一言進言

こよなく愛した徳山

~小川さんの思いを大切に~

巨星落ちる。小川亮元徳山市長の訃報は時代の変わりを感じさせた。小川市政時代、まだまだ地方も元気だった。旧徳山市はもっと元気だった。当時の平井山口県知事とは自治省時代先輩だった小川さんだけに、仲が良いとは言えなかった。総合スポーツセンターは、県の補助金などあてにせず、自前で建てた。小川さんの功績は何といっても全小学校区に作ったコミュニティー組織だ。疲弊気味だった地域が、一気に元気を取り戻した。
岡山県副知事に就任して4年目のころ、黒神直久元市長と高村坂彦元市長が、そろって旧徳山市の市長にと懇願した。当時2千万円の選挙費用を持って行った逸話もある。当然小川さんは使うことはなかった。知事への道が有力視されていたが、二人の熱意と、本人の故郷を思う気持ちが、それを跳ね返した。
剣道をしていたので、あまり頭を下げないという人もいたが、姿勢が良すぎてそう見えたようだ。市長公舎に住み、私も夜中に何度も話をしに行っていた。若造の私の意見も熱心に聞いてくれて、丁寧に応えてくれていたのを忘れない。厳しかったが慕う職員も多かった。秘書課長もしていた藤井聡氏は昨年末亡くなったと聞いたが、役所を辞しても、車いすに乗った小川さんのうしろに必ず藤井さんがいたのを、みんな知っている。最初の助役、林保人さんなどは体を張って小川さんを守っていた。
合併にも熱心で、ちょうど20年前の1月に新南陽、下松市と合わせた合併協議会が初めて開かれた。小川さんが会長になった。それから4年後に合併が実現することとなった。他市の市長からも人望熱く、異例の速さで合併協議会がスタートした。
退任後、徳山大学の理事長就任などの要請を断り、野に下った。記憶力は最後まで衰えることがなく、挨拶も驚くほどしっかりしていた。中学校時代、毎日一日も欠かさず児玉神社に拝礼に通ったと語っていたが、その思いも込めて児玉源太郎顕彰に精魂込めていた。
惜しむらくは、小川さんが存命の間に、中央図書館に「こだま文庫」の看板を付けてほしかった。その児玉神社のお祭りで「しゅうニャン市はやめていただきたい」と懇願していた小川さんの姿は忘れられない。合掌。(中島進)

3年後からは18歳成人式に

~成人式に制服姿?~
各企業、各市成人式の記事が、本紙に多く載った。戦後、成人式は若者にとって大切な行事として定着した。20歳は大人の入り口として、飲酒や、喫煙ができるだけでなく、選挙権が与えられ、大人としての権利と義務が発生する瞬間だった。もちろん少年法から外れ、犯罪者は実名で記事になった。若者も成人式で大人の自覚を口にした。
選挙法が改正され、18歳から選挙権を与えてややこしくなった。自民党が決めたと思っているが、そもそも民主党時代に提案された案件だった。国会議員こぞって18歳での選挙権付与に賛成した格好だ。3年後には少年法も改正されるらしい。18歳から犯罪も、結婚も20歳以上並みになるだろう。
成人の定義がわからなくなった。クレジットカードなども持てる。高校生で成人になることにさほど抵抗がなかったことにも驚いた。徴兵制度のある外国では、18歳からの適用にしようと、成人年齢を下げたところもある。何よりも高校生たちが強く望んでしたことではない。大人の勝手で選挙権を与えてしまった。
高校では現代史まで教えるところはあまりない。受験問題に出ないからだ。学校で政治の話はご法度のところが多い。ひと昔前、高校生は反戦デモに参加して退学になっていた。政治活動ができなくても選挙権だけ与えられた。校内で政治ビラを撒いたら停学か、退学処分の学校は多い。選挙権と自由な政治活動はセットのはずだ。
今回光市の成人式は荒れた。警察まで出動する騒ぎになった。20歳だから大人の行動をするわけでもない。心配ない。2023年以降の成人式は18歳になるだろう。高校生は退学を恐れて暴れないだろう。式には制服で出るのだろうか。大きな議論もなく18歳成人が決まった。政治家の思惑で決まった感じで、すんなり受け入れられない。
投票者を増やすには、先ずは今の成人に呼びかけるべきだ。18歳から20歳までの若者の投票率は低い。現代史も知らず、新聞も読まず、社会の仕組みもわからないまま成人になる高校生に果たして誰が教えるのだろうか。日本人全体が政治に無関心になり、自分本位の小さな個体に収縮している中、成人年齢だけを下げて、果たして何が生まれてくるのか。(中島進)

少子化対策と若者定住を

~生まれ変わる「日刊新周南」目指して~

新年あけましておめでとうございます。
平成最後の年明けになりました。「日刊新周南」も平成と共に歩んできました。平成になる4年前に会社設立、「天皇御崩御」の見出しは、かつてない大きな文字を使った覚えがあります。その日から数日は、歌舞音曲はご法度で、国中が喪に服した感じだったのを忘れません。バブルがはじけ、リーマンショックがあり、「日刊新周南」も苦難の道だらけの地方紙作りが続きました。全国の地方紙が廃刊に追い込まれる中、何とか今日まで発行し続けていられるのも、多くの読者、スポンサーのおかげだと、心から感謝申し上げます。
ここ周南も平成の終わりに、象徴的なことがありました。戦後復興のシンボルとでも言える旧徳山市庁舎の取り壊しは感慨深いものがあります。また、戦後に出光興産と旧昭和石油が製油所建設を競っていましたが、当時の黒神直久市長などが、出光佐三さんの人柄に惚れて、起工式も済ませた昭和石油から出光興産にシフト、遂に国内最初の製油所が徳山に誕生しました。それが今年4月の経営統合の決定で、因縁を感じさせられました。
戦後昭和の時代は、それなりに変化はありましたが、国のありよう、国民の意識などは大きな変化はなかった感じです。当時、改憲論議などは夢のまた夢のようでした。地方では、投票率は70パーセントをはるかに超え、地方自治や、政治に多くの市民が関心を持っていました。街中でも、普通の人たちが政治論議に花を咲かせていたものです。
新しい元号を迎えるにあたり、「日刊新周南」も大きな変化を模索する時がやってきました。地域の情報を提供するにも、何の情報が役立つか、吟味に吟味を重ね、市民のニーズに応える紙面作りを展開します。地方自治の問題点、ビジネスに役立つ情報、生活をエンジョイできる情報、正確で的確な情報収集に努め、読みやすい紙面構成を展開するつもりです。
地方の問題は明らかです。若者を増やし、出生率を高めることが一番なのです。これなくして地方の課題はどれも解決できないことは明白です。周南地区が一体となって取り組むべき課題はそれに尽きます。山口県もそうです。維新150年のお祭りも終わりました。高校統廃合ばかり考えていないで、若者定住と子育て環境整備に、すべての部局が取り組むべき時代です。出生率が上がれば、統廃合も無くなります。企業の誘致も進みます。若者が激減しているところに企業も投資できません。「日刊新周南」は訴え続けます。少子化対策と若者定住を。(中島 進)