ヘッドラインニュース

第3者委員会で入札制度見直し

[官製談合事件]
周南市議会・市長が全協で説明
2016年度にも不審な入札で通報

 周南市の徳山動物園のリニューアル工事をめぐり、官製談合の疑いで19日に職員と業者が逮捕されたことを受け、市は28日、市議会全員協議会を開き、木村市長と各部長が事件について説明した。議員からは逮捕、捜査の経緯や市長と逮捕された業者の関係、今後の取り組みなどの質問が出され、市は第3者の入札監視委員会で入札制度の見直しをする考えを示した。

説明する市長

説明する市長

 この事件は昨年12月の入札で、当時、技監兼検査監だった国沢智己都市整備部次長兼区画整理課長が、福谷産業の福谷徳三郎社長に設計金額を示し、この金額をもとに応札額を決めた福谷産業が落札した。
 全員協議会は市からのこの事件を説明したいという求めに応じて開き、報道関係者や傍聴の市民も多かった。最初に市長が経緯を説明し「二度と起こさないよう万全の対策で臨む」と述べ、原因の徹底究明、職員の綱紀粛正などへの意欲を見せた。
 また2016年度に契約審査会から疑義のある入札があるのではと伝えられた市長が警察への通報を指示したことを明らかにし、この時から捜査して今回の逮捕につながったのではないかとも述べた。見直しへ意見を求める入札監視委員会は大学や高専の教員、弁護士が委員を務めている。
 質疑では国沢次長の処遇は現在、有給休暇扱いで、起訴されれば休職扱いになり、判決が出たあと処分を決めると説明した。執務室に業者が出入りできる状態だったのではないかと問われると、職員以外が立ち入れないようにしていると答えた。入札で応札額が同じのためくじ引きが多い理由は単価など工事費の産出根拠がすべて公表されているためであるとも説明した。
 市長と福谷社長の関係では中学の同級生であり、選挙では応援してもらったが、後援会の役員や選挙運動の参謀ではなく、市長になってからはゴルフや2人だけの会食もしたことがないと改めて説明した。

【きょうの紙面】
(2)テロ対策で下松地区パートナーシップ設立
(2)金峰の国道434号通行止め2カ月ぶり解除
(3)日本ゼオン協力会が市にペットボトルふた2万6千個
(5)つつじ園の来年のカレンダー、土鈴完成

▼紙面の購読:試読の方はこちら
http://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
http://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html