ヘッドラインニュース

末武の住宅にクマ侵入

大型店に近接
2時間後捕獲
「もう1頭」の情報も

 21日午前8時42分ごろ、下松市末武中の末武川にかかる和田橋の近くでツキノワグマ1頭がうろついていると住民から110番通報があり、下松署員が捜索したところ、9時半ごろ望町の民家に逃げ込むのを確認した。

騒然とした住宅の周辺

騒然とした住宅の周辺

様子をうかがう動物園の職員

様子をうかがう動物園の職員

大型店の前で見守る人たち

大型店の前で見守る人たち

180522m

 クマはそのまま縁側に座り込み、同署や市農林水産課、周南市農林課、徳山動物園、下松猟友会のメンバーが住宅を包囲し、11時15分に動物園職員が麻酔銃を撃って同33分に捕獲した。
 住宅内には82歳の女性がいたため2階に避難させた。現場は大型店も並ぶ末武地区の中心部で、一時騒然となり、住宅の隣の大型店にいた客なども心配そうに見守った。
 同署や市農林水産課、県自然保護課によるとクマは雄の成獣で、体長115センチ、体重39キロ。県は学習放獣することも検討したが、地域住民の不安が極めて強いことから午後零時10分に市内で殺処分した。
 近くにクマがもう1頭いたという情報もあり、校区となる中村小は地域住民に見守りを要請した上で全校児童318人を集団下校させた。
 市教委は市内の全小中学校に「下校時間の厳守」や「できるだけ複数で下校する」「クマなどの野生動物に出会っても追いかけたり触ったりしない」と指導を徹底するよう要請した。
 市農林水産課の松井淳課長は「これまで山間部の米川地区だけに流していたクマ警戒情報を今後は市広報などを通じて市内全体にしたい」と対応を見直す考えを明らかにした。
 今年度の県内のクマの捕獲はこれで5件の6頭目。20日には山口市徳地の山中で63歳の男性がクマに襲われて軽いケガをしている。

【きょうの紙面】
(1)橋上型駅舎の下松駅に念願のエレベーター
(1)新駅ビル開業に中心市街地活性化協が意識調査報告
(2)ヨロシクは八木東山口信用金庫遠石支店長
(3)オープンはCHA CHA DO
(5)周南市出身の宮崎進画伯逝去

▼紙面をご希望の方(購読:試読)
http://www.shinshunan.co.jp/contact.html

▼電子版購読は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html