一言進言

クラブ松本の灯りが消えた

~時の流れのように~
「3社参り」「5社参り」。35年前、こんな会話が旧徳山の夜の街で使われていた。当時、クラブが5店もあった。わずか人口11万人の街で、クラブが5店は全国でも珍しかった。飲食店の数も人口1人当たりでは全国屈指を誇っていた。スナックのキープ棚には、高級ブランデーがずらりと並び、高級すし店に客が途切れることがなかった。バブルがはじけるまで、徳山の夜の街は不夜城のようだった。
企業の接待交際費は底なしの感があった。官官接待も公然とあり、建設省(現国土交通省)の役人などは公然と接待されていた。三菱銀行支店長だったH氏が音頭を取って、東京に「ふくの会」が結成された。周南地区に勤務した企業幹部たちが、徳山は良かったと、100人近く集まった。
私も数回参加したが、転勤先で周南地区は一番楽しかったと異口同音に語っていた。食べ物も格別おいしいし、夜の街はどこも活気にあふれていたのが大きな要素だ。ゴルフをするにも近場に多数あって、気軽にプレーできた。何しろ転勤時、新幹線ホームに女性たちがずらりと並んで見送ったものだ。
あれから35年。当時を象徴する最後のクラブが灯りを消した。今年になってクラブ松本がクラブ部門を止めた。当時は最高級のクラブとして大企業の社長たちは必ずと言って良いほど集まっていた。中庭の見事なしだれ桜は、高級クラブとしての存在感を見せつけていた。時代の流れと言えばそれまでだが、地域の活力が衰退しているのを肌で感じる。
松本智子ママと閉店後初めて話をした。相変わらずの存在感で、ほっとした。中庭を挟んだモディリアニの方で営業は継続するそうだ。華やかな夜の社交場で、男たちはどんな世界を作っていたのか。商談がまとまる契機になっただろう。友を作る場所になったろう。さまざまなドラマが作られただろう。
徳山最後のクラブは、多くの男たちの情熱を抱え込んで、灯りを消した。(中島 進)

今こそ県政を語れ!

~高校統廃合に物申せ!~
県政と県民の距離は人によって大きく違う。許認可など仕事で関係する人以外、一般の人は、県庁は存在感がない。ひと昔前はパスポートを取るのに県庁に行っていたが、最近は県庁を訪れることもない。ましてや、行政の府として県がどんなことをしているのか知る由もない。そこで、県議会議員が重要な役割を担う。
県道、学校施設、警察関係、国民健康保険なども県の管轄になった。医療関係も許認可など県が大きく絡む。原発計画は国策だが、地元の合意形成は不可欠で、県の意向は重い。野犬対策も県保健所の管轄で、県政が大きく影響している。それらを県民に説明するのが県会議員の役目だが、どんな発言をし、どれほどその役目を果たしているのだろうか。
新周南は周南3市の県議の代表質問、一般質問を取り上げ、どんな問題意識を持っているか紹介している。県議の報酬など使われる税金は各市の市長より多い。周南3市に9人の県議がいる。報酬の多寡で論じる気持ちはないが、地域を担う政治家として、どこまで県政に影響力を持ち得ているか、判断材料が乏しいのは事実だ。例えば、周南地区の高校が統廃合される問題で、どんな関わりを持っているのか、注目したい。
県は生徒数が少なくなるから、高校をなくすと宣言している。現実に近く光丘高は光高と再編統合される。華陵、南陽工も検討対象だ。地域にどんな高校が必要か、どうしたらいいか論議する人も、論議の場面もない。高校教育がいかにあるべきか、県会議員たちの責任は重い。もちろん一番は知事だ。
県知事選の真っ最中だが、一向に盛り上がらない。新人候補は、国政がらみの話が中心で、身近な高校統廃合への提言はほとんど聞かない。現職候補は企業誘致の成果を訴えるが、若者流出の歯止め策に大きな声を出さない。人手不足で、県内の中小企業は悲鳴を上げている。毎月500人以上、減少しているのが山口県だ。
山口県は森林を守ると、県民等しく1人月500円を徴収している。知っている人は少ない。森は守られているのか、猿やイノシシ被害はどうなのか。県政はかくも遠い存在なのだ。周南市には県の総合庁舎がある。以前は県職員も、我が社に顔を出して交流もあったが、最近は全くと言っていいほど関係がなくなった。周南地域の情報を集める気もないのがよくわかる。
幸い、周南地区は港湾関係で県と関係が深い。逆に県に頭が上がらないところもある。しかし市民は別だ。身近に県職員はいないが、県議は市長より身近なはずだ。もっと質問し、要望を出していくといい。県庁と市民との距離感を縮める工夫がより大切だ。知事選挙を機会に、県政を見直す作業が必要だ。そのためにも、とりあえず投票に行こう。(中島 進)

明治維新150年、どう取り組む?

~若者たちが勇気を持てる活動に~
今年は明治維新150年。山口県は盛り上がるだろう。萩や下関方面は特に盛り上がるだろう。史跡や逸話も多いから当然だ。多くの若者が国のあり方を語り、決起し、殺し殺された歴史を刻んできた。外国とのかかわり方が大きなテーマだった。250年も続いた徳川幕府の消滅は想像できない変化だったろう。
歴史はあくまで歴史だ。ある作家は、吉田松陰などはテロリストだったと書く。勝った方は美化されるが、敗者は悪者にされる。会津藩士が明治政府の高官になって書いたものでは、長州藩は野蛮な集団だったとある。戦いで敗れた会津藩士の亡骸を葬ることさえ許さず、放置していたそうだ。農民を組織して兵隊にしていたから、武士道などあるわけなかった。
ともかく、ここ周南地区では維新150年がピンとこない。観光に利用しようにも、これと言った有名な人もいない。しかし、毛利藩内部では佐幕派、勤皇派の争いはし烈で、多くの犠牲者が出た。県は維新150年を観光に使おうと必死だ。材料が乏しい周南地区はどうするか。
まずは市民に地域の大変革の歴史を伝えることだ。行政の仕組みが大きく変わったこと、武士がいなくなってどう生活が変化したか検証すること。世の中の大変化に先人たちはどう対応したのか知ることが、今日の私たちのヒントになるかもしれない。多くの逸材を輩出した背景を探ることも重要だろう。
歴史ものは関心がある人と、そうでない人の差が激しい。歴女が増えたと言うが、少数派だ。子どもたちに維新を伝えるのはさらに難解だ。高杉晋作や坂本竜馬などを通じて維新は語られる。ここ周南地区も維新で大きく動いたことを、わかりやすく明快に解説して見せたいものだ。この地でも、志を持った若者たちが、物を言い、行動していたことが重要だ。
当時日本を動かす中心にいたのは、多くの20代の若者だった。どこにそんなパワーがあったのか。歴史を知ることで、子どもたちに勇気と熱情を感じてもらえるかもしれない。維新150年を、観光ではなく、地域の若者たちへのメッセージづくりとして取り組むのも意味がある。(中島 進)

明けましておめでとうございます

~市民の味方になる新聞を目指して~

明けましておめでとうございます。「日刊新周南」も創刊34年目を迎えることができました。地方紙が全国で姿を消す中、何とか発行を続けていけるのも、読者の皆様、スポンサーの皆様のお陰と心から感謝しています。
ネットが社会を席巻する中、紙の媒体は大小関わらず苦戦を強いられています。しかし、足で拾ったニュース、今の周南を分析してみせること、地方政治、行政の裏側を責任を持って記事にすること、これらネットではできないことを形にするのがローカル紙の役目だと信じて発行を続けています。
コミュニティーが崩壊しそうな時代に、地域の片隅で頑張る人たちを取り上げ、励まし、元気を出してもらうのも大切な役割です。より良い地域社会を作るため、政治や行政には、時には厳しい態度も取ります。また、地域で頑張る事業所や商店がより元気になるよう、情報発信のお手伝いを今まで以上にしていきます。
身近な情報ほどコミュニケーションに役立ちます。「この間、新周南に出てましたね」の一言が、一気に親しみを増していくことを保証します。人と人がつながることが、地域と地域、会社と会社がつながる原点です。地方紙の役目は、事件や悪者捜しが目的ではありません。ネットでの情報がはんらんする時代だからこそ、地味で、コツコツ集めた情報が、大切になると信じています。
近年、投票率が下落し、地方自治、地方政治から民心が離れていることに、地域活力の低下を感じます。市議会報道など、きめ細かい取材を心がけていますが、行政の広報紙にならないよう、弱者に寄り添い、市民の不満を活字にする紙面づくりを心がけていきます。
読みたくなる新聞、読んで得をする新聞、読んで楽しくなる新聞づくりを目指して、社員全員で奮励努力を誓います。2018年も皆様のさらなるご支援を心からお願いする次第です。(中島 進)