ヘッドラインニュース

子どもに囲碁指導

囲新プロジェクトがプレ教室

 子ども囲碁教室が5日、周南市みなみ銀座の和光ビルで開かれ、小学生らが対局を通じて打ち方を学んだ。

小野さん(中央)の指導を受ける金岡君

小野さん(中央)の指導を受ける金岡君

 市内の幼稚園児や小学生のほか、大人ら計100人が参加した。対局を通じ、柳井市のプロ棋士、堀本満成四段(29)や周南市のアマチュア七段、小野慎吾さん(35)から陣地の取り方、相手の石の囲み方を教わった。
 同市遠石小1年の金岡惺吾君(7)は「相手の石を囲むところが面白く、陣地を取るところが難しかった」と話した。
 教室は市内の若手囲碁愛好家でつくる「囲新(いしん)プロジェクト」の主催。囲碁の普及を図る子ども向け常設囲碁教室「いいいいい教室」を4月に同ビルに開くのに先立って開催した。
 教室開講前の1~3月は月2回、子どもを対象に無料の体験教室を同ビルで開く。大人向けには1月18日午後7時半から開催する。参加費2千円。問い合わせは同プロジェクト(080-1944-1515)へ。

【きょうの紙面】
(2)周南市が全職員に防災ポケットブック
(4)(5)周南、下松市、光市で出初め式
(6)パレット画廊で安野光雅原画展
(7)13日、成人式に合わせ徳山駅前でマルシェ

▼紙面の購読:試読の方はこちら
http://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
http://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html