ヘッドラインニュース

多彩な体験ブース大盛況

キッズキャンプ、マルシェも

 周南市の徳山駅前賑わい交流施設と徳山商店街などで11日、初の「クリエイティブキッズキャンプ」と第9回「徳山あちこちマルシェ」、YICキャリアデザイン専門学校学生作品展が開かれ、子ども向けの多彩なブースが並んだキッズキャンプは順番待ちの行列ができる人気。マルシェはこの集客効果もあって主催者発表で約4,000人が訪れた。

大にぎわいのキッズキャンプ会場

大にぎわいのキッズキャンプ会場

サッカーロボットの大会

サッカーロボットの大会

 マルシェは実行委員会(松本健一朗委員長)の主催で、学びと体験をしてもらおうとハンドメイドやアクセサリーづくりなどの体験、ワークショップを中心に35ブースが並び、ポニーの触れ合いコーナーなどもあった。
 キッズキャンプは実行委員会(斉藤寛和委員長、5人)の主催。賑わい交流施設の交流室の2室を主な会場に、徳山高専や徳山大学の学生などが運営するロボット製作やレザークラフト、ミニ畳、ハーバリウムづくり、VR(仮想現実)ボートレース体験などの21ブースがあり、夏休みの子どもたちが親などと訪れ、開始時間の午前10時の約1時間半前から行列ができた。
 会場で作ったサッカーロボットでペットボトルのふたを相手の陣地に入れ合う競技大会もあって盛り上がっていた。
 斉藤委員長(42)は「予想以上に多くの人が訪れ、楽しそうにしていてうれしい。要望があれば来年もぜひやりたい」と話していた。

ミニ畳を作る子ども

ミニ畳を作る子ども

レザークラフトを体験する親子

レザークラフトを体験する親子

【きょうの紙面】
⑵徳山高専生が職業人13人と対話
⑷3市で全国中学校体育大会出場者を激励
⑷マツノ書店、松村久さん逝く
⑸沖縄戦の体験学ぶ会

【お盆の休刊のお知らせ】14~16日は休みます。 次の発行は17日(金)

▼紙面の購読:試読の方はこちら
http://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
http://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html