ヘッドラインニュース

駐車場は20日から使用

周南市新庁舎・6月から有料

 周南市の新庁舎の駐車場が20日から使用できるようになる。30日までは無料で、オープニングセレモニーのため31日から6月2日まで閉鎖、3日から有料での使用になる。

完成した駐車場

完成した駐車場

 新庁舎の駐車場は建物の南側にあり151台分。料金ゲートを設置していて24時間使用できる。3日からは平日の午前8時から午後6時までは2時間まで無料、午後6時以降と土、日、祝日は1時間100円の駐車料金が必要になる。
 ただし、市役所に手続きに訪れた人や建物内のカフェ・レストラン、交流室、市庁舎北側の中央図書館の利用者は平日に2時間を超えた場合や、土日曜・祝日も手続きをすることで無料になる。このため7カ所に無料化に必要な認証機を設置する。
 市民館あとの臨時駐車場(85台分)、徳山保健センターの駐車場(38台分)も当面、使用できるが、6月中に片方ずつ閉鎖して料金ゲートを設置し、7月からは新庁舎駐車場と同額の駐車料金を徴収する。
 ただ、長時間、駐車した場合、新庁舎、徳山保健センターは12時間ごとに最大1,000円だが、臨時駐車場は24時間ごとに最大600円で、長時間の場合は同駐車場の方が安くなる。
 有料化の理由について市では必要な人の駐車スペースを確保するためと説明している。問い合わせは行政管理課(0834-22-8621)へ。

【きょうの紙面】
(2)徳山駅前再開発で周南市都市計画審議会
(3)山口銀行が来春、周南団地支店に保育施設
(4)徳山大の留学生と久米小児童が異文化交流
(5)周南文化協会が総会、西崎会長を再任

▼紙面の購読:試読の方はこちら
http://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
http://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html