一言進言

「しゅうニャン市」プロモーション水泡に帰す

~議会はうみを出し切れ~

周南市のしゅうニャン全国キャラバン隊が帰って来た。市役所前で大勢の職員などが出迎えた。全国に市を宣伝できたと胸を張った3日後、全国のメディアに周南市で官製談合、幹部職員逮捕のニュースが流れた。キャラバン隊が訪れた自治体では、逆にこのニュースに関心を持っただろう。キャラバン隊で全国を駆け巡った若手職員の落胆が心配だ。市のイメージは地に落ちた。
木村市政2期目の最終コーナーでの不祥事に、多くの市民も落胆した。多額の税金を投入しての「しゅうニャン市」プロモーションは一瞬にして水泡に帰した。しかも、逮捕された福谷産業の福谷徳三郎社長は木村市長とは、旧来じっこんであったことは、周囲はみんな知っている。後援会事務所も長く福谷産業の建物内だった。私も足しげく通った。記者会見で、市長は節度ある付き合いを強調したが、後援会の人ではなかった、の言い訳はいただけなかった。田舎ではみんな知り合いだ。「親しかったけど残念だ」でよかった。
問題は職員に対するスタンスだ。旧新南陽市役所出身の某氏が人事を牛耳っていると、多くの職員がうわさしている。重要なポストはすべてその一派が握り、まるで傀儡(かいらい)政権みたいだと評する職員もいる。国民年金の個人情報が漏れても、防災行政無線工事でずさんな設計監理があっても、集中豪雨で死者が出て対策本部を作らなくても、責任を取る体質ではない。税金の無駄遣いなど気にしない。そんな体質に思えてならない。目が市民に向かっていないと感じるのは私1人ではない。
市民からの要望、批判を真しに受け止める体質は、市長が常に職員教育に熱心かどうかにかかわる。行政マンはかくあるべきだと指針を明確にすることだ。旧新南陽市は市長が1期で変わった時期もあり、一部の職員は政治家と組むことが恒常的にあった。その泥臭さは小さな町だから黙認された。批判する新聞にも敵対的だった。その職員たちは今でも日刊新周南を敵と思っている節がある。
それにしても兼重元市議会議員などは、この場面でも行政を擁護するような発言をしている。木村市政を支える最先鋒だから仕方ないが、身内が市の関係機関にいるからなのでは、と、うがった見方をする市民がいることを忘れないことだ。これからは市議会がしっかり原因究明に乗り出し、市政のうみを出し切ることが肝要だ。まじめに、懸命に仕事している大多数の職員のためにも、血税を払っている市民のためにもだ。(中島 進)