ヘッドラインニュース

[県議選]周南市区立候補者インタビュー

[県議選]周南市区立候補者インタビュー(届出順=聞き手・山上達也)

「新しく造る」初心忘れず
自由民主党公認・現(1)
新造 健次郎(しんぞう けんじろう)候補(54)

190403shi

 ――いよいよ2期目ですね。
 新造 50歳にして新入社員の気持ちで県議の任期が始まりました。前半の2年は2人会派、後半は自民党会派に所属しました。
 ――どんなことに取り組んできましたか。
 新造 次世代産業の創出など産業振興に力を入れ、福祉の現場の声も積極的に耳を傾けました。時間はかかっても、少しでもいい方向に県政が進んでほしいと思います。
 ――高村衆院議員の秘書経験者が3人も出馬していますね。
 新造 高村先生の下で何を学び、感じてどう生かすかは人それぞれ。切磋琢磨し合って行きたいと思います
 ――2期目は何に取り組みますか。
 新造 今まで以上に産業振興に力を入れます。県の心臓部の周南を元気にすれば県も発展します。人口流出防止にも取り組みます。
 ――市長選にはどんなスタンスですか。
 新造 自民党新南陽支部の党員として支部の決定(木村健一郎氏支持)に従います。
 ――村岡知事はどう評価しますか。
 新造 地域に足を運んで県民に意見を求める努力はこれからも続けて欲しいです。
 ――市民へのメッセージをどうぞ。
 新造 「新しく造る」という初心を忘れずに2期目も頑張ります。
 [プロフィール]
 1964年生まれ。新南陽高第1期生で、広島修道大学商学部卒。サンデン交通社員、高村正彦衆院議員秘書を経て2015年に県議初当選。新南陽高同窓会副会長。大神。

------------------------------------------------

多くの“ボール”をキャッチ
無所属・新
松並 弘治(まつなみ こうじ)候補(42)

190403ma

 ――初の選挙戦ですね。出馬の動機は。
 松並 前市長の島津幸男市議主宰の政治塾「周南未来カフェ」に3年間通い、新しい世代による政治参画の必要性を感じました。
 ――島津市議はどんな人ですか。
 松並 決断力、実行力がある温かい人柄の持ち主です。私のためにご自身の足でチラシのポスティングまでしてもらっています。
 ――県議になったら何をしたいですか。
 松並 市民からたくさんの“ボール”をキャッチしたい。どんな変化球もしっかり受け止めて県政に反映させたいです。
 ――光高時代は甲子園に出場しましたね。
 松並 元周南市教育長の坂本昌穂監督の下で、夏の甲子園に2年連続出場しました。物ごとに勝つことの意義や、続けることの大切さを学びました。
 ――熊毛地域は昨年の豪雨で大きな被害を受けました。
 松並 復旧を急ぐとともに、災害を防ぐ対策や災害時の対応策の充実を求めます。
 ――市長選にはどう臨みますか。
 松並 島津市議が全面支援する藤井律子氏を応援します。
 ――市民へのメッセージをどうぞ。
 松並 秘書経験も議員経験もありません。市民に最も近い存在の政治家に徹します。
 [プロフィール]
 1977年生まれ。光高、北九州大学文学部卒。JA共済連を経て現在はプルデンシャル生命保険山口営業所長、周南市連合遺族会青年部長。呼坂。

【きょうの紙面】
(2)16年目の視座~周南市の課題「財政基盤」
(4)戸田市民センターの愛称「さくら」に
(5)明治150年の思い込め「未来の君たちへ」発刊
(6)桜まつりへ、光丘高生がポスター

▼紙面の購読:試読の方はこちら
http://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
http://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html