一言進言

韓国の友人に感謝!

~民間交流が最大の武器~
20数年前、小野英輔サマンサジャパン会長などと日韓親善協会を立ち上げた。黒神公直遠石八幡宮名誉宮司を会長に頼み、韓国・慶尚南道の馬山市との民間交流が始まった。40年以上前には、徳山商工会議所と馬山市商工会議所との姉妹縁組が締結され、双方の議員たちが、訪問し合っていた。
まずは子どもたちの交流をと、馬山市市民マラソン大会に、中学生と、一般のランナーを連れて参加した。記録の取り方もいい加減な、市民が楽しむマラソン大会だった。馬山市民が伴走したり、和気あいあいのムードで、楽しい思い出いっぱいの交流になった。スポンサーがついて、1万人規模の大会になったので、参加を止め、中学生のサッカー交流に切り替えた。
馬山中央中学校という私立中学校が交流相手だった。中には日本が大嫌いと公言する校長もいたが、交流している間に、大の日本ファンになった校長もいたり、中学生たちは未だに貴重な体験を喜んでいる。資金不足で2年前で中断しているが、日韓共に、ニュースなどで知るイメージとの差に、子どもたちは素直に驚きの声を作文に記している。
慰安婦問題や、徴用工問題などで日韓の間がもめている。前には竹島問題で荒れた。10年以上前になるか、馬山市議会で竹島が韓国領だと決議、韓国のマスコミも大きく取り上げた。その最中に馬山商工会議所が徳山に訪問団を派遣することになった。当時キム・サンシルさんが会議所会長をしていた。なぜこの時期に日本に行くのか、と韓国マスコミから突っ込まれたが、「友達に会いに行くのがなぜ悪いのか」と突っぱねた。逆に予定の人数より多くの議員団を引きつれて徳山を訪れた。
このたび、小野さんなどと馬山市を訪れた。キムさんや仲間たちが歓待してくれた。古い友人として心から喜んでくれた。政治家の言い合いにはうんざりしている様子だった。報道だけ見ると、ほとんどの韓国の人たちは日本に反感を持っていると思わせる。日本もヘイトスピーチなどがあって、韓国のマスコミもそこだけ強調する。しかし私たちは長い間交流活動をしてきて、多くの友人を得た。韓国でも一部の人たちが大きな声を上げている。日本もネット右翼と言われる人は極少数派だ。
日本を訪れる韓国からの若者観光客は急増している。民間人の感覚と、政治家、マスコミの感覚が大きくずれていることは、韓国の友人たちと接したらよくわかる。民間外交が広がることが、唯一の日韓問題の解決策かもしれない。政治家にはメンツとプライドがある。国際交流を進化させることに、地方自治体も力を入れるべきだろう。(中島進)

有名人を使って宣伝を!

~せっかくの周南市文化会館を使おう~

ネット社会と言われるが、まだまだテレビの力は大きい。以前、内富海苔さんから関西のテレビで、有名な芸能人が「これは美味しい」と語り、相当の注文が来た話を聞いた。周南市観光コンベンション協会発足して間もなく、やはり関西の番組で、同協会発売のすき焼き缶詰が美味しいと取り上げられ、注文が殺到したことがあった。有名人の一言がこれほど影響力を持つのには驚いた。
周南市文化会館は、全国屈指の多くのアーティストが訪れるコンサート会場だ。山口県の中では抜群だが、地方のホールとしても異例の多さだ。前からそのアーティストたちにプレゼント作戦をしようと提唱していた。地域の美味しいものをプレゼントしようというものだ。彼女、彼らが、テレビで語ってくれても良いし、ブログなどで書き込んでくれても良い。有名人の影響力を使おうという作戦だ。残念ながら、一度か二度は実践できたが、動く部隊がなかった。
特産品の売り込みは大変だ。自前で宣伝するのは大金が必要だ。全国の地方自治体が東京にアンテナショップを開設、必死でふるさと産品の宣伝を目指す。それはそれで大切だが、仕掛け方で大きな効果あることは意外に知られていない。昔、タモリさんが、全国のポン酢からどれが一番おいしいか、鑑評会のような番組をしていた。選んだのが、倉敷辺りの小さな醬油屋が作った塩ポン酢だった。当たりに当たり、注文しても中々手に入らないほどだった。いつの間にか、ここ周南ではスーパーたからが扱っていた。
先日、テレビでお笑いの出川哲朗などが徳山駅南口を訪れた番組を放映していた。どこか食べるところないかと聞くが、待機中のタクシー運転手は「無いよ」とそっけない。訪れた店は取材拒否。結局コンビニで買った弁当を持って徳山を離れた。南北自由通路を使って北口を教える人もいない。新幹線口だが、周辺の案内看板もない。南口を降りた人は北の様子もわからないままだ。せっかくのテレビ放映も、むしろ逆効果になった。
この間は福山観光コンベンション協会が当社を訪れた。同市は鞆の浦の鯛網が有名だが、2,500円の観覧チケットを読者プレゼントで使ってくれと持ってきた。次は宇部の宇部日報を訪れるという。なかなかのアイデアだと感心した。地方新聞社を使って宣伝してもらおうという企画だ。観光キャラバン隊のやり方も色々ある。さて周南市の「しゅうニャン市」キャラバン隊は成果があったそうだが、何をもってはかるのだろうか。(中島