一言進言

今年もありがとうございました

~来年の周南市の漢字は「乱」?~
今年の漢字は「北」だった。北朝鮮のミサイルの脅威や九州北部豪雨など、穏やかでない話題が主流になった。世界を見ると、トランプ米大統領を筆頭に、ヨーロッパなど各地で右傾化が進んだ。排外的な感覚が広がり、不穏な雰囲気が漂っている。日本でも、政府に反対する意見を言うと、すぐに反日のレッテルを張る人たちが横行、ネット社会も乱れている。株価の上昇と裏腹に、人間社会も、自然社会も乱れが目立つ。
ここ、周南地域ではどうだっただろうか。光市は懸案の市民病院の方向が決まり、市民の中に安ど感が漂う。下松市も、英国向け列車の昼間の市内搬送で盛り上がり、こじんまりした地方都市として平穏な空気が流れる。来年4月に迫った市議会議員選挙の無投票が現実味を帯びるほどだ。もちろん両市にも、現体制に対する批判はある。しかし、堅実さに、対抗勢力の出番は作りにくい。
周南市はちょっと違う感じだ。来年2月には新徳山駅ビルがオープン。1年後には豪華な新庁舎も完成する。いかにも華々しい感じだが、市民の中には閉塞感が漂う。そこに市民が参加した実感はない。いくばくかの会議室はできるが、市民が主役になる場面は作れなかった。お役人主導の施策が目立ち過ぎた。極め付きはしゅうニャン市騒動だ。ノリにのった木村市長が、ニコニコして3,000万円も費やしてシティープロモーションとやらを展開している。
16,000人もの署名を集め願望した小ホールは露と消え、ザ・グラマシーは宴会を廃業、市民が集う施設が中心市街地から消えた。ゆめタウン徳山、イオンタウン周南久米と次々に大型店が出店、中心市街地からは人がさらに消えて行った。加えて、しゅうニャン市で調子良く笑いを取っていた木村市長は、防災行政無線工事、新駅ビルの看板で徳山駅を外すなど、失態を繰り返し、議会で陳謝する場面が続いた。町の活性化を願って多くのボランティアがイベントを展開、街中への誘導を試みているが、その活動の中に市職員の姿が少なすぎる。
島津前市長の箱物行政を痛烈に批判して市長になった木村市長だが、大層な箱物のオープンで胸を張る姿に、あれ!と思う市民も少なくない。しゅうニャン市騒動で大きく揺れた周南市。ますます自信満々の木村市政だが、ここらでちょっと立ち止まり、市民の声に耳を傾けないと、市民との間に大きな亀裂が生じる可能性がある。市長の第一の仕事は、行政マンがやりやすい仕事をこなすのではなく、市民が何をすれば喜ぶかを第一義に考える行政マンを育てることだ。私は来年の周南市の漢字は「乱」と予想する。 (中島 進)