ヘッドラインニュース

周南市旧庁舎の活用は?

[金曜記者レポート]
市教委→売却 上下水道局→倉庫 徳山港町庁舎は作業場に

 周南市はこれまで9カ所に分散していた市庁舎から岐山通の新庁舎への移転を8月までに終え、旧本庁舎の解体も始まった。あとに残った仮庁舎として使われていた建物やこれまでの庁舎はどうなっているのか、主な旧庁舎を調べてみた。(延安弘行)

 まず新庁舎を建設中、仮庁舎として借りていた銀座の旧近鉄松下百貨店はすでに返却。徳山駅前再開発準備組合が進める再開発事業の対象区画に入っており、2022年度の完成を目指す再開発に向けて解体を待っている。
 市が所有する建物では、売却が予定されているのが毛利町の市教育委員会の建物。1957年に建てられ、敷地面積は660平方メートル、2階建てで、延べ床面積は723平方メートル。
 施設マネジメント課によると、老朽化が進み、市役所庁内に利用の希望がないことから、10月1日に行政財産から売却が可能な普通財産に移し、今年度中に入札方式で建物ごと売却する方向で作業が進められる。
 そのほかの建物は再利用や継続使用中。新庁舎近くにあり、仮庁舎別館として契約監理課などが入っていた旧勤労福祉センターは、新庁舎の会議室などがあるシビックプラットホームが完成する来春まで、市民利用会議室として6部屋を貸し出している。
 70年の建設で地下1階、地上5階、延べ床面積は2,290平方メートル。来春以後は解体して中央図書館の駐車場にする方針だが、時期や駐車場の規模もまだ決まっていない。
 地域振興部、経済産業部が入っていた徳山港町の徳山港町庁舎は96年建設と比較的新しく、2階建てで延べ床面積は1,596平方メートル。
 現在は市教委が管理し、土器など市内で発掘された埋蔵文化財の整理、修復などの作業場として使われている。また一部は周南保護区保護司会の更生保護サポートセンター、県農業共済組合の周南支所として貸し出している。
 速玉町の上下水道局だった建物は59年の建設で、4階建て、延べ床面積は2,831平方メートル。現在も管理は上下水道局だが、1、2階を中心に市長部局の書類の倉庫として使われている。
 旧新南陽市役所の庁舎で、新南陽総合支所と建設部の建築課、道路課、河川港湾課が入っていた富田の新南陽庁舎は60年の建設で、4階建て、延べ床面積は5,454平方メートル。新南陽総合支所もすでに古市のイオンタウン周南の仮庁舎に移り、間もなく市消防本部の西消防署建設のため取り壊しが始まる。

旧近鉄松下百貨店

旧近鉄松下百貨店

仮庁舎別館(旧勤労福祉センター)

仮庁舎別館(旧勤労福祉センター)

旧市教委

旧市教委

旧徳山港町庁舎

旧徳山港町庁舎

旧新南陽庁舎

旧新南陽庁舎

旧上下水道局

旧上下水道局

 それぞれの事情から解体されたり、売却や貸し出されたりとさまざまだが、旧上下水道局は倉庫以外に有効な利用方法はないのか、議論の余地がありそう。
 旧市教委は徳山小や緑と文化のプロムナードの隣接地。売却後も文教地区にふさわしい利用が望まれる。旧徳山港町庁舎も市民活動団体の拠点にできないかなどを検討し、市民の財産としてより有効に活用したい。

【きょうの紙面】
(2)下松市観光・産業振興協議会発足
(3)1日から「素敵なブックマーク」配付
(3)1日、徳山あちこちマルシェ
(4)周陽中が科学の甲子園ジュニア出場

▼紙面の購読:試読の方はこちら
http://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
http://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

県ビジネスプランコンテスト

伊藤(光市)が優秀賞
レンタックス(周南市)に特別賞

 県とやまぐち産業振興財団主催の県ビジネスプランコンテスト2018の表彰式と発表会が17日、山口市の山口ゆめ花博会場で開かれたやまぐち産業維新展であり、周南から光市浅江の伊藤(伊藤栄次社長)が優秀賞、周南市今住町のレンタックス(藤井一之社長)が特別賞を受賞した。
 このコンテストは経済団体などの推薦を受けた6団体が出場。最優秀賞は山口市のArchis(アーキス)の海外の富裕層に向けた世界一高い日本酒「夢雀」の生産販売だった。
 優秀賞は2社で、脚立や階段の滑り止め「くつ底キャッチャー」を開発した伊藤は「大手脚立メーカーと共同開発部材のOEM供給に向けた一貫製造体制の確立」で受賞した。もう1社は周南市にも店舗があるユニホームなどの防府市の原田で「企業独自ユニホームデザインを核とした企業ブランド化ビジネス支援事業」。

発表する藤井さん

発表する藤井さん

 「すおうらんぷ」のブランド名でオイルランプの販売、貸し出し、イベント演出を手掛けているレンタックスは「ゆっくりした時間が在ってもいいと思う。」をコンセプトに団体、企業のイベントをサポートする「150年前の灯からの空間演出」で受賞した。
 入賞団体は10月19日に福岡市の福岡国際会議場で開かれる九州・山口ベンチャーマーケットに出展する。

【きょうの紙面】
(2)県消防操法大会で末武分団が優勝
(2)光市議会委員会で陳情者が説明
(4)山崎八幡宮で本山神事
(5)下松手づくり絵本全国コンクール

▼紙面の購読:試読の方はこちら
http://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
http://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

「山口ゆめ花博」庭のパビリオンゾーンで注目

「おひるねの庭」「オセロの庭」
「健康の庭」にも周南の企業

 山口市の山口きらら博記念公園で開かれている第35回都市緑化やまぐちフェア「山口ゆめ花博」の“庭のパビリオンゾーン”には造園業などの県内外の37団体が「末来提案の庭」など5つのテーマに基づいて多彩な庭園を作っている。コンテストもあり、周南の造園業者の二つの庭が銀賞を受賞している。
 テーマは「末来提案の庭」のほか「造園の技と美の庭」「暮らしを彩る庭」「お茶する庭」「自治体出展の庭」。コンテストは金、銀、銅賞があり、金賞は7、銀賞12、銅賞13。ほかに審査員特別賞に1庭園が選ばれている。
 光市室積の繁農園(繁徹範社長)と下松市望町のガーデランドすえたけ(堀内正昭社長)は暮らしを彩る庭エリアに「おひるねの庭」を出展。
 これは家族や仲間と寝転がれる庭で、ゆっくりとくつろげる木製のガーデンベッド、寝転がれる芝生もあり、水の流れも作って水の音を聞いてリラックスできるようにしている。
 光市宮ノ下町の周陽ガーデン(堂山利通社長)と周南市東一の井手のマサオカ創建(正岡道啓社長)は末来提案の庭エリアに「オセロの庭」を出展。円盤状やアーチ型の黒と白の造形物を配置し、黒い部分にはチョークで落書きすることもできる。

おひるねの庭

おひるねの庭

オセロの庭

オセロの庭

 「子どもたちが遊び、何かを発見していくような庭になれば」と造り、登ったり、跳ねたり、座ったり、くぐったり、のぞき込んだり、描いたりできる空間になっている。
 末来提案の庭にはこのほか山口大学医学部・医学部付属病院と県造園建設業協会が共同出展した「“健康の庭”Re Garden:リ・ガーデン~実家のお庭に、新しい命を。」があり、審査員特別賞を受賞した。これには下松市の周南造園(河村健司社長)など同協会開発チームの5社が参加した。

健康の庭

健康の庭

 このほか下松市に住宅展示場がある防府市の原工務店など4社が協力・協賛して、原工務店は木製のスモールハウス、デッキと椅子型ブランコを制作している。
 スモールハウスは人と接して語れる場、デッキは世代交流のデッキで、周囲には車椅子でも庭いじりができる「高さのある花だん」やハーブガーデン、歩いて足裏を刺激するための玉砂利が敷かれた池、いろいろな高さの石の椅子などがあり、日常の暮らしの中で健康を維持増進できる設計になっていて人気を集めている。

【きょうの紙面】
(2)下松市で子育て世帯対象のプレミアム商品券発売
(3)バイクフェスに400人、交通安全も
(3)30日に2018光まつり開催
(5)24時間リレーマラソンに75チーム1,130人

▼紙面の購読:試読の方はこちら
http://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
http://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

77日ぶり全面復旧

JR岩徳線 櫛ケ浜―周防高森間運転再開

 7月の西日本豪雨による災害で運行ができなくなっていたJR岩徳線が22日、77日ぶりに全面復旧した。最後まで不通が続いていた周南市の櫛ケ浜駅と岩国市の周防高森駅の間がこの日から運転を再開したもので、周南市の勝間駅では熊毛自治会連合会(住田宗士会長、147自治会)主催の全線運転再開歓迎イベントが開かれた。
 岩徳線は7月7日未明の雨で土砂が線路に流出したり、線路を支える盛り土が崩れて不通になり、バスによる代行輸送を続けてきた。
 当初は全線開通は10月中と見通していたが、工事が順調に進んでまず8月20日に岩国―周防高森駅間で再開し、残る区間がこの日に完工した。

列車を歓迎する園児や住民ら=勝間駅で

列車を歓迎する園児や住民ら=勝間駅で

 勝間駅では午後0時20分に着く徳山行き下り列車に合わせて歓迎イベントを開き、プラットホームは住民や近くの勝間保育園児16人など約200人でいっぱい。木村市長、小林雄二市議会議長や地元の尾崎隆則副議長も参加。JR西日本広島支社の北野真支社長も訪れた。
 列車がホームに入ると拍手が起こり、園児たちは「周南市」の旗を振って歓迎。発車時には「行ってらっしゃい!」と拍手で送り出した。
 勝間駅は1日平均の乗降客数が2013年以降、170人台で安定している。
 北野支社長は「長らくお待たせして申し訳なかった。復旧工事では路盤の強化など災害の再発防止策も徹底した。皆さんの足として活用してほしい」と話し、住田会長(69)も「通勤や通学、買い物など住民の足がこれでようやく回復した」とほっとした表情だった。
 岩徳線の運転再開で県内のJRは豪雨以降、全線が通常運行に戻った。

【きょうの紙面】
⑵笠戸島ハイツ来年春から2年休館
⑶㈱トクヤマ、創業者のひ孫が来訪
⑶machi-moriに奨励賞
⑸周南愛球会が全日本還暦軟式野球大会へ

▼紙面の購読:試読の方はこちら
http://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
http://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

野犬問題その後〜遠い解決〜

[金曜記者レポート]
譲渡にはSNSが貢献
繁殖続き、減らない!

 周南市の周南緑地公園などに野犬が数多く出没するようになって久しい。県周南環境保健所は市と連携しながらパトロールや捕獲、その後の譲渡活動に努めている。しかし対策に本腰を入れる前ほどではないとみられるものの目に見える形で減らすまでには至っておらず、昨年に続いて今年も住民が野犬にかまれる事件も起きている。野犬対策の取り組みと現状を追った。(安達亮介)

県外への譲渡多数

 県周南環境保健所は巣穴周辺や情報提供があった場所を職員2人体制でほぼ毎日、パトロールしており、網やおりを使って捕獲に取り組んでいる。下松、光市も管轄しているが、捕獲場所はほとんどが周南市となっている。
 捕獲は職員5人が担当しているが、ほかの業務もある中での取り組みで、対応しきれない場合もあり、市職員ともパトロールなどに連携して進めているという。
 捕まえた野犬は県動物愛護センターのホームページに写真や大きさなどの情報が1週間掲載されたあと同センターに移送され、その後も引き取り手が見つからない場合は殺処分される。
 2016年度の捕獲数は858匹で、そのうち737匹が譲渡。17年度は1,032匹を捕獲して894匹は新たな里親が見つかった。地元の個人や愛護団体が里親になるほか、フェイスブックなどのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)で情報が拡散され、関東など遠方から引き取りに来るケースも多いという。

5月に散歩中の女性かまれる

 昨年8月には緑地公園内の市野球場付近でランニング中の女性が野犬の群れに囲まれてかまれる事件があった。今年5月には久米で散歩中の女性も4匹の野犬に追いかけられた末にかまれた。それぞれ軽傷だった。
 市は現在、久米の現場近くにおり状の捕獲器を設置。捕獲器は自治会や市民へ数カ月貸し出し、17年度は42件、今年度は8月末までで14件の利用がある。
 しかし夜におりに入った野犬は吠え続けることから、近隣には騒音となり、地域の理解が得られないと設置そのものが難しいという課題もある。
 市には「追いかけられた」「子どもが生まれている」など野犬への苦情や相談も多く寄せられ、17年度は野良猫に関するものも含めて282件、今年度は8月末までで166件にのぼっている。

むやみな餌やりは禁止だが…

 周南緑地公園は広く森林などもあるため住みかが確保され、車で訪れることもできるため、犬を遺棄したり、むやみな餌やりをしやすい環境にあり、多くが繁殖で増えていると考えられている。

周南緑地公園東緑地の野犬の群れ

周南緑地公園東緑地の野犬の群れ

 市は「市空き缶などのポイ捨てその他の迷惑行為禁止条例」でむやみな餌やりを禁止しているが、今も餌やりをしている人を見たという情報も寄せられている。
 市環境政策課の山田将之生活衛生担当係長は「地域の理解も得ながら、良好な生活環境に向けて保健所とも連携しながら取り組んでいきたい」と話している。

【きょうの紙面】
(2)徳山駅前再開発、ホテルは13階建てに
(3)人は㈱トクヤマ協力会長の近森さん
(4)遠石八幡宮で御神幸祭で赤子参り
(5)光市で福井国体、障害者大会壮行会

▼紙面の購読:試読の方はこちら
http://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
http://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

「若者育てたい」

石巻市のIT企業、イトナブがオフィス開設
周南市と進出協定

 宮城県石巻市のIT企業、イトナブ(古山隆幸社長、4人)が周南市若宮町に周南支部を設けることになり、18日、市役所で進出協定書の調印式があった。市が昨年11月に設けた「情報・通信産業等支援補助金」も初めて適用される。

木村市長と協定書を持つ古山社長(右)

木村市長と協定書を持つ古山社長(右)

 同社は2015年の設立。ITシステム開発などのほか、若者の育成にも力を入れ、設立前の12年からアプリ開発イベント「石巻ハッカソン」を続けている。
 今年3月にこのイベントの周南市版が徳山駅前賑わい交流施設で開かれて古山社長(37)が指導にあたったのをきっかけに進出が決まった。同社が支部を作るのは初めて。
 支部は10月からコワーキングスペース「カラム」内に設け、スマートフォン向けアプリの開発などの受託事業や、プログラマーと会社のマッチングの仕組みづくりなどにも取り組む。当初は同社から移る1人や地元採用も含め5人を雇用する。
 適用される補助金は中心市街地への都市型産業の立地促進、雇用創出などが目的。3年にわたって通信回線使用料や賃貸料、研修費(1年目のみ)の2分の1以内を年額上限2千万円、新規の地元採用1人につき人件費30万円以内(同一従業員に1回限り)を年額上限3千万円で交付する。
 この日は市役所で県商工労働部の坂田和彦企業立地統括監を立会人に、市と同社の調印式が開かれた。木村市長は「若者を中心とした雇用創出、地域経済活性化につながるものと期待する」と述べた。
 県内への企業誘致は今年に入って同社が20件目になる。
 古山社長は周南市であったハッカソンに参加した徳山高専や徳山大学の学生から「プログラムをどう生かせばいいかわからない」「表現する場がほしい」という声も聞いたと振り返りながら「事業を大きくしながら若者たちを育てていきたい」と話していた。

【きょうの紙面】
(2)周南市中心市街地活性化協が市に提案書
(3)笠戸島介護センターで復活・2周年祭
(4)(5)カラー特集“ドローンde空から訪問”は周南市の永源山公園から

▼紙面の購読:試読の方はこちら
http://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
http://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

オープンは10月13日

ゆめタウン下松 専門店街も同時に

 広島市を本社に置き、中四国、九州などで大型ショッピングセンターなどを展開する流通大手のイズミ(山西泰明社長、本社)は18日、下松市中央町の旧ザ・モール周南跡に開設する“ゆめタウン下松”(浅木典夫店長)のオープン日を10月13日にすると発表した。午前8時40分から1階正面入り口でテープカットセレモニーがあり、9時にオープンする。

外装の改修も進むゆめタウン下松

外装の改修も進むゆめタウン下松

 同社は8月1日に所有権を西友から取得。店舗は地下1階、地上5階建てで、敷地面積は56,900平方メートル、店舗面積は20,500平方メートル。駐車場は2,000台。
 旧西友下松店部分を「食品館」に改装し、旧西友専門店街57店のうち、改装していた10店前後もこの日に合わせてオープンする。
 レストラン街の食遊館は18店中、閉店した1階の4店の跡はフードコートを来年春オープンさせる。地元専門店の星プラザ(42店)、複合映画館のMOVIX周南、ヤマダ電機はこれまで通り。
 年中無休で、営業時間は午前9時から午後10時まで、10月5日に関係者で完工式を開く。電話は0833-45-3033。

【きょうの紙面】
⑵地価調査・下落幅縮小続く
⑷藤本君、全日本少年少女なぎなた大会準優勝
⑸徳山東R.C.がタイの40小学校に浄水器
⑺TV「プレバト!!」に俳句甲子園優勝の徳山高生

▼紙面の購読:試読の方はこちら
http://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
http://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

「山口ゆめ花博」開幕

周南市の日の餅まき盛況

 第35回全国都市緑化やまぐちフェア「山口ゆめ花博」が14日から始まり、15日は「周南市の日」で、森のピクニックゾーンに周南市を紹介するブースが登場。ステージではしゅうニャン市特命アンバサダー「Lino」さんの歌や市職員のしゅうニャン音楽隊の演奏や餅まきなどがあった。

クライミングタワーと左は日本一高い木のブランコ

クライミングタワーと左は日本一高い木のブランコ

盛り上がる「周南市の日」の餅まき

盛り上がる「周南市の日」の餅まき

光紙芝居のメンバー

光紙芝居のメンバー

花の谷ゾーン

花の谷ゾーン

しゅうニャン音楽隊の演奏

しゅうニャン音楽隊の演奏

19市町の花通り

19市町の花通り

 山口ゆめ花博は県の明治維新150年プロジェクトの中核イベントで、11月4日までの52日間。山口県の1千万本の花が咲き、日本一長い竹のコースター、高さ30メートルの日本一高い木のブランコ、手と足をホールドにかけながら登るクライミングハイタワーも作られている。
 庭のパビリオンゾーンには「健康の庭」もあり、維新体験館や華道家の假屋崎省吾さんの高さ7㍍もある作品「ゆめ花の宴」も展示している。会期中は1751のイベントと体験プログラムがあり、周南地区からの参加も多い。
 市町デーは、15日は周南市のほか柳井市と萩市の日もあり、雨も降るあいにくの天気だったが、たくさんの人が訪れてにぎわった。
 周南市は徳山動物園のウサギやモルモットが出張したミニ動物園が人気を集め、子どもたちはウサギを抱いて大喜びだった。
 競艇のボートや水素自動車も展示し、ボートに乗るVR(仮想現実)の体験もあった。鹿野ファームのソーセージ、ベーコンなどの試食販売、鹿野地区が神社のおみくじの産地であることにちなむおみくじのコーナーも関心を集めた。
 中でもステージからの餅まきは大盛況で、木村市長やLinoさんが力いっぱい投げ上げる餅を子どもも大人も懸命に拾っていた。
 近くの「みんなのガーデンハウス」のコーナーには工作などのブースが並び、光市の光紙芝居の発表もあって子どもたちが見入っていた。

【きょうの紙面】
(2)下松市が防災無線改善など検討
(3)ヨロシクはポータルハートサービスの篠田さん
(4)三井小全児童が参加して地区敬老会
(5)須々万3団体が交通安全マスコット

▼紙面の購読:試読の方はこちら
http://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
http://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

この夏の暑さ、どう乗り切った

[金曜記者レポート]外で働く人たちはこの夏の猛暑をどう乗り切ったのか
猛暑克服に空調服大人気!
働く人の暑さ対策
作業員は4~5ルットル水分常備

 この夏の暑さは格別で、周南3市でも気温が35度を超えることは珍しくなかった。熱中症で緊急搬送される人も多く、死者もあった。そんな中、外で働く人たちはこの猛暑をどう乗り切ったのか。さまざまなグッズも売り出される中、対策や工夫を追ってみた。(山上達也)

胸や背中冷やすフリーザーベストも

 どんなに暑くても建設工事や道路工事は工期厳守で作業を進めなければならない。周南市栗屋の建設業、いしまるの石丸篤志社長は「人間の生命より尊いものはない。作業員の安全確保には最優先課題で取り組んできた」という。
 同社がこの夏、暑さ対策で導入したのは空調服。薄手のジャンパーの両横腹に直径12センチの換気扇が取り付けられ、これを回し続けることで上半身全体に風がいきわたって体温の上昇を抑制する。
 空調服は1着3千円前後から2万円台までさまざま。売れ筋のため品薄の作業服店も多く、インターネット通販で買う業者や作業員が増えているようだ。
 下松市末武下の周南建設は3年前から空調服を導入しており、今年からは保冷材で胸や背中を直接冷やせるネット状の“フリーザーベスト”も導入。さらに頭部の暑さ対策にヘルメットの中に保冷剤を固定して着用することも勧めている。

換気扇がついている空調服(周南建設)

換気扇がついている空調服(周南建設)

 竹中喜久美社長は「どんなに高い技術を持つ熟練の作業員でもこの猛暑には勝てない。考え得る限りの対策を取って作業員の安全を守っている」と話す。山本義昭工事課長も「暑さを乗り切らないといい仕事はできない。空調服もフリーザーベストも大変助かっている」という。
 両社とも作業には1人4~5リットルの水分を持たせ、状況に応じて仮設トイレも設ける。最近は軽トラックの荷台に固定したレンタルの仮設トイレもあり、設置や撤去が容易だ。

郵便バイクに保冷性水筒積み込み

 郵便配達の人たちはどうか。下松市の下松郵便局総務課は「配達員には保冷性のある水筒に水分を入れてバイクに積み込むよう指示している」という。
 局内には配達員の出発時や帰着時に配る塩飴を備えているほか、管内の特定郵便局では郵便物の回収などで立ち寄った際は、冷たい飲み物を出して適度の休憩をとらせている。
 同課は「基本的にバイクで走っている時はいいが、住宅密集地ほどバイクから降りて歩く距離が多くなって熱中症になりやすい。水分と休憩を定期的にこまめに取ってもらうしかない」という。
 建設業や郵便配達だけでなく、暑さ、寒さにかかわらず外での仕事となる業種は多い。そのどれもが世の中になくてはならないもの。厳しい条件の中で働く人たちへの敬意と感謝を忘れてはならないだろう。

【きょうの紙面】
(2)笠戸島ハイツ来年3月で休館
(3)人はサマンサジャパン取締役、中村さん
(4)吉木さんが「邪馬台国26ⅩⅩ」出版
(5)「明治維新150年と児玉源太郎」展開幕

▼紙面の購読:試読の方はこちら
http://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
http://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

幸洋福祉会に“くるみん認定”

男女で育児休業、ノー残業デー

 仕事と子育ての両立支援に積極的に取り組む「子育てサポート企業」の認定(通称・くるみん認定)に下松市来巻の社会福祉法人幸洋福祉会(中島洋二理事長、106人)が選ばれ、5日、山口市の山口労働局(金刺義行局長)で認定通知書が交付された。

左から亀山部長、金刺局長、中嶋本部長=山口労働局提供

左から亀山部長、金刺局長、中嶋本部長=山口労働局提供

 子育てサポート企業は厚生労働省が、行動計画を策定して期間内に男性の育児休業取得者がいる、小さな子どもを持つ従業員の勤務時間短縮措置を講じる、長時間労働が恒常化していないなどの10の認定基準を満たすと認定し、認定マーク(愛称・くるみん)を商品や広告などに付けることができる。県内では18社目、下松市では初めて。
 同会は特別養護老人ホーム松寿苑を運営しており、2015年4月~18年3月までの3年間に複数回「育児・介護休業等説明会」を開催▽男性2人と女性3人が育児休業を取得▽毎週水曜に〝ノー残業デー〟を設けて毎月実施状況を確認してきた。
 5日は中嶋正博施設統括本部長、育児休業を取得した亀山雄樹施設サービス部長が訪れ、金刺局長から認定通知書を受け取った。

【きょうの紙面】4、5面に周南3市議長座談会「周南道路、災害時の協力体制」

▼紙面の購読:試読の方はこちら
http://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
http://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html