一言進言

ミーハーになった国会議員

カジノ、議員増で国が変わる?

西日本豪雨で中国地方は大打撃を受けたが、そのさなか、国会では参議院の定数を6人増やし、カジノ法案を強引に成立させた。人口減少で地方の将来は暗雲漂う中、参議院議員を増やす。地方議員のなり手も激減しているが、国会議員だけは増やす。こんな感覚の議員をいくら増やしても、地方が救われるとは思えない。感性が鈍くなっているとは思っていたが、ひどすぎる。増やせば地方創生の妙案でも浮かんでくるのだろうか。
カジノ法案に至っては、我が国をどんな国にしたいのか、全くわからなくなった。ラスベガスはじめ世界中にカジノがある。製紙会社の御曹司がカジノにはまって50億円負けたニュースは、そんなに古い話ではない。品がないにもほどがある。カジノで世界中から観光客を呼び込むそうだ。雇用を増やすとも言う。これ以上、人手不足を増やすと言う。和食が世界遺産に認定され、さすが日本と胸を張ったのもつかの間で、世界どこにでもある国になった。
今年は明治維新150年。欧米の圧力に屈することなく、植民地にならず独立国家を樹立した維新の志士たちが聞いたらどう思うだろうか。日本独自の精神と美学が今、世界で受け入れられている。和食が認められたのもその一つだ。日本酒がアメリカはじめ世界中で売れている。日本食レストランが急激に増えているからだ。
1億総ミーハーになったといつも書いているが、国会議員までがみんなミーハーになった。公明党までがミーハーになった。カジノ、カジノと浮かれている国会議員を子どもたちは尊敬できるだろうか。都合で定数を増やす国会議員を見て、立派と思うのだろうか。
残念ながら法案は成立した。過去そうであったように、数年後には国民の大多数は忘れてしまう。昔からあったかのように、当たり前になる。直接、生活に関係しないから特にそうだ。悪法も一度できるとそれが正義だ。たとえ政権が変わっても、動き出してしまったら廃案なんかできもしない。
こんな小さなローカル紙が嘆いても、大勢に影響はないが、それでも腹が収まらない。今大切なのは少子化対策だ、一票の格差ではない。議員の数を増やす理由はどこにもない。観光客を増やす目的はお金だけではない。日本の素晴らしさを知ってもらい、日本人の精神を世界に発信する機会を増やすためだ。美しい国・日本を作ると言ったのは、一体誰だったのか。カジノはその象徴なのか。(中島 進)