ヘッドラインニュース

7人の偉人イラストで!

伊藤博文、児玉源太郎、長岡外史
JR西日本・周防地区の7駅にパネル

 周南市のJR西日本徳山地域鉄道部は明治維新150年を記念し、日本の近代化に尽力した周防地区に関係する7人の偉人を描いたイラストパネルとポスターを作成した。22日からは、パネルは岩国市の岩国駅、柳井市の大畠駅、柳井港駅、光市の岩田駅、下松市の下松駅、周南市の徳山駅、防府市の防府駅の計7駅で、ポスターは和木町の和木駅から防府市の大道までの山陽本線の各駅で展示している。

お披露目されたパネル

お披露目されたパネル

 他地域に比べて埋もれがちな周防地区の偉人に焦点を当て、明治維新を身近に感じてもらおうと企画した。
 偉人は七つの駅に対応させて描き、岩国駅は奇兵隊総督の赤禰武人▽大畠駅は浄土真宗本願寺派の僧侶の大洲鉄然▽柳井港駅は海防を訴えた僧の月性。
 岩田駅は初代内閣総理大臣の伊藤博文▽下松駅は軍人、政治家で日本のスキーと航空機の父とされる長岡外史▽徳山駅は日露戦争で活躍、台湾総督も務めた軍人、政治家の児玉源太郎▽防府駅は初代群馬県知事の楫取素彦。
 パネルでは各人物のほか、各市の観光地や特産品なども描き、徳山は徳山動物園、下松は笠戸島、岩田は象鼻ケ岬が登場している。
 デザインは周南市のYICキャリアデザイン専門学校の学生が担当。昨年、40人がそれぞれ考案したものを駅に展示して来訪者に投票してもらい、パネルは今春に卒業したマンガ科の北野綾さん、ポスターはデザイン専攻科を今春卒業した横尾広貴さんの作品が採用された。
 22日は徳山駅で各市の観光関係担当職員らが参加してお披露目式があり、徳山駅の杉村誠駅長は「あまり知られていない周防の偉人を知っていただき、たくさんの人に訪れてほしい」と話していた。

クイズが書かれたポスター

クイズが書かれたポスター

 パネルは改札内、ポスターは改札の内外に展示。ポスターには駅にちなんだクイズも書かれ、これに答えると抽選で各市の特産品が計30人に当たる。
 応募は岩国、柳井、徳山、防府駅の改札付近に置かれている応募用紙を各駅の応募箱に入れるか、ハガキに答えと住所、氏名、年齢を書いて、6月30日までに、〒745-0034・周南市御幸通2-28、JR徳山地域鉄道部「維新周防巡り」クイズ事務局に送る。問い合わせは同鉄道部(0834-31-5101)へ。

【きょうの紙面】
(2)ヨロシクは岡本徳山商議所青年部会長
(3)旧日下医院内の雑貨店が移動販売車
(3)防長トラベルが台湾へチャーター便
(5)ACT SAIKYOが中国実業団2連覇

▼紙面をご希望の方(購読:試読)
http://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html