ヘッドラインニュース

福谷産業に2年間の指名停止

《官製談合事件》
周南市初、入札妨害で措置

 周南市は岐南町の福谷産業を22日から2年間、入札に参加できない指名停止とした。同社の福谷徳三郎社長(66)が昨年12月の徳山動物園リニューアル工事の入札で市職員から設計金額を聞き出して落札し、19日に公契約関係競売等妨害罪容疑で逮捕されたため。2年間はこの措置の期間としては最長。
 この事件では当時、技監兼検査監だった都市整備部次長兼区画整理課長の国沢智己容疑者(60)も同日に逮捕され、2人とも21日に山口地検に送検されている。
 市の指名停止措置要領では市の工事に関し、役員や従業員が競売等妨害、談合の容疑で逮捕された場合の指名停止期間は「6カ月以上24カ月以内」。21日に契約等審査会(会長・住田英昭副市長)を開いて決めた。市が発注した工事の入札妨害容疑で業者が指名停止になるのは2003年の市発足以来初めて。
 同社が落札した工事は15年度が7件、3億6,873万525円、16年度も7件で2億9,003万5857円、17年度が6件で1億6,406万8,415円、今年度が2件4,752万円。
 今年度に受注した工事のうち旧こあ解体工事はすでに完了している。菊川小教室棟トイレ改修主体工事の工期は6月29日から来年1月11日までで、今月20日までに40%が完成しており、この工事については辞退がない限り、このまま続けさせる。

【きょうの紙面】
(2)周南市新庁舎の完成2カ月遅れに
(3)出光で県石油コンビナート防災訓練
(4)こどもっちゃ!商店街で700人が仕事体験
(4)生誕100年林忠彦展始まる

▼紙面の購読:試読の方はこちら
http://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
http://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html