ヘッドラインニュース

FCVの現状や課題

【金曜記者レポート】
燃料電池車 普及に課題
水素ステーションの利用は23台
“水素先進都市”を目指す周南市をレポート

 周南市は“水素先進都市”を目指し、周南コンビナートで副生される水素を活用したまちづくりを進めている。取り組みの一つに水素で動く燃料電池自動車(FCV)の普及があり、市は鼓海の「イワタニ水素ステーション山口周南」を利用するFCVなどを2020年度末までに200台とする目標を掲げているが、3月末時点では23台にとどまっている。FCVの現状や課題などをまとめた。(安達亮介)

3年間で補助金活用9件

 周南コンビナートは国内有数の水素の生産量があり、市は2013年に市水素利活用協議会を設置してコンビナートから生まれる水素を生かしたまちづくりの検討を続け、15年8月には中国地方初の水素ステーションを誘致した。
 このステーションでは市内の液化水素製造プラント「山口リキッドハイドロジェン」からローリー車で水素が運ばれ、1台につき3分で約5キロの満充てんができる。料金は5キロで税別5,500円。満充てん状態からの走行可能距離は約650キロで、これは一般的なガソリン車と同程度の燃料コスト。

周南市が持つ燃料電池自動車

周南市が持つ燃料電池自動車

 燃料電池自動車は現在、トヨタ自動車の「ミライ」と、本田技研工業が官公庁や企業向けにリース販売している「クラリティ フューエルセル」がある。ミライの希望小売価格は税込み723万6,000円だが、国の補助金202万円を活用でき、さらに周南市も補助金50万円を出している。
 FCVの普及へ市は15年度からこの1台50万円の補助を続け、15~17年度で計9件が申請されている。このほかミライ2台を公用車として導入し、クラリティ1台を市民に日替わりで貸し出すカーシェアリング事業に活用している。

車体価格、ステーション数ネックに

 現在、イワタニ水素ステーション山口周南を定期的に利用するFCVは市役所の3台、県庁の1台と事業者7台、個人5台、ディーラー5台の計21台で、そのうち市内は13台。またステーションに隣接する地方卸売市場で使われるFCフォークリフト2台も水素を燃料として利用している。
 当初の市水素利活用計画ではFCVなどの目標数を20年度までに670台としていたが、国が同年度の目標値を全国で4万台と定めたこともあって今年3月に200台へと修正した。しかし現時点では目標が達成できるかは未知数。
 普及が進まない要因と考えられるのがFCVの値段の高さと、県内1カ所、全国でも約100カ所という水素ステーションの少なさ。クラリティのカーシェアリング事業の利用者アンケートでは「乗り心地が良い」「車に不満はない」としながら価格やステーションの少なさを理由に購入へと踏み切れないとする意見が多い。
 しかし国が昨年末に策定した水素基本戦略では、30年度には水素ステーションを900カ所相当に増やし、燃料の水素価格も製造技術確立などで現在の3分の1以下とする目標を掲げており、こうした環境整備が進めばFCVを自家用車の選択肢に入れる人も増えていきそう。
 世界的なガソリン車廃止の動きが進む中、電気自動車へのシフトもみられるが、燃焼してもCO2を排出しないことから“究極のクリーンエネルギー”と呼ばれる水素への関心、期待は高い。
 市は啓発活動のほか各種企業と連携した水素関連ビジネスの創出にも力を入れており、市商工振興課企業活動戦略室室長補佐の重岡保則さん(42)は「FCVは水素利活用のシンボル。普及に向けた取り組みを続けていきたい」と話している。

【今日の紙面】
⑵日本政策金融公庫が飲食店セミナー
⑶山口F.G.、次世代事業部を新設
⑶下松市でふるさと山口企業合同フェア
⑷周南市で船舶模型展始まる

▼紙面をご希望の方(購読:試読)
http://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

monouniver

みなくるはうす光がブランド創設
障害者の“ものづくり”発信
6月30日、7月1日にお披露目と展示即売会

 光市中央のNPO法人キセキ(徳本武司理事長)は障害のある人たちが作った「さをり織り」のバッグなどの作品を「monouniver(ものゆにば)ブランド」として売り出すことになり、お披露目と展示即売会を30日と7月1日午前10時から島田のビーストリートで開く。約200点を発表する。

作品を持つmonouniverのメンバー

作品を持つmonouniverのメンバー

 同法人は障害者の就労継続・移行支援や自立訓練に取り組んで就労継続支援B型事業所「みなくるはうす光」を運営している。今回は同所に通う障害者約20人が「個性や能力を社会に向けて生かそう」と、生産物の販売事業を立ち上げるのにあわせてブランドを創設したもの。monouniverは「ものづくり」と「ユニバーサルデザイン」の言葉を重ねた。
 事業には通所者約60人のうち知的、身体障害者、高次脳機能障害者らが参加し、昨年夏から1年がかりで一点々々手づくりしてきた。バッグやポーチのほか、ストラップ、切り絵、ポストカードがあり、“愛のあるモノ”“やさしいモノ”になっている。
 バッグは2,000~30,000円、ストラップは2,000円、イヤリングは1,000円前後。収益から材料費など経費を引いた残りが通所者の工賃になる。
 会場はスーパーマーケットのアルク島田店前の商店街のビーストリートの空き店舗。お披露目会の終了後も作品を制作するアトリエとして維持する考え。
 monouniver管理者の松下マサヨシさんは「利用者の自己表現をたくさんの人に発信したい。お気軽にお越しください」と話している。
 30日は午後5時まで、1日は4時まで。アルクの駐車場が使える。問い合わせはmonouniver(0833-48-8887)、キセキ(48-9390)へ。

【今日の紙面】
⑵周南市新庁舎で業務スタート
⑶光ギフトセンターが募金百貨店で寄付
⑸光市が海とまちぐるみウエディングで募金
⑹82歳、音羽さんが光市で絵日記展

▼紙面をご希望の方(購読:試読)
http://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

下松市が全国30位

11年連続中四国1位
東洋経済新報社 住みよさランキング

 東洋経済新報社は全国791市と東京都特別区23区の計814市区の都市力を比較した今年度の「住みよさランキング」を冊子「都市データパック」にまとめて発表した。上位常連の下松市は昨年度と同じ30位で、中国四国9県では連続11年で1位になった。
 「住みよさランキング」は病床数や出生数などの安心度▽小売業販売額、大型店店舗面積などの利便度▽下水道普及率、都市公園面積などの快適度▽財政力指数、課税対象所得などの富裕度▽持ち家世帯比率などの住居水準充実度から同社が算出した偏差値で市区をランクづけしたもの。
 1位は7年連続で千葉県印西市で、千葉市に隣接したベッドタウン。2位は名古屋市の隣の愛知県長久手市、3位は仙台市に隣接した宮城県名取市と、いずれも大都市のベッドタウンが占めた。
 以下、4位は茨城県守谷市、5位東京都中央区、6位愛知県大府市、7位茨城県つくば市、8位東京都港区、9位同千代田区、10位千葉県成田市と続く。

180627

 下松市は2011年度の13位が最高位で、14年度22位、15年度20位、16年度18位だったが、昨年度は利便度の落ち込みから30位に後退した。今年度は利便度が昨年度の17位から45位に落ち込んだが、安心度が昨年度の401位から138位に大きく伸びて30位を維持した。
 県内13市のうち100位以内は同市だけ。周南市は昨年度546位から414位、光市も昨年度の534位から458位に上昇した。中四国9県では1位下松市、2位は全国74位の広島県大竹市、3位は同122位の島根県出雲市と続く。
 下松市は財政健全度の評価も高く、人口は1月まで22カ月連続で増え続け、以後は増減を繰り返している。マンション建設や宅地開発は依然盛んで、このランキングの上位の常連であることがセールスポイントになっている。
 国井市長は「わずかな偏差値の違いで順位が大きく上下する中、2年連続で30位を維持できたのは奇跡。さらに住みよい日本一のまちづくりに取り組みたい」と話している。
 「都市データパック2018年版」は6,480円。各書店で販売している。問い合わせは東洋経済新報社(03-3246-5467)へ。

【今日の紙面】
⑶SG競走に23,591人
⑸くだまつ健康パークでプールオープン
⑸下松商議所RAIZAPと連携でセミナー
⑹投稿は田中さんの戦艦「河内」爆沈100周年

▼紙面をご希望の方(購読:試読)
http://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

トマト栽培へビニールハウス

パッケージ支援制度1期生
新規就農の2人に貸与

周南市は「新規就農者パッケージ支援制度」第1期生で、鹿野地区の大潮で今年、就農した今井康貴さん(28)と森光尚大さん(24)にトマト栽培のためのビニールハウスなど栽培施設一式を貸与し、20日、旧大潮小で引き渡し式が開かれた。

ビニールハウスの右から木村市長、森光さん、今井さん

ビニールハウスの右から木村市長、森光さん、今井さん

 同制度は技術研修や農地の確保、住居の確保などをまとめて市が支援するもの。2人は2016年度に認定を受け、防府市の農業大学校の就農支援塾を経て昨年4月から山口市のトマト農家、岩国市のワサビ農家で研修し、ともに3月に大潮で就農した。
 それぞれに貸し出されるのは夏秋トマト栽培用のビニールハウス6棟(計1,560平方メートル)と自動水やり装置、貯水タンクなどで、10月以降にワサビの超促成栽培用設備も貸与する。2人は年間100万円弱の使用料を支払い、10年後に譲渡される。
 トマトとワサビの栽培施設は1人当たり約3,000万円相当だが、残りの約2,000万円分は県、市が負担する。
 式には県周南農林水産事務所、農業大学校、研修を引き受けた農家など約30人が出席し、木村市長が「安心安全な農家としてだけでなく、地域の担い手として地域づくりに参加してほしい」と話して2人に目録を手渡した。その後はビニールハウスの視察もした。
 山口市出身の今井さんは「精いっぱい頑張りたい」、周南市徳山地区出身で熊本県からUターンした森光さんは「壁に当たっても前を向いて進んでいきたい」と意欲を見せていた。

【きょうの紙面】
⑶光で県商議所青年部大会
⑶お店拝見はさきはら整体院
⑷下松でブルーベリーの摘み取り始まる
⑸辰尾神社に東久世通禧伯爵の書

▼紙面をご希望の方(購読:試読)
http://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

「組織風土の変革を」

㈱トクヤマ
横田社長が記者会見
来春採用は71人

 総合化学メーカー、㈱トクヤマ(横田浩社長)は22日、周南市で開いた株主総会にあわせて御影町の徳山製造所(安達秀樹所長)で横田社長が記者会見し、今後の事業戦略の再構築、財務体質改善などを進めるにあたって「組織風土の変革が最も重要なポイント。業務プロセス改善の取り組みは不可欠」と述べた。

記者会見の左から福岡部門長、横田社長、安達所長、小林リーダー

記者会見の左から福岡部門長、横田社長、安達所長、小林リーダー

 株主総会は近くのトクヤマ文化体育館で開かれ、321人が出席した。株主からの質問はなかったという。
 記者会見には横田社長と安達所長、福岡正雄総務人事部門長、小林太郎経営企画室広報・IRリーダーが出席し、2016~21年の中期経営計画の概要などを説明した。
 同計画では組織風土の変革、事業戦略の再構築、グループ経営の強化、財務体質改善の4つを重点課題にあげ、横田社長はこのうち組織風土の変革を「特に重視している」と話して、今年度はシニア社員人事制度の運用、総合人事制度の改定、昨年度に続いての社外人材の積極登用にも取り組むとした。
 また来年度の採用計画も発表。14~17年度はマレーシア事業の特別損失に伴って抑制し、同社単体で特別採用も含めて13~34人だったが、18年度は66人にし、19年度はさらに増やして周南地区34人、地区外37人の計71人にする計画。グループ会社も周南地区内外で計41人の採用を予定している。

【きょうの紙面】
⑵周南市議会、小林議長を再任
⑵小中学校のブロック塀を点検、調査
⑶お店拝見はくるみ薬局
⑸須々万で宝探しワークショップ

▼紙面をご希望の方(購読:試読)
http://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

ペットボトルの行方

【金曜記者レポート】
周南3市が回収のペットボトルは国内の再生業者に

 世界各国から大量の廃棄物を輸入してリサイクルしてきた中国が廃プラスチックなど資源ごみの輸入を昨年12月から禁止し、世界で波紋が広がっている。そんな中、日本国内で市町村が家庭から回収しているペットボトルがどう処理されているのか、周南、下松、光市の現状を調べた。(延安弘行)

日本容器包装リサイクル協会通じて
 PETボトルリサイクル推進協議会のホームページによると、ペットボトルの出荷本数は2004年度は148億本だったが、16年度は227億本と1.54倍に増加、国民1人当たり約200本にもなる。
 日本の2016年度のペットボトルのリサイクル率は83.9%。50万トンをリサイクルしているが、そのうち22万1,000トンが海外、27万9,000トンが国内で再資源化されている。
 ペットボトルの家庭からの回収は3市とも月2回。周南市は独自に、下松、光市は両市で構成している周南東部環境施設組合がいずれも日本容器包装リサイクル協会を通じて民間のリサイクル業者に引き渡している。
 業者はこのペットボトルを粉砕して繊維やシート、ボトルなどの原料に再利用する。
 ただ、周南市、周南東部環境施設組合とも作業は業者に引き渡すまでで、リサイクル業者がペットボトルから実際にどんな製品を作っているかまでは把握していない。
 業者への引き渡しは有償で、金額は同協会がリサイクル業者の競争入札で決める。この収入から有償分供出金、合理化で処理費が想定より少なくてすんだ分から合理化供出金が市町村などに支払われる。

圧縮して保管されているペットボトル=周南市

圧縮して保管されているペットボトル=周南市

周南市は年間300トン前後
 周南市のペットボトルの回収量は11年が355トン、12年が350トン、13年が351トン、14年が303トン、15年が270トン、16年が301トン。減少傾向にあり、市リサイクル推進課ではスーパーマーケットなどでの回収が進んでいることや、人口減少のためではないかとみている。
 回収は、以前はラベルが付いたままでもよかったが、昨年からは、はがして回収に出すように呼びかけている。回収したペットボトルは臨海町の市リサイクルプラザ・ペガサスに集められ、まず人が手で選別し、中身が残っていたり、汚れがあるもの、ペットボトル以外の容器などを取り除く。
 そのあとは圧縮して1個が20キロほどになるよう梱包し、倉庫で保管する。この塊がトラック1台分、420個になるとリサイクル業者に渡し、月3~5回はトラックが取りに来ている。
 昨年度、同市が受け取った有償分供出金は1,393万2,214円、合理化供出金は973万789円になる。

光、下松市は合計240トン前後
 周南東部環境施設組合が処理するペットボトルは、下松市が15年度130トン、16年度134トン、17年度134トン、光市が15年度107トン、16年度104トン、17年度108トン。
 両市は以前からラベルなどをはがした状態で回収しており、光市岩田のリサイクルセンター「えこぱーく」に集められ、ペットボトルは、人の手で異物や袋、汚れたペットボトルなどを取り除いて約17キロずつに梱包。一定量になると業者が引き取りにくる。有償分の供出金約900万円、合理化供出金約670万円を受け取っている。
 日本容器包装リサイクル協会は汚れがないか、梱包が荷崩れを起こしたり、逆に解体できないほど固かったりしていないかなどを基準に回収したペットボトルをA、B、Dの3ランクに分けているが、周南市、周南東部環境施設組合ともAランク。現時点でペットボトル回収については大きな問題は発生していないという。

【きょうの紙面】
⑵笠戸島でバス運賃減額実証実験へ
⑶施設訪問は海風診療所、trèfle plus
⑶銀座アーケードで日除けの鉄柱撤去
⑸住吉中で“子育てひろば”

▼紙面をご希望の方(購読:試読)
http://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

子ども減少で役割終える

下松市の妹背、久保幼稚園
2020年で廃園

 下松市の学校法人妹背学園(井川成正理事長)は久保地区で経営する東陽の妹背幼稚園(奥本剛直園長、30人)と河内の久保幼稚園(同、32人)を2020年3月末で廃園することを決めた。廃園後は同法人も解散する。久保地区の子どもの減少が顕著であることや、子育て世代の多くは共働きで、幼稚園の需要が減り、将来的な経営が見通せないのが大きな理由という。(山上達也)

久保幼稚園

久保幼稚園

妹背幼稚園

妹背幼稚園

 妹背幼稚園は1954年に岩徳線の周防久保駅前に開園。82年に井川さんが理事長に就任して経営を引き継ぎ、85年に東陽に現在の園舎を建てた。
 同法人は89年に笠戸島幼稚園、92年には久保幼稚園の経営も引き継いで3園を経営。ピーク時は妹背幼に240人、久保幼に110人、笠戸島幼に35人の園児がいた。笠戸島は園児の減少で2013年に閉園した。
 同市は人口増が続き、特に子育て世帯の流入が見られるが、久保地区は子どもが減少し、その速度も早まってきた。また幼稚園の民営化や企業主導型の保育施設、市内にはまだないが認定こども園など新しいサービスの展開も始まって、地域に関係なく利用する人も増えた。
 両園の廃園を決めたのは2月。4月に両園で保護者説明会を開き、年少児には年中児修了までの転園を要請し、その際には支度金を支払う方針も説明した。
 保護者からは「園を存続させる努力はしたのか」「2月に決定したのに年度内になぜ発表しなかったのか」などの声が出た。
 これに井川理事長は「多様な検討をしてきたが、結論に至る前に子どもの減少の方が早まり、結論をこれ以上先送りできなくなった」「年度内の発表は入園を間近に控えて唐突で、保護者や園児へのご迷惑が大きく、卒園式などとも重なるため、この時期の発表になった」と答えた。
 井川理事長は「久保地区の就学前の幼児教育対策を、待機児童解消対策と合わせた検討が進むように行政にお願いしたい」と話し、地元の東陽連合自治会の林孝昭会長も「妹背学園には幼児教育だけでなく地域づくりに多大な貢献をいただいた。廃園は残念だが、市にも働きかけて久保地区の幼児教育の灯を消さないようにしたい」と話している。

【きょうの紙面】
⑵市民110人で地域で支え合うためのフォーラム
⑶人は原田志保さん
⑷SGグランドチャンピオン始まる
⑸徳山L.C.が新駅ビルなどに壁掛け時計

▼紙面をご希望の方(購読:試読)
http://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

宅地造成地から土砂流出

下松市東豊井
資金難で工事中断

 下松市東豊井寺迫の宅地造成地が、昨年秋から工事が止まって放置され、雨のたびに土砂が道路に流出する事態になっている。開発業者が資金難から中断したとみられる。業者と連絡がつかず、土砂流出の防止策を取りたい市や県も、対応に苦慮している。(山上達也)

工事が中断したままの造成地

工事が中断したままの造成地

180620m

 問題の土地は下松中央病院や旗岡団地の近くの2920.67㎡。市内の業者が買収し、2016年8月に造成工事に着手、17年12月に宅地9区画が完成する予定だった。
 ところが関係者によると資金繰りが悪化し、下請け業者への支払いも滞ったため昨年秋ごろに工事がストップした。このため造成地内には幅1mほどの川が何筋もでき、地割れもして、草が生え放題。土砂が流出しやすいところには土のうが積まれているが、雨のたびに土砂がたまっている。
 造成地の前は坂になっている市道で、土砂が道路にあふれるたびに「車がスリップしそうで危ない」などの苦情が市に寄せられ、目の前にある下松中央病院の駐車場や隣のガソリンスタンドに土砂が流れ込んだこともある。
 下松小や下松中にも近く、下松駅も徒歩圏内という好立地だが、現地に立てられている県周南土木建築事務所の「開発行為許可済標識」は許可番号や工事期間、工事現場管理者名は隠され、工事の中断を示している。
 市も所有者と連絡が取れないため、勝手に入ることもできず、当面は土砂流出時に市道の管理者として土砂を取り除く応急的な対応を繰り返すだけになっている。
 梅雨に入り、雨量も増すと考えられるだけに早期の解決が望まれる。

【きょうの紙面】
⑵周南市PTA連合会が会長賞
⑶産業観光ツアー夏休み親子教室募集
⑷久米天神山の忠魂碑を修繕
⑸ザ・モール周南で来巻にんにく収穫祭

▼紙面をご希望の方(購読:試読)
http://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

光市役所本庁舎建て替え

特例債で24年度まで?
【光市議会】市川市長・現在地に

建設から半世紀を迎えた光市役所本庁舎の建て替えに、市川市長は国が発行期限を5年間延長した合併特例債を財源に検討していることを明らかにした。14、15日の6月定例市議会の一般質問で答えたもので、小田哲之総務部長も「一般論」と断った上で、来年度に基本構想を策定後、完成までに4、5年を要する考えを示した。
 庁舎建て替えは14日に森重明美議員(公明)と森戸芳史議員(彩り)、15日に萬谷竹彦議員(とうこう会)が取り上げた。
 市長は「耐震改修は困難で、現在地での建て替えは可能ということはすでに判明している」と述べ、基本構想策定によって「手法や規模、建設位置などが目に見える形で議会や市民に一定の試案を示し、多くの意見をうかがいながら判断したい」とした。
 約35億円が見込まれる概算事業費の財源は、合併特例債は「2024年度までの制約があるが、極めて有利な財源だ」と述べ、借入可能額の約123億円のうち借入ずみ額が今年度末で約84億円になるため、最大で残り約39億円が庁舎建設に使えると説明した。
 小田部長は基本構想を今年度と次年度の2カ年で策定し、今年度中に中間報告をまとめる方針を示し、一昨年の熊本地震で庁舎に影響のあった熊本県や福岡県の複数の自治体の視察を検討している。
 さらに「一般論」として基本構想策定後は約4、5年は必要との見通しを示し「合併特例債の発行期限を考えると工期の短縮が可能な設計、施工一括方式の採用が不可欠」と説明した。

【きょうの紙面】
⑵「ソレーネ周南」2年連続黒字に
⑶お店拝見は八木畳店
⑷ねんりんピック山口・美術展で周南の3人が金賞
⑸県高校文化祭。周南市で総合開会式

▼紙面をご希望の方(購読:試読)
http://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

広く深く「東ソー80年史」

40年ぶり社史刊行
新資料、調査も加えて

 周南市で創業し、現在は南陽事業所を置く総合化学メーカー、東ソー(山本寿宣社長)は1935年の創業からハイブリッドカンパニーとなった2015年までの歩みをまとめた「東ソー80年史」(A4判、560ページ)を発行した。社史の編纂(さん)は40年ぶり。「本編」「グループ会社編」「資料編」の3冊で、80年の歩みを振り返っている。

発行された80年史

発行された80年史

 14年に「80年史社史編纂室」を創設して4年がかりで取り組んだ。創業からの30~40年間は資料も限られていたが、地下室や倉庫に埋もれていた資料、国会図書館や各地の資料館などでも調査を進め、前回の「社史40年 東洋曹達」で記載されていない多くの事実も見つけ出したという。
 本編は8章からなる191ページ。創業者の岩瀬徳三郎が当時の都濃郡富田町にソーダ工場の「近代的一大理想工場」建設を目指して「東洋曹達工業」を設立したことから、太平洋戦争とその終戦に伴う会社存続の危機、64年に周南コンビナートが誕生する際には、グループ会社の設立や企業誘致を進め、第2の拠点として68年に三重県四日市市への進出を決定、イランでの石油化学プロジェクトからの撤退、ペースト塩ビなどの石油化学事業や臭素などの機能商品事業の歴史もまとめている。
 各項目の中に関連する年表や史料の写真、図、表、新聞記事などもふんだんに入れてわかりやすく編集している。
 グループ会社編では国内外の70社や鐡興社、新大協和石油化学、日本ポリウレタン工業の合併した3社、労働組合・福利厚生関係などの10団体のほか解散、売却などで“消えた会社”86社も載せている。182ページ。
 資料編は会社概要や事業所の今昔、研究所の変遷、環境史上の出来事、歴代役員一覧、財務諸表、株主の変遷など経営指標、年表も掲載している。187ページ。
 80年史社史編纂室主筆の鈴木慈雄さんはあとがきで、できるだけ多くの現役世代に「広く読み、深く学んでもらう」ために“取っつきやすさ”を正確さとともに使命の第一とし、一つの事業を原則見開き2ページに収めて、そこだけで全体像が把握できるよう努めたと説明している。
 3冊をセットでハードカバーのケースに収めている。非売品で、15,000部発行して従業員やOBに配っている。

【きょうの紙面】
⑶お店拝見は補生堂漢方薬局
⑷徳山東RCがカナダ語学研修生激励
⑸7月1日に県内初のプロ修斗公式大会
⑹W杯コロンビア戦でパブリックビューイング

▼紙面をご希望の方(購読:試読)
http://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html