ヘッドラインニュース

下松市議選・投票行動の分析

【金曜記者レポート】投票率過去最低 投票行動どう起こす?

 8日投開票された任期満了に伴う下松市議会議員選挙は42.19%と過去最低の投票率を更新した。これは県内の市町議選でも最低で、6回連続で投票率が低下した。同市は人口の微増が続いているが、有権者の増加と投票者数の減が反比例している。市民の投票行動を分析してみた。(山上達也)

市議選の開票作業=8日、市民体育館

市議選の開票作業=8日、市民体育館

・「議員を出そう」の熱気、必然性低下?

 投票率の低下は候補者数の減少とも比例。多い時で10人もいた大手企業の推薦候補も次第に減り、2006年に東洋鋼鈑が2人を1人に絞り、10年以降は擁立自体を見送った。10年には日立製作所も2人を1人に絞った。10年以降の企業候補は日立と中国電力の各1人だけだ。
 同様に地域推薦候補も減少。ある現職議員は「地域から議員を出す熱気や必然性が低下したのでは」という。もともと議員がいない地域だからといって市の政策展開が遅れるようなことはあってはならないが、たとえば子育て世代は現在の議員報酬月額37万7千円では専業は難しく、リスクを取ってまで出ようとするには至らない側面もある。
 このためか前回も今回も告示直前まで立候補を表明した人は定員の20人で、無投票かというムードが漂い、市民の中には市議選があることをぎりぎりまで知らないという人も少なくないように思えた。

・定数は「2減」が圧倒的

 ではどうしたらいいのか。本紙が立候補者にアンケート調査した議員定数と議員報酬、政務活動費についての回答では、議員定数は無回答を除く19人のうち「削減」10人、「現状維持」8人、「増員」1人。削減の10人のうち削減数は「2人」が8人と圧倒的。一方「現状維持」が8人を占めている。
 議員報酬は現状維持10人、増額7人、減額2人▽月額1万2千円の政務活動費は現状維持13人、増額5人、減額1人だった。
180423t

・問われる選挙啓発のあり方

 市選管側の取り組みはどうか。投票を呼びかける啓発活動は看板掲示など地味で、選挙公報もなく、市民への選挙周知は十分とはいえない。
 選挙公報は市長、市議選で県内13市のうち下松市と美祢市だけが発行していない。発行の要望は市議会の委員会審議でも出ており、市選管の金近正太郎事務局長は「選挙啓発のあり方は検討する」と話している。
 市政は市民のもの。投票率を上げるも下げるも市民一人々々の意識次第。その機運を議会や執行部がどこまで高められるかが問われている。

読んでてよかった。信頼できる地元の情報をお届けします。
【きょうの紙面】
(2)人は山田徳山医師会病院看護部長
(3)逸品はジュニアフローティングベスト
(4)徳山駅ビル―みなみ銀座結ぶ通路に屋根
(4)新南陽L.C.が絵本30冊寄付

▼紙面をご希望の方(購読:試読)
http://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

鉄道部品を一貫製作

スミヨシ下松工場が進出調印
14億円かけ新川に

 下松市西豊井に下松事業所を置く大阪市の鉄道車両部品メーカー、スミヨシ(立川昌司社長)が新川4丁目に建設する「下松工場」の建設協定調印式が24日、市役所で開かれ、立川社長と国井市長が矢敷健治県商工労働部長の立ち会いで協定書に押印した。5月に着工し、来年5月の操業開始を目指す。

握手する左から国井市長、矢敷部長、立川社長

握手する左から国井市長、矢敷部長、立川社長

 下松工場は敷地12,050平方メートル。建築面積は5,121平方メートル。約14億円をかけて建設する。来春閉鎖する広島県三原市の沼田西工場や本郷工場から従業員30人を移転させ、さらに5年間で地元を中心に70人を雇用して鉄道車両のドアや天井を中心に各種部品を製造する。
 下松事業所の現在の年間売上げは約11億円。社員は159人で、日立製作所笠戸事業所で鉄道車両製造に携わっている。新工場は2020年の創業50周年を前に、さらなる発展を目指して部品製作から下ごしらえの完成品までの一貫製作を目的に決めた。
 式のあと記者会見した立川社長は「5年後には下松工場で会社全体の売り上げの3割に相当する約36億円を目指す。地元の工業高校の卒業生を積極的に雇用し、若い人に喜んで働いてもらえる職場を提供したい」と意気込みを見せた。
 国井市長は「技術向上と地域振興、雇用拡大に大きく貢献してほしい」と歓迎した。

読んでてよかった。信頼できる地元の情報をお届けします。
【きょうの紙面】
(2)ヨロシクは乃村日本公庫徳山支店長
(3)お店拝見はオーセム
(3)オープンはじとっこ組合
(4)周南絆映画祭がクラウドファンディング

▼紙面をご希望の方(購読:試読)
http://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

2市巡って特産品当てよう!!

【周南・防府市】スマホでスタンプラリー・12月24日まで

 周南市と防府市の観光連携推進協議会はGPS(全地球測位システム)機能付きのスマートフォンなどを手に両市の観光地など計6カ所を巡るデジタルスタンプラリー「防府&周南ぐるっと満喫コース~歴史・体験・ショッピング」を20日から始めた。5カ所以上巡ると両市の特産品が当たる抽選に参加できる。12月24日まで。
 これは日本自動車連盟中国本部主催の「中国5県×JAFデジタルスタンプラリー2018」の企画で、観光誘客の促進と交流人口の拡大が狙い。

近くに行くとスタンプが押せる=まちのポートで

近くに行くとスタンプが押せる=まちのポートで

 スタンプポイントは周南市の徳山動物園、みなみ銀座のまちのポート、湯野の山田家本屋▽防府市のまちの駅「うめてらす」、英雲荘(三田尻御茶屋)、三田尻塩田記念産業公園。
 参加するには無料のアプリ「iStamp」のインストールが必要で、起動した状態で各所の50メートル以内まで近づけば画面上でスタンプが押せる。
 6カ所のうち5カ所回ると「コンプリート賞」に応募でき、周南市のトラフグちり鍋セットが1人、鹿野高原牧場ギフトが6人▽防府市の天神鱧(はも)1万円分食事券が1人、幸せます詰め合わせが7人にそれぞれ抽選で当たる。
 すべてのスタンプで「フルコンプリート賞」もあり、5人に当たる賞品は周南市内3酒蔵の日本酒と防府市の特産品のセット。
 このスタンプラリーではこのほか周南市の道の駅「ソレーネ周南」など県内全23カ所の道の駅を巡るコースなどもある。問い合わせは周南市観光交流課(0834-22-8372)、JAF広島支部デジスタ係(082-272-0323)へ。

読んでてよかった。信頼できる地元の情報をお届けします。
【きょうの紙面】
(3)お店拝見はシンフォニー
(3)逸品はVavairaの美容液
(5)徳山中央婦人会の近藤会長が退任
(5)徳山高の大学別合格者

▼紙面をご希望の方(購読:試読)
http://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

ツリーまつり、きつねの嫁入り、渚のライトアップ

広島発で3市をバスでめぐる
【下松】周南広域観光協がモニターツアー

 周南広域(光・下松・周南)観光連携推進協議会(弘中佑児会長)の今年度1回目の会合が19日、下松市役所で開かれ、広島発で周南3市を周遊する「SETOUCHIバス旅」や「おもてなし講演会」など新しい企画を盛り込んだ今年度の事業計画を決めた。
 同協議会は周南市の周南観光コンベンション協会と下松、光市の観光協会、3市の観光部門の担当者などで構成しており、弘中会長は「3市が協力して周南広域の観光を盛り上げよう」とあいさつした。

あいさつする弘中会長

あいさつする弘中会長

 事業報告では3市の15カ所のスタンプラリー「まちドラ」に303件の応募があり、県内が83.5%を占めていたことなどを説明。スタンプ押印数では周南市のソレーネ周南が234件の最多で、ザ・モール周南内のくだまつ観光・産業交流センターの218件、光市の冠山総合公園の192件の順だった。
 新規事業のSETOUCHIバス旅は広島駅前発で、夏、秋、冬の3回を予定。モニターツアー形式で、定員は各20人。参加者負担額は1人5千円を想定している。
 夏は8月4日で、徳山動物園、下松市の星ふるまちのくだまつ夏祭り、光市の虹ケ浜海岸の渚のライトアップ、周南市のサンフェスタしんなんよう▽秋は11月3日で、光市の冠山総合公園、下松市のきつねの嫁入り、酒蔵めぐり▽冬は12月8日で、光市の伊藤公資料館、下松市のあかい坊、周南市のかの冬花火、徳山ツリーまつりを回る。いずれも徳山駅で解散する。

読んでてよかった。信頼できる地元の情報をお届けします。
【きょうの紙面】
(2)しゅうニャン市が毎広デザイン賞入賞
(3)話題のエステはプレス・ド・ルポ
(3)逸品は「合格祈願 梅カード」
(4)周南市連合婦人会長に佐久田さん

▼紙面をご希望の方(購読:試読)
http://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

山縣本店が最優等賞

県新酒鑑評会で25年ぶり

 2017酒造年度の県新酒鑑評会の吟醸酒の部で周南市久米の山縣本店(山縣俊郎社長)の「毛利公超特選大吟醸」が最優等賞を受賞した。25年ぶりの受賞で、山縣社長(69)は杜氏の小笠原光宏さん(45)とともに「香りがよくて雑味がなく、味に深みがある最高のものを出品できた」と喜んでいる。

表彰状を持つ山縣社長と杜氏の小笠原さん

表彰状を持つ山縣社長と杜氏の小笠原さん


 鑑評会は吟醸酒の部に16酒造場から40点が出品され、最優等賞1点と優等賞は8場の19点。
 純米酒の部は14場から37点が出品され、最優等賞に「東洋美人純米吟醸山田錦」、優等賞に8場の14点が選ばれた。西都の雫の部は11場の13点がすべて奨励賞になった。
 審査は3月22日に宇部市の県産業技術センター、表彰式は8日に県酒造組合が山口市で開いた山口地酒の祭典の席上であった。
 周南からは優等賞を吟醸酒の部で、山縣本店、「原田」のはつもみぢ、「寿」の中島屋酒造場、純米酒の部で中島屋酒造が受賞。西都の雫の部では山縣本店と中島屋酒造場が奨励賞だった。
 全国的には日本酒の消費量が下がる中、山口県の酒は高く評価されてこの10年、出荷量が増え続けている。その中で山縣本店はこの鑑評会のほかにも純米酒大賞2017グランプリ、ワイングラスでおいしい日本酒アワード2018最高金賞、全国燗(かん)酒コンテスト2017金賞と全国的なコンテストでも入賞を重ねている。
 今回の受賞酒は周南市の農業法人ファームつるの里に減農薬で作ってもらった山田錦と酒蔵の地下100メートルからくみ上げた伏流水を使って杜氏が「米粒一つ一つに全身全霊を込めて醸した一品」。5月の全国新酒鑑評会のあと、特別な酒として販売する。

読んでてよかった。信頼できる地元の情報をお届けします。
【きょうの紙面】
(2)下松市議会議長に中村氏
(3)お店拝見はみなみ銀座整骨院
(4)徳山動物園に坂田玩具店寄付のこいのぼり
(5)児玉源太郎生誕の地に掲示板

▼紙面をご希望の方(購読:試読)
http://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

改ざんは可能!?

【金曜記者レポート】【周南・下松・光】課題多い文書管理 市役所の書類・点数も不明

 国会では連日、財務省の職員による文書改ざんや防衛省がないと言っていた“日報”が存在していた問題が取り上げられ、国民の行政に対する信頼が揺らいでいる。身近な行政機関である市役所の文書管理はどうなっているのか、保管、保存されている文書の改ざんは可能なのか。周南、下松、光市で聞いてみた。結果は何件の文書が保存されているのかも正確にはわからず、改ざんの防止策も4月から周南市が導入しただけにとどまっていた。(延安弘行)

 市が取得、作成した文書などは、周南市は市文書取扱規程と文書編集保存規程、下松市は市文書管理規程、光市は市文書取扱規程に基づいて管理している。
 文書とは、職員が職務上作成、または取得した文書、図面、写真。職員が組織的に持ち得るもので、光市と周南市はコンピューターのデータなど電磁的記録も含まれる。規程には文書の受領・配付、編集、製本、保管方法などが記され、電子決済を導入している周南市はその方法もある。
 ところが周南、下松、光市でも議会から提出を求められたり、情報公開請求があった場合に庁内で作成された決済などの文書を書き換えたり、一部を削除する改ざんや、書類を見つけることができない事態が発生しないとは言い切れない状態になっている。

新庁舎完成で本庁分は整理

 周南市の場合、文書編集保存規程で保存年限は1年、3年、5年、7年、10年、永年に区分され、各課で文書ファイルを作成、規程に基づいて保存年限を決め、年度ごとに保存期間が過ぎた書類は処分しているが、実際にどう処分されているか、調査はしていない。
 1年間は各課で保管し、その後は書庫などに保存されるが、合併前の文書もあり、文書管理を担当している行政管理課も点数も数えていないという。書庫は本庁舎だけでも数カ所あり、どこに何があるかは各担当課が把握している。
 同市では新庁舎の庁舎棟が5月末に完成するが、本庁の各課の文書だけはその年と前年の2年分を除いて庁舎棟内の書庫に移す計画。
 このため3年前からファイリングシステムを導入、これまでは厚みのある簿冊(バインダー)で保管していた書類をかさばらないファイルにする作業をしてきた。
 それでも新庁舎の書庫の容量は限られている。管理を担当する同課では書類を減らすため保存期間を短くするよう見直しも必要と話すが、時期は未定。
 改ざんについては、合併後に電子決済システムを導入しているが、今年4月以後に作成された文書からは上書きなどをすれば履歴が残る仕組みにした。しかし3月までの文書は職員が不正をしないことを前提に管理しており、もし、保管されている文書を職員が改ざん、差し替えたとしても調べる手立てはない。

すべて書類で管理

 下松市でも保管、保存している文書の数は把握できていない。法令に定めがない場合、市の基準で1年、3年、5年、10年、永年の保存期間が定められ、一定期間が過ぎた書類は庁舎裏の総務課が管理する倉庫に収納している。しかし管理は各課に任され、永年保存の書類でも、業務に必要として各課に置かれているものもある。

下松市の書類倉庫

下松市の書類倉庫

 また同市は規程に電磁的記録の扱いがなく、決済を含めてすべて書類で管理しており、パソコンによる書類の作成、Eメールなどデータによる書類のやり取りなどが増える中で課題となっている。総務課では「公文書は請求があれば開示できるよう準備しておきたい」と話し、研修でも呼びかけている。
 改ざんについては各課で保管している場合、その一部を取り替えることは職員であれば可能だが「倫理上ありえないこと。そんなことをしない前提で管理している」という。
 光市の保存期間は1年、5年、10年、永年。コンピューターに文書を登録する文書管理システムがあるが、電子決済などの制度はなく、例えばEメールで届いた書類もプリントアウトして書類として使用、保管、保存している。
 市役所の地下にある書庫や登録システムは総務課が管理しているが、それぞれの書類の管理は各課。各課に文書主任を配置し、毎年夏に前年度で保存期間を過ぎた書類を処分している。
 各課の管理であるため、ずさんな管理だったり、意図的に隠せば書類が見つからないこともあり得る。このため総務課では、情報公開に応えられるよう文書の取り扱いを各課に指導している。

効率化へ情報交換を

 取材前、各市からは「改ざんはできない」という答えが返ってくると期待していたが、改ざん防止の対策はほとんどなく、規程に沿って管理はしているが、実態は各課まかせで、どんな書類がどこにあるのかは担当課以外、詳細にはわからないのが実情だった。
 また保存年限さえ各市で違っていることも意外だった。文書管理は各市共通の課題。情報を交換して効率的で最近の情報通信技術にも対応できる保存、保管方法の確立が望まれる。

読んでてよかった。信頼できる地元の情報をお届けします。
【きょうの紙面】
⑶スミヨシが下松工場新設へ
⑶社長さんは中野譲ナカノ社長
⑶オープンは脱毛専用サロンのハンディア
⑷6月2、3日に周南「絆」映画祭

▼紙面をご希望の方(購読:試読)
http://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

市街地へ安価、安定的に供給

【周南市】
コンビナート送電設備が完工
㈱トクヤマの余剰電力利用

 周南市の㈱トクヤマ徳山製造所(安達秀樹所長)で発電される余剰電力を中心市街地の公共施設などに供給する市の「コンビナート電力送電設備整備事業」が完了した。災害にも強い安定的な電力を安価に受けられ、新庁舎などで使われることになる。16日には市から同社に感謝状が贈られた。

左から上重リーダー、奥野副所長、安達所長

左から上重リーダー、奥野副所長、安達所長

 同製造所には石炭火力自家発電所が5基あり、瞬時最大出力55万2千キロワットのうち余剰電力は7,000キロワット。発電所のうち1基がある東工場が中心市街地に近いことから連携が決まり、2016年2月に両者が共同声明を発表して同年10月から整備を始めて今年3月末に完成した。総事業費は5億1,750万円。
 送電設備は余剰電力のうち3,800キロワットを供給できるようにするもので、工事は同社が請け負い、東工場から市役所まで1.9キロを地下埋没で整備。中継する変電設備のキュービクルも徳山駅南口、北口に設けている。

送電設備整備ルート

送電設備整備ルート

 電柱の倒壊や架空線の断線などの恐れがなく、同社は24時間、365日稼働するために5基の発電所を連結させるなど何重もの停電防止策を取っている。
 この電力は現在、建築中の新庁舎の工事現場へ3月末から供給されているほか、今後は6月25日から業務が順次開始する新庁舎や、秋ごろから新徳山駅ビルと同ビル関連施設、市営徳山駅前駐車場、駅北口駅前広場にも供給される。
 電気代は中国電力に比べて約3割安く、今後8年間で整備費用など市の支出分が回収できるという。また安価な電力を強みに中心市街地への民間施設、企業などの誘致も目指す。
 この日は安達所長と奥野康副所長、上重克己電気計装グループリーダーが市役所を訪れ、木村市長は「電解コンビナートのまちにふさわしい象徴的な取り組みで、大変うれしい」と感謝した。感謝状を受け取った安達所長は「コンビナートを活用したまちづくりに少しでも貢献できたらいい」と話していた。

読んでてよかった。信頼できる地元の情報をお届けします。
【きょうの紙面】
⑶新社長さんは福原淳防長トラベル社長
⑶逸品は増田工作所の増田ゴマ
⑶お店拝見はカラオケスタジオひまわり
⑷「寄り道」は長岡外史公園

▼紙面をご希望の方(購読:試読)
http://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

産業観光ツアー計画決まる

新たにブルーベリー狩り、新徳山駅ビル見学

 周南3市の工場や史跡などを巡る「産業観光ツアー」を運営している周南地域商工会議所産業観光委員会(委員長・畑道規新南陽商工会議所副会頭)が16日、周南市宮の前の新南陽商議所の大会議室で開かれ、今年度は7月24日から10月26日にかけて計21コースで開くなど事業計画を決めた。

昨年のツアー(東ソーの塩山見学)

昨年のツアー(東ソーの塩山見学)


 このツアーは新南陽、徳山、下松、光商議所が2005年度から毎年続け、昨年度は夏休み親子教室と一般の計21コースに432人が参加した。そのうち約97%は周南地域から。応募総数は延べ1,278人だった。
 この日は各商議所とツアーを受け入れる企業などの約30人が出席。計画では受け入れ企業は26社、公共施設は17カ所で、コースは親子教室16、一般5。
 今年度は8月9日の親子教室体験コースの中で下松市来巻の21世紀フラワーファームでのブルーベリー摘み取り、ピザづくり▽8月21日の親子教室鉄道コースで2月にオープンした新徳山駅ビルの徳山駅前図書館の見学も新たに加わっている。
 このほかは酒蔵めぐりコース、昨年度追加されたサッカーのレノファ山口FCの観戦コースなどもある。
 募集は7、8月開催の親子教室は6月に、9、10月の一般コースは7月に受け付ける。

読んでてよかった。信頼できる地元の情報をお届けします。
【きょうの紙面】
⑵《経済》下松署のスピードダウン事業所に11社
⑶《経済》逸品は「大城磯もなか」
⑶《経済》オープンはカシェットヘアビューティー
⑸《社会》高瀬の旬をクイーン祭に3,000人

▼紙面をご希望の方(購読:試読)
http://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

ほかにないサービスを

不動産、投資、車【西京銀行】3分野で“同盟”戦略

 周南市の西京銀行(平岡英雄頭取)は12日、インターネット証券大手の楽天証券(本社・東京)などと連携した新しいアライアンス(同盟)戦略を発表した。既存のものと異なる、ほかにはないサービスを目指した資産運用、マイカーローン、不動産クラウドファンディングの三つに取り組む。
 同行は2018年3月期決算で預金残高は前年比約560億円増、貸出金残高は約340億円増を見込んでおり、特に力を入れている県内での貸出金シェアは17年3月期で21.4%と5年前の約2倍。アライアンス戦略はさらに商品、サービスの向上を図ろうと決めた。
 一つは楽天証券と連携した資産運用サービス。県内の各支店で開くセミナーの参加者を対象に、個別相談を経て同社の2,560本以上の投資信託銘柄から県民に合ったものを提供し、利用者の決めた方針に従ってプロが運用する。
 半年前から周南地区限定で約10回のセミナーを開いて延べ約300人が参加するなどニーズが確認できたため、今年度から県内全域に展開する。
 二つ目はグローバルモビリティサービス(GMS)(本社・東京)のシステムを搭載した自動車を対象にしたマイカーローン。この自動車は返済が滞った場合に遠隔操作でエンジンを停止でき、GPS機能で位置が特定できるので、車両の差し押さえが容易になる。このため車自体を担保にでき、ローン審査を通過できなかった若年層や年金受給者など幅広い利用を見込んでいる。
 2月13日に全国で取り扱いを始めて60件近くの申し込みがあり、そのうち居住地は49%が北海道、勤続年数は51%が3年以内で、生活や仕事に車が必要な人に需要があるとみられている。
 三つ目は賃貸アパート販売などのTATERU(本社・東京)とTATERU Funding(同)と組んだ不動産クラウドファンディングで、インターネット支店の充実も目的。アプリを使って1口1万円の小口投資ができ、来年1月ごろに始める同行の顧客専用商品を提供する。

読んでてよかった。信頼できる地元の情報をお届けします。
【きょうの紙面】
⑶《経済》お店拝見は㈲半田ミシン商会
⑶《経済》商工中金徳山支店で元職員が882万着服
⑷《社会》S.I.新南陽がチャリティーコンサート
⑸《社会》めだかの学校がはがき絵365日展

▼紙面をご希望の方(購読:試読)
http://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

「イタリア製がふさわしい」

【周南市議会】新庁舎の家具再々入札へ

 周南市議会の公共施設再配置及び新庁舎建設に関する特別委員会(古谷幸男委員長)が13日開かれ、2回にわたって入札不調となった新庁舎の待合ロビーなどに置く家具の購入は今後、一部の家具を除外して条件も変えて入札を実施することなどが報告された。
 新庁舎の庁舎棟は5月末に完成、6月から8月にかけて引っ越しを終えた部署から新庁舎で業務を始める計画。
 家具はイタリア製と日本製で、市内業者の指名競争入札で納入業者を決めることにしていたが、3月8日の1回目の入札では指名19社のうち18社が辞退、1社が不参加だった。
 輸入するため前払いが必要なことが辞退の理由だったことから、支払い条件を「前金払いあり」に見直して4月5日に2回目の入札をしたが、応札した4社が予定価格を超えて不調となった。
 同委員会では重国浩之庁舎建設課長らが報告し、今後の入札は家具のうち2期工事のシビックプラットホームで使用するテーブルや椅子は今回の調達予定物品から外すことや、対象の業者を市内から近隣市まで広げることも検討すると話した。
 質疑で長嶺敏昭議員(六合会)は「日本製の調達しやすいものに変えてはどうか」と述べたが、重国課長は「設計者の日建設計からの提案を受けた、新庁舎のデザインと調和のとれたこの家具が最もふさわしいと考えており、再度これで入札をしたい」と理解を求めた。

読んでてよかった。信頼できる地元の情報をお届けします。
【きょうの紙面】
⑵《政治》ヨロシクは下松、光警察署長
⑶《経済》広島銀行下松支店で100周年展
⑶《経済》オープンは焼肉蔵元下松桜町店
⑷《社会》新南陽郷土史会が陶氏研究まとめる

▼紙面をご希望の方(購読:試読)
http://www.shinshunan.co.jp/contact.html