ヘッドラインニュース

台湾特急車両600両

【日立笠戸】1,600億円受注に期待ふくらむ
英国鉄道に続く“特需”に

 日立製作所は15日、台湾国営の鉄路管理局から特急鉄道の車両600両を約1,600億円で受注したと発表した。車両は2021年以降、すべて下松市の笠戸事業所(川畑淳一事業所長)で生産する予定で、地元経済に大きな波及効果が期待される。(山上達也)

 日立笠戸は英国の高速鉄道車両864両を受注して15年7月から出荷を始め、昨年末現在ですでに全体の4分の3の出荷を終えている。受注した車両の約8割は半完成の状態で出荷し、英国やイタリアの現地法人の工場で仕上げる仕組みになっている。
 しかし今回の台湾からの受注は全車両を日立笠戸から完成品として出荷するもので、日立笠戸だけでなく協力企業31社の日立笠戸協同組合(弘中善昭理事長)にとっても魅力的な受注といえる。
 今回日立が受注したのは台湾の在来線を走る12両50編成の特急車両で、営業最高速度は140㌔。台湾は鉄道の輸送力向上や老朽車両の更新のため、15年に発表した車両購入計画で、10年間で1,300両以上の新型車両を導入する方針を打ち出している。
 日立は1960年代から台湾で鉄道事業を手がけており、2007年から台湾新幹線の車両や運行管理システム、変電設備を受注、納品。品質の高さや安全性、保守管理のアフターサービスの充実で高い評価を受けている。

日立笠戸構内を視察する現台湾総統の蔡英文氏(2015年10月7日)

日立笠戸構内を視察する現台湾総統の蔡英文氏(2015年10月7日)

台湾用車両の前の蔡氏(右から2人目)ら

台湾用車両の前の蔡氏(右から2人目)ら

 さらに15年9月に台湾から当時は野党の民進党主席だった蔡英文氏が岸信夫衆院議員の案内で日立笠戸を訪問し、台湾出荷用の鉄道車両の製造現場を視察した。蔡氏は翌年1月の台湾総統選で当選しており、このことも日立の受注に有利になったと見られている。
 弘中理事長は「英国受注に続いて台湾から安定した仕事をいただき、これほどうれしいことはない。技術の向上と納期厳守をより徹底して“ものづくりの街・下松”にふさわしい製品の出荷に貢献したい」と話している。
 日立の鉄道関連の売上高は18年3月期で約5,600億円。英国や米国など海外受注分が8割を占めている。

【きょうの紙面】
(2)下松市で職員が不当要求などの対応訓練
(3)光市国際交流のつどいで異文化セッション
(4)あかい坊で厄払いなどの大護摩供養
(5)下松市障害福祉セミナー、「働く」経験談も

▼紙面の購読:試読の方はこちら
http://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
http://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html