後までの行動や考え、心境などが関係者への丹念なインタビューなどによって詳細に描かれている。
 菊水隊は3隻の潜水艦に4隻ずつの回天を搭載して出撃。そのうち1隻は米国の駆逐艦によって撃沈された。残る回天8隻のうち3隻は故障のため発進不能で潜水艦とともに帰り、ウルシーで戦死したのは5人だった。
 「ミシシネワ」に回天が命中してから沈没するまでの乗員の脱出、救助の様子はこの本のクライマックスだが、収容された遺体の中に見慣れない服装の日本人の遺体があり、回天の開発者の1人で、この作戦に搭乗員として参加していた仁科関雄中尉と思われることも記している。
 巻末には「ミシシネワ」やその乗員、黒煙をあげながら沈没する様子の写真と回天記念館の協力で仁科中尉ら回天の搭乗員や回天の写真も掲載している。
 原田会長は12日に回天記念館前庭で開かれた回天烈士・回天搭載戦没潜水艦乗員の追悼式の式辞でこの本の出版を報告し「今回の日米共同作業による出版で、相互がわだかまりを解き、平和に向かって前進するきっかけにするとともに平和の文化発信の一助にしたい」と出版の意義を述べた。
 税込み2,700円。問い合わせは周南市みなみ銀座の周南観光コンベンション協会(0834-33-8424)へ。

トルコ合弁工場が本格稼働

【東洋鋼鈑】トルコ合弁工場が本格稼働 生産、出荷とも軌道に
 下松市に工場を置く東洋鋼鈑(隅田博彦社長)がトルコの鉄鋼メーカー、トスヤル・ホールディングスと設立したトスヤルトーヨー社(TAT)の初の工場、オスマニエ工場が春から稼働し、操業が本格化している。

本格稼働を伝える「鋼鈑NEWS」403号

本格稼働を伝える「鋼鈑NEWS」403号

 同工場2014年から地中海に近いトルコ中南部の人口約47万人のオスマニエ市に建設。シリアとの国境に近いが政情は安定しており、欧州や中近東、アフリカなど消費地に近く、原料の鉄鉱石の確保が容易。
 建設にあたっては14年から約50人をトルコに派遣して現地スタッフを育成。下松事業所長からTAT副社長に異動した坂本信夫氏は両国のスタッフ間の調整や円滑な事業展開に中心的な役割を果たした。
 同工場では表面処理鋼板を製造。酸洗から冷間圧延、焼鈍、電解洗浄、電気錫めっき、カラーコーティングなど多くの工程で最新鋭の技術を導入しており、トルコや周辺国からの受注も順調という。
 10月の社内報「鋼鈑NEWS」では現地のチーフエンジニア、ハサンさんが「統制のとれた日本の仕事の進め方や製造における精密さから私たちはたくさんのことを学んだ」とコメントし、赴任を終えた材料圧延技術グループの花田秀男さんも「現地のオペレーターの操業経験で高品質の製品の生産を信じている」と期待を述べている。

超絶技巧のアーティスト

【周南(徳山)】切絵の中村敦臣さん「神の手・ニッポン展Ⅲ」出品
 周南市戸田の現代切絵アーティスト、中村敦臣さん(43)が12月1日から東京のホテル雅叙園東京内の「百段階段」で開かれる「神の手・ニッポン展Ⅲ」の出品作家に選ばれた。22日には市役所で木村市長に出品を報告した。

「cut of pink」

「cut of pink」

 同展は同ホテルが主催する「神の手を持つ日本人作家の合同展」。5年間、超絶技巧を持つアーティストを5人ていど選んで東京オリンピック・パラリンピックが開かれる2020年まで続け、全国で巡回展もして最後の年には出品した全作家による展覧会を開き、その後は海外への進出も目指す事業。
 今回は24日まで開かれ、立体切り文字の笹尾真さん、シャドーボックスの大橋禾苗さん、組み木絵の中村道雄さん、ペットボトルアーティストの本間ますみさんと中村敦臣さんが出品する。

中村さんとティアラなどを付けた女性

中村さんとティアラなどを付けた女性

 中村さんは会社勤めのかたわら30歳を過ぎてから切り絵に打ち込み、4年前からは創作に専念、東京やニューヨーク、フランスでも作品展を開いている。徳地和紙や山代和紙など主に県内の和紙をカッターナイフで加工して次々に独自の技術による作品を創り出し、最近は細く切った紙にふくらみを持たせて形成した立体作品を制作している。
 ニッポン展には20点を出品するが、22日はそのうちピンク色の竜の作品「cut of pink」と壁にチョウネクタイが飾られている「壁に着けるタイプの蝶ネクタイ」、販売コーナーに置く紙製の頭頂部につける装飾品のティアラやネックレス、ピアスなどを市長に披露した。
 ティアラなどは周南地域地場産業振興センターが開発に協力し、中村さんの作品をもとに、以前から中村さんの作品展の案内などを制作しているグラフィックデザイナーの土江孝さん(45)がデータ化して岡山県の紙工業者でレーザーカッターを使って精密加工した。
 この日は土江さんと同センターの合田幸二専務、徳原慶二事業課長補佐も同席。市長は「独創的で中村さんにしかできない作品」と感嘆し、同センターのサポートで量産、ビジネスにもつながっていることを喜んでいた。
 中村さんは作品を一言で表現すれば「実験」と述べ、常に新しい素材をどう加工するか考えていると話し、ニッポン展は「作っているものがどう伝わるのか、これまでと違うイメージでとらえてもらえるのが楽しい」と話していた。

少ない野菜摂取量

【周南市】腸内細菌研究で中間発表
 周南市と新南陽市民病院(松谷朗院長)、国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所(米田悦啓理事長)の3者が1月から連携協定を結んで取り組んでいる腸内細菌研究の中間報告会が24日、市役所で開かれ、研究に協力した市職員86人の食生活やどんな腸内にどんな細菌がいるのかを調べた結果、全国平均と比較しても男女とも野菜の摂取量が少ないことなどが報告された。

あいさつする米田理事長

あいさつする米田理事長

 腸内には数1,000種類の細菌がいるが、同研究所は腸内細菌が病気などにどう関わっているかを調べ、健康増進や疾患予防などに役立てようというもの。今年度は市職員の希望者86人と新南陽市民病院の患者75人を対象にし、市職員は7、8月に採便して腸内細菌の種類を調べ、運動量や食生活も調査し、その関連などを分析している。結果は10月25日に参加者個人に通知して健康上の助言もした。
 24日は木村市長と松谷院長、米田理事長らが出席し、職員を対象にした調査の結果を説明した。
 腸内細菌では、3タイプの分類でタンパク質や動物性脂質を多く摂取している人に多いバクテロイデス型が88%、炭水化物や食物繊維を多く摂取している人に多いプレボテラ型が12%、中間型のルミノコッカス型の人はほとんどいなかった。東京の調査ではルミノコッカス型が44%という結果があり、周南市の特徴が明らかになった。
 一方、野菜の摂取量が全国平均に比べて少なく、摂取量が推奨されている350グラム以上の人は、男性では全国平均29.3%に対し12.2%、女性は27.2%に対し10.8%。このほか女性ではアルコール飲料の摂取量も全国平均の1.8倍であることがわかった。
 同研究所では野菜の摂取量と腸内細菌の種類の関係などを研究し、市はこの結果を職員や市民の健康増進に生かす。

新規就農、生産拡大に期待

【金曜記者レポート】
【周南市】ワサビ超促成栽培で実証実験

 周南市はワサビの収穫を通常より早くする超促成栽培の実証実験に昨年度から産地の鹿野地区などで取り組んでいる。通常は約20カ月かかる種まきから収穫までの期間を耐雪型ハウスの使用などで約12カ月まで短縮させるもので、来年度にかけての実証で効率的な栽培方法を確立し、将来的にはトマトとの複合経営による新規就農者の増加につなげたい考え。現状や今後の展望を調べた。(安達亮介)

和食ブーム、本物志向で需要増
 ワサビは収穫まで時間がかかるため未収益期間が長く、自然災害や気象変動の影響も受けやすいことから生産が不安定だが、世界的な和食ブームや消費者の国産・本物志向の高まりから需要は急増している。
 実証実験は栽培期間を短縮、増産してこの需要に応え、新規参入を容易にすることなどが目的。同市のほか岩国、山口市、静岡県伊豆市、佐賀県佐賀市でも取り組んでいる。

標高480メートルの大潮のビニールハウス

標高480メートルの大潮のビニールハウス


新規就農者がワサビ栽培へ
 ワサビは冷涼な気候で、主に山間を流れる渓流の浅瀬に自生する。このため周南市では鹿野地区で栽培され、ワサビのしょう油漬けが特産品となっているが、鹿野わさび生産組合の生産者は2007年の20人から現在は12人にまで減っている。
 このため市は昨年度に創設した技術研修、農地確保、機械・施設整備、住居確保をまとめて支援する「新規就農者パッケージ支援制度」の利用者に栽培時期が重ならないワサビ、トマトの複合経営をしてもらう計画。来年度には2人が就農する予定だが、今後5年間で毎年5人の新規就農を目指している。

品種、定植時期の違いも調査
 ワサビは大きく分けて清流の浅瀬で栽培する沢ワサビと、畑ワサビの2つの栽培方法があり、鹿野では畑ワサビのうち林の中で育てる林間ワサビで育ててきた。
 市の実証実験で栽培するのは直接水を使わず畑で作る畑ワサビで、標高約1,000メートルの長野山のビニールハウスで水冷方式で苗を育て、中央に支柱がある耐雪型ハウスの畑に植えて保温しながら栽培することで早期の収穫を実現している。
 この技術は県農林総合技術センターに指導を受けており、チューブワサビの風味付けやワサビ漬けの原料などに使える葉と茎や、料亭での添え物などに使われる花も収穫する。事業費は昨年度が148万円、今年度が504万円。
 実証に使う畑は鹿野地区の大潮、渋川、鹿野上と須金地区の4カ所合わせて約600平方メートル。昨年は11月に植えて今年4、5月に葉と茎を収穫してJAに出荷した。
 今年は9月下旬と10月下旬に定植時期を分け、うねもビニールで覆うか木くずをまくかに分け、ワサビの品種も3種用意し、より超促成栽培に適した方法を調べる。

1人年間3トン出荷へ
 新規就農者パッケージ支援制度を受けた就農者は、計画では10アールの畑で年間3トンを出荷でき、これによる所得は110万円、トマト栽培と合わせ300万円を想定している。
 市農林課農政畜産担当の松田康仁さん(35)は「新規就農者が収入を得られるよう県農林事務所とも連携して研究を進め、市内のワサビ生産量の増加にもつなげたい」と話している。
 需要が拡大しながら栽培の難しさなどから生産者が減っていたワサビだが、新技術の導入や市の支援で生産増の道筋が見えてきた。出荷量が増えればワサビの加工品を開発して新たな需要を創造し、それによる産地活性化も期待できる。今後の推移を見守りたい。

《日刊新周南を読んでみたい!》
試読、購読希望の方はhttp://www.shinshunan.co.jp

地区長賞にヒロテック、日立ハイテク

【光】QCサークル山口東部大会・職場の品質改善例を発表
 職場の品質改善推進運動、QCサークルの第5982回山口地区東部ブロック大会が17日、光市のホテル松原屋で開かれ、最高賞の地区長賞に「設備停止時間の削減」のヒロテック光工場パネライグループと、「発送検査手順の見直しと整備」の日立ハイテクマニファクチャ&サービスラストマンサークルが選ばれた。

第1会場の発表者

第1会場の発表者

第2会場の発表者

第2会場の発表者

 QCはクオリティー・コントロールの略で、現場の従業員が製品の品質管理や作業 能率の改善案に取り組む小集団。今回は県東部や大分県、三重県の16グループが発表し、発表社を含む25社の計約150人が参加した。
 開会式では同地区長の兼森忍マツダ防府工場品質技術部長と国井下松市長があいさつ。1グループ15分で2会場に別れて発表し、最後に顧客ロイヤルティ協会の伊藤秀典理事長が「CSを超える顧客ロイヤルティ」の演題で講演した。
 表彰式では兼森地区長が賞状を渡し、新日鉄住金ステンレス光製造所の河合浩之生産管理部長が「可能性を信じて新しいことにチャレンジを続けてほしい」とあいさつした。
 優秀賞には大分県の新日鉄住金大分製鉄所の高炉電計Gr.サークル▽三重県のサマンサジャパン鈴鹿営業所のEXIST5サークル▽下松市の東洋パックスのエボリューションサークル▽日立交通テクノロジー笠戸事業所のネクサスサークルが選ばれ、ほかの10グループは優良賞を受賞した。

縁起物の食、おみくじ

【周南(徳山)】26日・しゅうニャン開運フェス
 周南市の“開運食”やオリジナルのおみくじが登場する初の「しゅうニャン開運フェス」が26日午前10時半からこの日、萌えサミットの会場になる徳山商店街の徳山銀座中央駐車場で開かれる。

後列左から清木、梶原、門脇さん、市長、岡本、三浦、内藤さん、前列は開運女子部

後列左から清木、梶原、門脇さん、市長、岡本、三浦、内藤さん、前列は開運女子部

 市と周南料飲組合青年部会(三浦晃義会長)の主催。“周南”の周の字の中に“吉”があり、南には“幸”が含まれていることにちなんで企画した。
 開運食は同部会が金粉入りの「開運ラーメン」を限定15杯で販売し、しゅうニャン市のロゴ入りの「縁起焼」も登場する。このほか九州居酒屋克、ふく処快、漁師めし酒場灘や、お好み焼きやすきゅう、薪窯ピッツァフェリーチェ、たこ焼きたんたん、メロンパンのパブラッタ山口、鶏城(トリッキー)がブースを出す。
 “開運ショップ”としてフェアリーの開運文字、和美食ソムリエ協会のスムージー、CHA CHA DOのハートリーフ、Happilyの風水ネイルも登場する。
 市の若手女性職員で作る「しゅうにゃんラボ開運女子部」が製作した「恋するしゅうニャンみくじ」も引くことができる。
 ステージではお笑いライブ、正司優子さんの大食いトーク、開運文字講座、ボートレーサーの山本宝姫選手と声優の藤井ゆきよさんのトークショーなどもある。
 16日には市役所に三浦会長と同フェス実行委員の門脇まゆみ、清木恵子、岡本寛美、内藤みゆき、梶原幸敏さん、開運女子部のメンバーが訪れて木村市長に開催を報告。三浦さんは「吉と幸のラッキー&ハッピーで盛り上げたい」と話していた。
 午後3時半まで。問い合わせは市広報戦略課(0834-22-8238)へ。

暮らしの困りごとに助っ人派遣

【周南(新南陽)】「おたがいさま周南」コープ周南西センターに発足
 暮らしの中でちょっとした助けがほしい人と、それを手伝える人をつなぐ有償助け合いシステム「おたがいさま周南」が15日、周南市道源町の生活協同組合コープやまぐち周南西センター内に発足した。

開所式のコーディネーター、応援者たち

開所式のコーディネーター、応援者たち

 これは洗濯や草むしり、掃除、子どもの世話、通院の付き添い、障子張り、ごみ出し、衣替えなど、暮らしの困りごとを持つ人が1時間800~900円と交通費の実費を支払って助ける応援者1人を利用でき、応援者は利用料金から運営費200円を引いた額を受け取る仕組み。それぞれコープやまぐちの組合員が対象で、助け合いシステムの年会費は1,000円。
 6人いるコーディネーターが双方のつなぎ役を担い、まず利用者の要望を聞き取り、それに応えることができて家が近い応援者を派遣する。
 おたがいさまシステムは約20年前に島根県で始まり、山口県内では4年前に下関市で開所しており、周南は2カ所目。ここでの対象エリアは徳山、岐山、今宿、菊川、富田東、富田西、福川、福川南の各小学校区となる。
 下関では現在、応援者69人が登録しているが、利用が多く、足らない状況で、周南では15日時点で30人の応援者登録があり、今年度末に50人を目指している。
 この日は同センターでコーディネーターや応援者など約20人が出席して開所式があった。「おたがいさま周南」の代表を務めるコーディネーターの中原栄子さん(61)=大神=は「誰かが困った時に時間的、体力的に余裕がある人が寄り添い、よりよい暮らしを支えていけるようにしたい」と述べ、応援者の吉光幹治さん(67)=大神=は「助け合える喜びを共有していきたい。そのために我々のスキルアップも必要」と話していた。
 平日午前10時から午後4時まではコーディネーター1人以上が同センターに常駐して利用を受け付ける。電話は0834-39-6166。

海上自衛隊そうりゅう型潜水艦を見学

【金曜記者レポート(周南(徳山))】隠密行動の兵力、大津島沖にそうりゅう型潜水艦
 「光も電波も届かない海中に深く潜航し、隠密に行動できる唯一の兵力」とされる潜水艦は機密事項の固まり。一般公開されることはほとんどないが、周南市の大津島で12日にあった回天烈士・回天搭載戦没潜水艦乗員追悼式に合わせて大津島沖に停泊した海上自衛隊のそうりゅう型潜水艦(2,950トン)を見学する機会を得たので報告したい。(延安弘行)

見学者を見送る乗員

見学者を見送る乗員


 海上自衛隊の潜水艦部隊は広島県の呉基地に第一潜水隊群と神奈川県の横須賀基地に第二潜水隊群があり、潜水艦は練習艦を合わせて20隻ほど。隊員は1,800人で、海上自衛隊全体の4%と限られている。
 今回訪れた潜水艦は第一潜水隊群の所属。川崎重工業の神戸造船工場で建造され、2012年に就役した。そうりゅう型は海面近くまで浮上して空気を取り入れることなく長期間、潜水したまま航行できるAIP機関を搭載している。
 黒く塗装された船体は全長84メートル、最大幅は9.1メートル。乗員は約70人。ディーゼルエンジンで発電した電気でスクリューを回して航行する。
 大津島の馬島から潜水艦までは沖合の船と陸地を結ぶ徳山港の小型船。船体の上に移り、艦内にはハッチから垂直のはしごで降りた。
 一緒に見学したのは企業経営者や自衛隊に興味を持つ高校生など10数人。艦内は狭いため2班に分かれて見学。ブロックとブロックの間の出入り口は腰をかがめないとくぐれない。
 まず潜望鏡や航行、浮上、潜水などの運転装置が壁いっぱいに並ぶ潜水艦の頭脳、発令所に入る。望遠鏡で見える画像はモニターに映されて共有できる。ソナースペースでは隊員が近寄ってくる船舶などの音で周囲の状況を把握しているという。
 続いて船首部分にある発射管室。この潜水艦が所持している武器は魚雷とミサイル。魚雷がむきだしのまま並んでいる。その奥はベッドになっていて、研修などで臨時に乗り込んだ乗員はここで眠る。
 食堂やAIP室も見学し、士官室で二等海佐の艦長から潜水艦部隊の概要などの説明を聞いた。艦長をはじめ、どの乗員も質問に明りょうな口調で返答してくれるので気持ちがいい。
 乗員は3段ベッドで個室は艦長だけ、3班に分かれて6時間勤務したあと12時間が非番となる三直勤務。館内ではスマートフォンは使えず、禁酒、禁煙でテレビも映らない。DⅤDを見ることができるが、大きな音を出せないためヘッドホンを使うなど艦内の生活の説明もあった。
 食事は調理師資格を持つ給養員と呼ばれる担当者が中心になって作るが、海軍時代から名物とされるカレーライスは毎週1回必ず出される。スペースが限られているため食堂の椅子の中も食材の収納箱になっていて、ジャガイモやタマネギが入っていた。
 長期間、閉鎖された空間で団体生活ができるのはなぜかという質問には、心理の適正検査であまり怒ったりしない隊員が選ばれていることや、限られた人数のため複数の仕事を担当、各パート間の垣根が低いことなど仲が良い要因を丁寧に説明してくれた。
 最後に乗員の1人にやりがいを聞くと「実務任務であること」という答えが返ってきた。哨戒など日本を守るために必要な直接の業務を担っているという誇りがうかがえる。
 一方で、乗員は追悼式の前日の11日は交替で大津島に上陸、回天記念館を見学したが、港で小型船の到着を待つわずかな間もスマートフォンを操作し、たばこを吸う姿に現代の若者らしさも見られてほっとさせられた。

原田専務がタオルソムリエに

【周南(徳山)】アゲハ蝶印タオルの原田屋の原田専務がタオルソムリエに
 周南市本町の原田屋(原田良秋社長)の原田賢治専務(64)が愛媛県の今治タオル工業組合、今治商工会議所が実施しているタオルソムリエの資格試験に合格した。同社は5年前からアゲハ蝶印タオルのブランド名でオリジナルの国産タオルを開発、販売しており、原田さんは改めてタオルの製造工程はもちろん、歴史や文化を学び「レベルアップになった」と笑顔を見せている。

認定証を持つ原田さん

認定証を持つ原田さん

 タオルは綿から糸をつむぎ、布に織ったあと染めやプリント、その間にのりをつけたり、それを洗い流したりとさまざまな工程を経て作られ、各工程に専門の業者がいる。
 オリジナルタオルは輸入される原料の綿の品質からチェックし、日本で製造する際の各工程も把握しなければならない。そのためタオル製造全般の知識が必要なことから、この資格取得を思い立った。
 今治タオル工業組合は国内最大規模のタオルの産地、今治市など愛媛県のタオルメーカーで作っている。資格試験はタオルを選び、勧めてくれるアドバイザーを育成するために12年前に始まった。
 試験は年1回で、タオルの歴史から製糸、染色など各工程の専門知識まで幅広く出題される。50問で四者択一式。40問正解で合格だが、合格するのは受験者の半分ていどだという。
 今治市と大阪、東京でも試験があり、タオルの製造、販売からタオル業者の取引先の金融機関職員など幅広い人が挑戦している。原田さんは9月に今治市で受験、1回で合格し、11月に認定証とバッジが届いた。原田さんの合格証の番号は2,745号だった。
 同社は進物に使われる自社ブランドの国産タオルだけでなく、輸入品の飲食店のおしぼりや高齢者施設などで使用する業務用タオルまで幅広く扱っている専門店。今後は従業員にもタオルソムリエの資格を取得させたいとしている。同店の電話は0834-21-1389。