ヘッドラインニュース

しゅうなんブランド総選挙

しゅうなんブランド“リーダー”選出へ
1月31日まで・総選挙

 周南市らしい魅力ある農林畜産物や食品加工品などを市が認定する「しゅうなんブランド」の中から“リーダー商品”を決めようという「しゅうなんブランド総選挙」が3日から始まった。7点の候補の中から市民に投票してもらって決める。来年1月31日まで。
 認定は2014年度に始まり、現在は100点。総選挙は市の認知度向上や第1次産業を中心とした地域経済活性化へ、ブランドを引っ張っていく商品を確立しようと市地産地消推進協議会(松冨直利会長)が企画した。

①鹿野高原豚

①鹿野高原豚

②鹿野わさび

②鹿野わさび

③周南たこ

③周南たこ

④周防はも

④周防はも

⑤徳山ふぐ

⑤徳山ふぐ

⑥原田

⑥原田

⑦長州じねんじょう山子ごはん

⑦長州じねんじょう山子ごはん

 人気が高く拡大路線にあることなどを条件に流通関係企業や市などで作る選定委員会で選んだ7点の候補は①鹿野高原豚②鹿野わさび③周南たこ④周防はも⑤徳山ふぐ⑥原田(純米大吟醸・純米吟醸・特別純米酒)⑦長州じねんじょう山子ごはん。投票はどれか一つを選択し、親しみやすいリーダー商品の称号も記載する。
 3、4日に市学び・交流プラザで開かれた農商工連携フェスタ会場で受け付けたほか、15日から始まる市地産地消推進店レシートラリーにあわせて応募してもらう。
 11月下旬からは市農林課のホームページに投票ページを開設、12月上旬からは市内各所に投票箱も置いて幅広く募集する。
 問い合わせは市農林課(0834-22-8369)へ。

【きょうの紙面】
(3)エースホーム周南店が住宅展示場
(4)奇祭“きつねの嫁入り”に3万人
(4)沼城小で「小さな親切」運動授業
(5)石丸千奈美さん画業50年で個展

▼紙面の購読:試読の方はこちら
http://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
http://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html