ヘッドラインニュース

事前キャンプ地誘致本格化

下松市にベトナムバドミントン連盟一行が来訪

 2020年の東京オリンピックで、ベトナムバドミントンチームの事前キャンプ地の誘致を目指している下松市に8日、ベトナムバドミントン連盟のレ・タン・ダット副会長(64)一行が訪れた。国井市長らと会談したダット副会長は「定期的な交流を長く続けたい」と明るい見通しを示した。

左から国井市長、ダット副会長、金丸理事長

左から国井市長、ダット副会長、金丸理事長

 市は地域活性化包括協定を結ぶ西京銀行女子行員のバドミントンチーム、NPO法人ACT SAIKYO(金丸真明理事長)と連携して外国チームの事前キャンプ地誘致に取り組んできた。
 8月に近藤和彦副市長と金丸理事長らがACT SAIKYOのコーチとつながりのあるベトナム、ハノイのベトナムバドミントン連盟を訪問して市内の練習環境を紹介し、今回の訪日が実現した。
 これに先立って1日から世界ランク47位のベトナムの女子シングルのスグエン・トゥイ・リン選手(20)と同ジュニア世界ランク38位のヴゥ・アン・トゥ選手(17)が下松を訪れ、ACT…の選手と練習試合をした。
 6日は下松スポーツ公園体育館で公開試合が開かれ、市長が2人にオリジナルのユニホームをプレゼントして「五輪出場権を獲得して、ぜひ下松に来てください」と励ました。
 9日はダット副会長とコーチのレ・タン・ハさん(42)、事務局のタイ・ティ・フェンさん(42)が市役所を訪問した。
 ダット副会長は「皆さんの歓迎がうれしく、下松が好きになった。2人の選手も気候や練習環境の素晴らしさに喜んでいる」と述べて、8月にベトナムで交わした関係書類を手に、市長や金丸理事長と握手した。
 一行はこのあと下松スポーツ公園体育館や国民宿舎大城、周南市のACTアリーナなどを視察。12日に選手2人とともに帰国した。

【きょうの紙面】
(2)BSの清綱さんに文科大臣表彰
(3)自治体と企業が対話集会
(5)平和の島スピーチ最優秀に怒和さんら
(5)まちと森と水の交流会に企業などの411人

▼紙面の購読:試読の方はこちら
http://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
http://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

光ふるさと開運ギフト

焼酎、タンブラー、「開運」お札
光市の「ふるさと納税返礼品」に明治維新150年記念セット

 光市のふるさと光応援寄付金(ふるさと納税)の返礼品に「明治維新150年記念・光ふるさと開運ギフト」が加わった。「芋焼酎 神籠石(こうごいし)」(720ミリリットル)とステンレスタンブラー、束荷神社の開運お札のセットで、限定50組。寄付額2万5千円以上が対象で、近く受け付けを始める。

「光ふるさと開運ギフト」

「光ふるさと開運ギフト」

 ふるさと納税は市区町村外に住む人からの寄付金。市は86種類の返礼品を用意し、最高額は18万5千円以上が対象のレザー製の長財布。
 今回のギフトセットは島田のステンレス光(田中和夫社長)と浅江の光ギフトセンター(上田博幸社長)、束荷の束荷神社(森重美典宮司)の協力で実現したもの。
 芋焼酎は塩田の石城山の神籠石にちなむもので周南市の山縣本店製。市特産のステンレスで製造したタンブラーは焼酎のオンザロックに最適。これに束荷出身の初代内閣総理大臣、伊藤博文もまつる束荷神社のお札を組み合わせ、伊藤公記念公園のイチョウの葉も添えて、明治維新150年を記念する市ならではのセットにした。
 8日には光商工会議所で完成発表会を開き、ステンレス光の山近和浩商事グループ部長(54)は「光らしいコラボレーションを全国に発信したい」、光ギフトセンターの足立基樹専務(41)も「光の魅力を全国の人に感じてほしい」と期待していた。
 寄付金の申し込みは市ホームページや郵送などでも申し込める。問い合わせは市広報・シティプロモーション推進室(0833-72-1409)へ。

【きょうの紙面】
(2)下松市消防が海難救助義務開始
(2)下松市、米川、末武公民館建て替えへ
(3)企業探訪は徳山海陸運送
(5)「松岡洋右の俳句」出版祝賀会に130人

▼紙面の購読:試読の方はこちら
http://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
http://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

2017年度決算と意見書

[金曜記者レポート]
周南市・財政規模拡大の年
下松市・大型事業が一段落
光 市・将来へ備える必要性

 周南3市の2017年度決算が各市議会に提出され、周南市と光市はすでに認定され、下松市も審議中。決算には監査委員がまとめた審査意見書が付けられ、各市の財政状況を分析して必要な事項を提言している。この審査意見書をもとに各市の財政の現状と今後を見てみた。(延安弘行)

181109

周南市 実質単年度収支は赤字

 周南市の17年度は市役所の新庁舎、徳山駅前賑わい交流施設の建設が重なり、財政規模が大きくふくらんだ年。一般会計の支出済額は前年度より11.2%増の707億7494万4千円になった。一方、歳入の収入済額は738億3,810万千円。
 しかし、この歳入には財政調整基金の取り崩しなどを加味しており、これらを差し引いた実質単年度収支は12億2524万4千円の赤字。基金残高は前年度末に比べて21億円余り減少、一般会計の市債残高は892億9,800万円で27億円余り増加した。
 財政指標では、財政力を判断する財政力指数は高いほど財政に余裕があり、3カ年平均で見ていくが、前年度より0.003ポイント下がって0.790になった。財政構造の弾力性を示す経常収支比率は低いほど財政需要に対して余裕を持つことになるが、前年度より3.2ポイント上昇して96%となった。
 同市の監査委員は中村研二さんと市議会選出の清水芳将議員。意見書では地方債について「将来、便益を受ける後世代の大きな負担とならないよう、その発行にあたっては世代間の公平性に配慮されたい」と記している。
 そして「『生まれ変わるまちは、挑み続けるまちへ』。超高齢社会到来の中で、市民が等しく安心安全で心豊かに生活できる社会を実現していくためには、行政と市民の知恵の力、結束する力が問われている」とまとめている。

下松市 高い財政力指数

 下松市の17年度決算は前年度に国民宿舎大城、学校給食センターの建設を終え、一般会計の歳入総額は215億4979万6千円で前年度比3%減、歳出は203億7,851万2千円で4.5%減。実質単年度収支は前年度は5億6437万5千円の赤字だったが、29年度は3億円余りの黒字になった。
 市債残高は前年度より1億2千万円増えたが、基金残高は3億千万円の増加。自主財源比率も59.7%と高い。経常収支比率は89.9%で3市で最も低く、財政力指数は0.884と最も高い。
 同市の監査委員は河村堯之さんと市議会から中谷司朗議員。意見書では「大型建設事業の実施による公債費の増加、社会保障経費の増加などに伴う財源不足を補うための一般財源の確保が課題となる中、今後さらに財政運営に留意する必要がある」と指摘しながら「財政的にも大きな問題を抱えていない今、将来を見据えた施策を実施されるよう望む」と結んでいる。

光 市 「中長期の財政見通しを」

 光市の一般会計の歳入決算額は218億8617万7千円、歳出決算額は212億5,216万円で、いずれも前年度を下回った。実質単年度収支も前年度は8億7,621万円の赤字だったが、17年度は3億4,258万千円の黒字となった。
 財政指標では経常収支比率は95.1%で前年度からは4.3ポイント下がったが、財政力指数も0.047ポイント下がって0.684になった。一般会計の市債残高は前年度とほぼ同額、基金は3億8,900万円余り増えて39億円となった。
 同市の監査委員は松本利幸さんと市議会かから林節子議員。同市は18年度は光総合病院の移転に取り組み、今後も老朽化して耐震性にも問題がある市庁舎の建て替えと大型事業が続く。
 意見書では「引き続き、重要度、緊急度を見極めた事業の選択と集中を徹底するなど、中長期の財政見通しを踏まえた計画的な財政運営に努められるよう望む」と提言している。

【きょうに紙面】
(2)周南市庁舎に仕様不適合ガラス、交換へ
(3)三丘パン研究会が徳大で出前講座
(3)台湾の研究者が多機能フィルター訪問
(4)徳大野球部が献血の部活動対抗で優勝

▼紙面の購読:試読の方はこちら
http://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
http://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

ふるさと納税に見守りサービス

下松市と市内9郵便局で地域活性化包括協定

 下松市と市内九つの郵便局は10月31日、市役所で地域活性化包括協定を結んだ。高齢者の消息を郵便局の配達員が確認して家族に報告する「みまもり訪問サービス」を市のふるさと納税の返礼品とすることなどを盛り込んでいる。

協定書を持つ相本局長(左から3人目)と国井市長ら

協定書を持つ相本局長(左から3人目)と国井市長ら

 同協定は、県内では周南市などに続いて9市目。内容は暮らしの安全安心、高齢者や障害者支援、観光、文化、スポーツ振興など9項目。
 みまもり訪問サービスは日本郵便が月額2,500円(税別)で全国で展開しているもので、配達員が月1回、高齢者宅を訪ねて安否を確認し、遠くに住む家族などに郵便やEメールで知らせる。返礼品では金額に応じて期間を設定する。県内では下関、周南、美祢、萩市が導入している。
 国井市長は「協定はまちづくりの大きな力になる」と述べた。郵便局側は海田勉下松局長や相本史雄下松生野屋局長、風井啓二下松花岡局長、田中宏明笠戸島局長、大木一弘下松豊井局長が出席し、日本郵便県周西地区連絡会下松部会長の相本局長が「郵便局のネットワークで地域の安心安全や地方創生に貢献したい」とあいさつした。
 来年度の市制80周年を記念する「オリジナルフレーム切手」の発行も計画している。

【きょうの紙面】
(2)光市消防団協力事業所に山九、冨士高圧
(4)11日に回天烈士追悼式
(5)光勢活躍で福井国体セーリング天皇杯
(5)レッサーパンダ赤ちゃん「ネイ」「チャル」に

▼紙面の購読:試読の方はこちら
http://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
http://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

“ちょい乗り100円バス”本格運行へ

周南市議会臨時会で補正予算案が可決

 周南市が2月3日から9月30日まで実証運行した市街地循環線「ちょい乗り100円バス」が本格運行することになった。2日の市議会臨時会で来年3月末までの事業費956万円を計上する補正予算案が提案、可決された。12月中旬ごろの運行開始を目指している。

ちょい乗り100円バス=3月1日撮影

ちょい乗り100円バス=3月1日撮影

 このバスは徳山駅前から徳山動物園までを循環するもので、まちなかの回遊性向上やにぎわい促進を図るのが目的。市美術博物館近くにバス利用者用駐車場も設置し、防長交通に委託して、6月までは午前9時~午後5時、7月からは午後1~9時の間に走らせていた。
 実証期間中の利用者数は延べ54,408人。土、日曜、祝日のイベント開催時は利用が多く、動物園が休みの火曜は少なかったという。
 提案説明で木村市長は来訪者、まちなか事業者への聞き取りなどのデータを分析、検証した結果、駅周辺と動物園周辺の各エリアをまたいだ移動が増加し、このバスの運行が回遊性向上につながることや、公共交通の利用促進などの効果も期待できると述べた。
 実証運行では大人が100円で1日何回でも乗車できるようにしていたが、本格運行では1乗車100円に変更。時間は午前9時~午後6時で、利用が少なかった夜間運行はやめるが、中心市街地でまちづくりイベントをする場合などは延長も考慮するとした。
 また15分間隔で運行していた実証では交通渋滞で遅れも出たため、本格運行は20分間隔にし、1日の便数を実証時の32から5便減らして27に変更する。
 このほかバスの利用促進へ周南冬のツリーまつりの来訪者や、年末年始の帰省者が利用できるように臨時会で提案したと説明した。
 魚永智行議員(共産)は「どのような試算をしているか。市税を毎年投入するのか」とただし、岡村洋道都市整備部長は運行経費が1,114万2,560円、運賃収入見込みが221万4,800円で差額の892万8,000円を運行委託料に計上していると説明。
 さらに「1年間では概算で運行経費が約3,800万円、運賃収入は約1,080万円、差し引いた運行委託料は約2,700万円を予定しているが、収入がなるべく上がるように取り組みたい」と述べて理解を求めた。

【きょうの紙面】
(2)米山運送、御影運輸に安全運転プラチナ賞
(3)周南ふるさと物産展に6万人
(4)周南文化協会が15周年記念芸術文化祭
(5)初のしゅうニャンフェス盛況

▼紙面の購読:試読の方はこちら
http://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
http://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

しゅうなんブランド総選挙

しゅうなんブランド“リーダー”選出へ
1月31日まで・総選挙

 周南市らしい魅力ある農林畜産物や食品加工品などを市が認定する「しゅうなんブランド」の中から“リーダー商品”を決めようという「しゅうなんブランド総選挙」が3日から始まった。7点の候補の中から市民に投票してもらって決める。来年1月31日まで。
 認定は2014年度に始まり、現在は100点。総選挙は市の認知度向上や第1次産業を中心とした地域経済活性化へ、ブランドを引っ張っていく商品を確立しようと市地産地消推進協議会(松冨直利会長)が企画した。

①鹿野高原豚

①鹿野高原豚

②鹿野わさび

②鹿野わさび

③周南たこ

③周南たこ

④周防はも

④周防はも

⑤徳山ふぐ

⑤徳山ふぐ

⑥原田

⑥原田

⑦長州じねんじょう山子ごはん

⑦長州じねんじょう山子ごはん

 人気が高く拡大路線にあることなどを条件に流通関係企業や市などで作る選定委員会で選んだ7点の候補は①鹿野高原豚②鹿野わさび③周南たこ④周防はも⑤徳山ふぐ⑥原田(純米大吟醸・純米吟醸・特別純米酒)⑦長州じねんじょう山子ごはん。投票はどれか一つを選択し、親しみやすいリーダー商品の称号も記載する。
 3、4日に市学び・交流プラザで開かれた農商工連携フェスタ会場で受け付けたほか、15日から始まる市地産地消推進店レシートラリーにあわせて応募してもらう。
 11月下旬からは市農林課のホームページに投票ページを開設、12月上旬からは市内各所に投票箱も置いて幅広く募集する。
 問い合わせは市農林課(0834-22-8369)へ。

【きょうの紙面】
(3)エースホーム周南店が住宅展示場
(4)奇祭“きつねの嫁入り”に3万人
(4)沼城小で「小さな親切」運動授業
(5)石丸千奈美さん画業50年で個展

▼紙面の購読:試読の方はこちら
http://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
http://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

後進に“匠の心”伝えたい

[秋の褒章]黄綬褒章に大谷時博さん(日立笠戸)

 秋の褒章の受章者が2日発表され、周南地域からは下松市の日立製作所笠戸事業所の上級監督者で、一昨年、厚生労働省の“現代の名工”に選ばれた大谷時博さん(56)=光市千坊台=が黄綬褒章を受章する。県内からは大谷さんら黄綬褒章4人と藍綬褒章5人の計9人。全国では819人だった。

大谷さん

大谷さん


 黄綬褒章は業務に長い間精励し、他の人の模範となる人に贈られる。14日に東京の厚生労働省で褒章が伝達され、この日、天皇陛下に拝謁する。
 大谷さんは聖光高機械科を卒業して1981年に入社。以来37年のほとんどは車両製造部で鉄道車両の製造に従事。数値制御(NC)フライス加工などで精密機械加工に精通し、新幹線の先頭形状のような3次元曲面の機械加工で優れた技能を発揮して鉄道車両の先頭構体パネル加工方法を確立した。
 現在は鉄道車両製造現場で作業員約1,000人を指揮し、安全、品質、工程、効率を指導している。2013年に創意工夫功労で文部科学大臣表彰、14年に優秀技能者で県知事表彰を受けた。同事業所に2人だけ、全社でもわずかしかいない同社の技術者最高の“工師”。
 仕事の信条は「安全で安心して働ける職場づくり」。受章に「会社の幹部や同僚の皆さんの支えがあってこそ」と喜び「自分で考え、判断し、行動することからいい仕事は生まれる“匠の心”を若い人に伝えていきたい」と話している。

【きょうの紙面】
(2)周南市の特命大使にユーチューバーの筒井さん
(3)日立、技能実習生問題で合意
(3)東ソー第2四半期4年連続最高益
(5)小西名古屋グランパス社長母校で講話

▼紙面の購読:試読の方はこちら
http://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
http://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

最近の売れ筋は?

[金曜記者レポート]
ディーラー4店に聞きました
人気車種ランキング

 周南地域をはじめ地方都市は“クルマ社会”。多くの人にとって車は生活に欠かせない必需品。時代によって車も移り変わってきたが、最近はどんな車が売れ筋なのか。カーディーラーの密集地、周南市新地周辺の4店舗に「人気車種ベスト5」を聞いてみた。(安達亮介)=値段は車両本体価格

山口日産自動車周南浦山店[日産自動車]

181102n

 ①ノート=142~264万円②セレナ=233~343万円③エクストレイル=219~327万円④デイズルークス=131~195万円⑤デイズ=115~164万円
 ※ノートに対するディーラーのコメント
 「エンジンで発電してモーターで走る“e-POWER”が人気。電気自動車のような加速感があります」

トモヤオート新南陽店[スズキ]

181102s

 ①スペーシア=133~190万円②ワゴンR=107~159万円③ハスラー=110~171万円④スウィフト=134~201万円⑤ソリオ=145~222万円
 ※スペーシアに対するディーラーのコメント
 「収納の多さや形、内装デザインで女性を中心に購入。ツートンカラーにできるのもいいですね」

ホンダカーズ周南 周南店[本田技研工業]

181102nb

 ①Nボックス=138~208万円②Nワゴン=109~164万円③フィット=142~236万円④フリード=188~274万円⑤ヴェゼル=216~292万円
 ※Nボックスに対するディーラーのコメント
 「車内の広さやスライドドアで人気を集めています」

ネッツトヨタ山口新南陽店[トヨタ自動車]

181102v

 ①ヴィッツ=118~222万円②タンク=146~200万円③ヴォクシー=246~336万円④シエンタ=177~253万円⑤ヴェルファイア=335~750万円
 ※ヴィッツに対するディーラーのコメント
 「コンパクトで中が広く、運転しやすい。流行の踏み間違え防止装置も」

【きょうの紙面】
(2)下松市が市制80年記念映画制作
(3)出光徳山事業所に高効率型ナフサ分解炉
(4)犬ぞり探検家、山崎さんが北極の本出版
(4)県が風しん患者増で注意喚起

▼紙面の購読:試読の方はこちら
http://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
http://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

グランプリに渡辺さん(ほしのさと)

県福祉・介護ファイナリストに
準Gは亀山さん(松寿苑)、小田さん(ひかり苑)

 福祉や介護現場で熱心に働き、プライベートでも輝いている人をたたえる“第2回きらり☆輝く福祉・介護inやまぐち”が10月14日、山口市で開催中の山口ゆめ花博の会場で開かれ、女性の部のグランプリに下松市生野屋南の特別養護老人ホームほしのさと(佐藤亮施設長)の作業療法士、渡辺美里さん(28)が選ばれた。男女各1人の準グランプリも周南勢となった。

グランプリの渡辺さん

グランプリの渡辺さん

 県、県福祉人材センター、実行委員会の主催。県内の高齢者施設や障害児者施設から40歳未満の114人が推薦され、書類選考で男女各5人が14日の最終選考会に臨んだ。
 選考会は山口ゆめ花博のyabふれあいフェスタのメーンステージで開かれ、一人々々が福祉への思いや私生活を3分間でアピール。来場者が男女各1人に投票して計1,835票が寄せられた。
 渡辺さんは周南市出身で、岐陽中、新南陽高では吹奏楽部で活躍。熊本保健科学大学を出て長崎県内の福祉施設で働いた後、ほしのさとに入って現在はリハビリテーション部門のリーダー。よさこいの「くだまつ松笑連」でも活躍しており、スピーチでは相手の心に響くリハビリを心がけていると述べ、よさこいを踊った。
 渡辺さんは「これを機に相手の気持ちにもっと寄り添う作業療法士になりたい。プライベートも楽しく満喫したい」と笑顔を見せた。

準グランプリの亀山さん

準グランプリの亀山さん

準グランプリの小田さん

準グランプリの小田さん

 準グランプリは下松市来巻の特別養護老人ホーム松寿苑(古殿雄二施設長)の施設サービス部長、亀山雄樹さん(38)と、光市光井のケアハウスひかり苑(内冨昭施設長)の介護職、小田楓さん(24)。
 亀山さんは利用者との交流から入所者一人々々の生きざまの素晴らしさを学んだとスピーチし、トロンボーンを演奏。小田さんは曾祖母が特別養護老人ホームひかり苑で手厚く介護を受ける姿を見て介護職を志したと話し、フルートを演奏した。

【きょうの紙面】
(2)徳高の2分校など高校再編で説明会
(2)下松スポーツ公園体育館に空調を整備
(3)ニッシンイクスが文化講演会
(5)宇宙の駅に第3にUFO

▼紙面の購読:試読の方はこちら
http://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
http://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html