一言進言

効果抜群なのか?

「しゅうニャン市」キャンペーン継続
若手芸人たちは名前を売るために何でもする。熱湯に飛び込むし、危険もいとわない。必死だ。多少売れても次々に新人が出る。勝ち残る芸人は一握りだ。それなりの芸を持ってないと生き残れない。鍛えられた芸がいる。
特産品もそうだ。全国に数100万種類はある。その中でブランド化され、恒常的に人気のある商品は数少ない。近くでは宮島のもみじまんじゅう、大分の鶏の空揚げ、博多の辛子明太子など、工夫を重ね、永年培った味と信用は1、2年でできるものではない。ちょっとしたことで有名になってもすぐ忘れられる。
「しゅうニャン市」キャンペーンにまた予算がついた。結局、市職員の人件費も加算すると、7千万円か8千万円か、いや、もっとかもしれない。少し認知度が上がったそうだ。実にうれしいことだ。周南市に住んで良かった。全国に名前が知られ、子どもたちも胸を張って生きていける。鹿児島に行っても、北海道に行っても、周南市から来ましたと言えば、「えーっ!あのしゅうニャン市からですか」と言ってもらえる。
3年間限定ではすぐ忘れられる。どうせなら恒久的にキャンペーンを続けていけばいい。全国の市町村があの手この手で知名度をアップさせる競争をしている。ゆるキャラ競争も激しい。カーリングで北見市は一躍有名になり、特産品も飛ぶように売れているそうだ。
「しゅうニャン市」キャンペーンは、ふるさと納税を増やすのが目的の一つらしい。ならば、もっと徹底的にお金をかければよい。そんなに効果的な事業ならだ。思いつきならとんでもないことだ。
シティープロモーションという実態がわからない言葉が一人歩きしている。市名をブランド化するのか、市の何を売るためのプロモーションなのか。市職員は皆、理解しているのか。予算を難なく通した市議会議員の皆さんは当然よく理解してのことだろう。1億円近いお金を費やす企画がいかにも簡単に通過した。きっと見合った効果を良しと考えているのだろう。立派な議員の皆さんが、まさか税金の無駄遣いなど許可するわけはない。
先日、徳山駅のホームで小学生の女の子が看板を見て、「あっ!しゅうにゃんしだ!」と指差して笑っていた。父親らしき人は、まぁという顔をして、急いで子どもの手を引いて去って行った。ある転勤族の証券マンが、真顔で「周南市はしゅうにゃんしと読むんですか」と聞いてきた。確かに効果はある。もう一度市職員に聞こう。「周南市の誇れるものは何ですか」。(中島 進)