ヘッドラインニュース

木村君(久保中2)日本一に!

都道府県対抗全日本中学生ソフトテニス
男子シングルスで快挙

 3月26日から28日まで三重県伊勢市で開かれた第30回都道府県対抗全日本中学生ソフトテニス大会・男子個人シングルスで下松市の久保中2年、木村颯(はやと)君(14)が優勝し、堂々の日本一に輝いた。23日には市役所を訪ねて国井市長に報告し、今後の精進を誓っていた。

メダルをかけカップを持つ木村君と国井市長

メダルをかけカップを持つ木村君と国井市長

 木村君は小学3年で下松ジュニアソフトテニスクラブに入り、6年の時に中国地区小学生インドアソフトテニス選手権大会の個人戦で優勝。中学入学後も練習に励み続けた。
 男子個人シングルスには各都道府県から2人ずつ、開催地の三重県は開催地枠2人プラスで計96人が出場。木村君は県ソフトテニス連盟の選考で同じ久保中2年の西岡青晴君と出場した。
 木村君は準々決勝で宮城県代表を3―0で降し、準決勝では山形県代表を相手に苦戦したが、後半の3セットで一気に勝ち越して4―3で辛勝。決勝は優勝候補に目された福岡県代表に4―2で競り勝った。準々決勝、準決勝、決勝とも相手はすべて上学年だった。
 木村君は「とくに準決勝では最後まであきらめずにプレーしてよかった。これからも一日一日練習を重ねて、夏の全国大会に出場して結果を残したい」と決意を述べた。
 市長も「日本一になったことは素晴らしい。これからの活躍を大いに楽しみにしています。下松の名を全国に響かせて下さい」と励ましていた。

【きょうの紙面】
(2)スリランカゾウに新居、26日から公開
(3)下松、光商議所青年部が総会
(4)28日、大津島に「島食堂ひなた」開店
(5)あいぱーく光に幼・保育園児のこいのぼり

▼紙面の購読:試読の方はこちら
http://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
http://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html