ヘッドラインニュース

KYテクノロジー解散へ

【東洋鋼鈑】
鋼鈑商事に一部業務吸収
不採算業務は撤退

 東洋鋼鈑が100%出資するグループ会社で、下松市葉山に本社があるKYテクノロジー(清木和浩社長)が来年3月31日で解散し、同じ東洋鋼鈑100%出資の鋼鈑商事(本社・東京=福元雅浩社長)に業務を吸収されることになり、11月30日に吸収分割契約を結んだ。

KYテクノロジー

KYテクノロジー

 KYテクノロジーは2005年、東洋鋼鈑グループ企業の旧山橋工業と旧東洋木材工業が合併して発足。現在は東洋鋼鈑が開発した樹脂化粧鋼鈑「ビニトップ」を素材にサイクルハウス(自転車置き場)や、ごみステーションなどを製造販売し、2017年度の売上高は13億7200万円。
 しかし競争力の低下で業績が低迷し、安定的な収益を確保しているサイクルハウス関連事業を鋼鈑商事に移し、その他の事業からは撤退することで、人的資源をグループ内に再配分して全体の収益向上を図ることにした。
 この方針は25日の臨時株主総会で承認される見通し。東洋鋼鈑の執行役員を兼ねる清木社長は来年1月3日で退任して東洋鋼鈑の生産部門長付になり、後任の社長は東洋鋼鈑の三吉一裕管理部長が兼務のまま就任する。

【きょうの紙面】
(2)室積の栽培漁業センター跡に6次産業施設
(2)おもしろエコ川柳大賞決まる
(3)ニッシンイクスが新しいフローリング材
(6)西岡康雄さんが個展

▼紙面の購読:試読の方はこちら
http://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
http://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

部次長、建設社長再逮捕

周南市[官製談合事件]
周南緑地工事でも設計金額漏らす
組織的関与は不明

 周南市の徳山動物園リニューアル工事の設計金額を、落札した福谷産業に伝えたとして逮捕されていた市都市整備部次長兼区画整理課長の国沢智己容疑者(60)と同社社長の福谷徳三郎容疑者(66)が10日、別の工事で同様の容疑で逮捕された。
 最初の逮捕は11月19日で、10日に起訴された。今回の容疑は2016年11月24日にあった「周南緑地(メインエントランス)整備工事」の一般競争入札をめぐるもの。国沢容疑者は10日午後1時54分、周南署で前回と同じ官製談合防止法違反と公契約関係競売等妨害罪、福谷容疑者は同2時2分、下松署で前回と同じ公契約関係競売等妨害罪の容疑で逮捕された。
 この入札当時、財政部技監兼検査監だった国沢容疑者は同年11月中旬、市内かその周辺で福谷容疑者に対し、設計金額が2760万6千円であることを伝え、福谷産業はこの金額から算出した2447万3540円で落札したと見られる。この金額は低入札価格調査の「判断基準額」と同額だった。この金額を下回ると、自動的に不落札になる。
 この入札は23社が参加、7社が判断基準額を下回ったため不落札。残った16社のうち最も金額が低かった同社が低入札価格調査の結果、落札した。

取材に答える木村市長

取材に答える木村市長

 市はこの日、12月定例市議会の一般質問の最中。再逮捕は職員から知らされたという木村市長は議会終了後、取材に応じ「大変に遺憾。全面的に捜査に協力したい」「綱紀粛清、市民との信頼回復に努めたい」と述べた。
 国沢容疑者の逮捕容疑は個人的なものか、組織的な関与があったのか問われると「コメントを差し控えたい」と答えた。1月中旬に全職員に対し、公務員としての倫理、法令順守の研修会を開く考えも明らかにした。
 国沢容疑者は起訴されたことでこの日から休職になった。これまでは有給休暇扱いだった。

【きょうの紙面】
(2)和田小、中支援の和ネットに文科大臣表彰
(3)女性の働き方でシンポジウム
(3)日立笠戸、技能実習生26人の計画認可
(5)9ライオンズクラブが合同で資源回収

▼紙面の購読:試読の方はこちら
http://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
http://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

10人勤務でも人の気配ない?

周南市議会 一般質問・旧翔北中の現状説明

 周南市12月定例議会の7日開かれた一般質問で、福田文治議員(六合会)が中山間地域の活性化へ、市が長穂の旧翔北中を民間企業の周南クリエイティブセンターに貸している事業の実態などをただした。
 同センターには校舎を無償で貸したうえに2015年度から18年度まで市が年間、上限1千万円を補助しているが、条件の一つの地元の地域活動には参加していないことなどが明らかになった。
 同センターは16年8月に開業。貸し付け期間は26年3月までの10年間。貸付にあたって開業から3年以内に10人以上を雇用し、従業員か事業の関係者が5世帯以上、中山間地へ移住すること、中山間地域の地域づくりなどに貢献するという条件が付けられている。
 福田議員は従業員の出勤日数や滞在時間、地域への貢献、地元との関係などをただし、同センターを訪れた際、人の気配がなかったとも述べた。
 これに対して木村市長は同社が印刷物やホームページの作成、クリエイターの育成、アプリケーションシステムの開発などに携わり、勤務時間は午前9時から午後5時までで、3人が週5日、7人は週3日勤務していると説明。
 ただ、勤務形態は不規則で、営業活動などのため外出していることも多いと聞いており、勤務時間は出勤簿でチェックしているが、来年1月からはタイムレコーダーを導入すると述べた。
 当初の同センターの目標である漫画塾とデザインのコラボレーションによる全国発信はできているのかという問いには、同センター設立をきっかけに隣の大道理地区に漫画家を目指す若者6人が住むようになって大道理まんが村として活動、NHKがドキュメンタリー番組を制作するなど話題になったと説明した。
 地域への貢献も、まんが村の若者は大道理地区の行事にも積極的に参加していると述べた。一方で、同センターは貢献したい意識は持っているが、直接的な活動が見られず、課題となっているとした。
 このため、福田議員が地域とのつながりを作るため、補助金の一部を使って地元自治会に敷地内の草刈りなど環境整備を依頼することや、全国に発信できる周南漫画祭りの開催などで盛り上げることを提案した。

【きょうの紙面】
(2)和田和年さんに総務大臣表彰
(3)新南陽商議所が国立研究開発法人と共同研究
(3)次世代の豊かな心プロジェクトで影絵劇
(5)中村小で年末年始防犯のつどい

▼紙面の購読:試読の方はこちら
http://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
http://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

「またしてみよう」

[金曜記者レポート]
30代記者の初めての献血体験

 病気やけがの治療に使われる血液を提供する献血。県内では今年度、全協力者のうち10~30歳代が占める割合は32.6%(10月8日現在)で全国最下位だと取材の際に知った。全国平均は38.5%。県の若年層比率が全国的に低いことも影響しているとみられるが、ほんのわずかでも貢献できればと、30代の筆者が初めての献血に臨んだ。(安達亮介)

記入、問診、生体認証も
 11月16日、県赤十字血液センターの献血バスが訪れていた周南市の山口銀行徳山支店へ。駐車場に設けられた受付に行くと、3日以内に出血を伴う歯科治療を受けた人、エイズ検査が目的の人などは献血できないことが書かれた紙を渡され、目を通す。
 続いて受付確認票に氏名や生年月日、身長、体重といった情報や、血液検査結果の通知を希望するかどうかなどを書き、希望献血の個所には400ミリリットルに丸を付けた。ちなみに献血は成分献血、400ミリリットル、200ミリリットルの三つがある。
 また予診票に直近の食事時間や睡眠時間、きずや口内炎、やけどの有無、治療中の病気の有無なども記入。服薬や病歴などの質問にタブレット端末で答える必要もあった。
 初回ということで、指静脈の生体認証や暗証番号の登録もした。次回以降はより早く本人確認ができるそうだ。その後は医師による問診や血圧測定も受けた。

献血をする記者

献血をする記者

検査と本番で2回注射
 看護師が待つバスの中に入るとまずヘモグロビン濃度の測定などのため少量を採血。基準を満たしていない、いわゆる貧血の場合は献血できないという。
 基準をクリアしたのでベッドに移動して反対側の腕から採血開始。事前にもらっていたペットボトルのお茶(スポーツ飲料と選択可)を飲んだり、血流を良くするための足を交差して力を入れたりする「レッグクロス運動」なるものをしつつ、10~15分で終わった。不安だった痛みは針を刺した瞬間に少し感じただけ。血を抜かれる感覚もなかった。
 筆者には約4.7リットルの血液があるそうで、15%に当たる700ミリていどまでは採血しても問題はないという。失った血液量は水分補給により数時間で元に戻るが、成分の回復には時間がかかるため数カ月空けないと次回の献血はできないという説明も受けた。

献血バス

献血バス

献血カード=約10年前までは手帳だった

献血カード=約10年前までは手帳だった

計1時間で終了
 最後に次回以降、本人確認に使う献血カードを受け取った。磁気カードで、裏面には献血回数や次回献血可能日も記載されていた。
 受付から終了まで約1時間を要したが、この日は看護師がいつもより少なかったらしく、400ミリ献血の場合は40分ていどで終わることもあるそうだ。
 若年層の献血者数は減少傾向にあり、今後、少子高齢化が進めば長期保存できない血液の安定供給に支障をきたす恐れもある。気軽にできる、命をつなぐボランティア活動として今後も機会があれば参加したいと感じた。

 献血ができるのは16~69歳で、65歳以上は60~64歳の献血経験が必要。昨年度、県内では成分献血8,570人、400ミリリットル献血38,984人、200ミリリットル献血575
人の計48,129人が協力している。
 中四国ブロックでは、昨年度は前年より減ったものの、医療に必要な輸血用血液製剤についてはほぼ献血で確保できたという。ちなみに2014年の東京都の疾病別輸血は日本人の死因第1位のがん治療が40%を占める。これは抗がん剤を使用すると赤血球が作られなくなるためで、輸血は誰にも関係するものであることがわかる。

【きょうの紙面】
(2)22日からちょい乗り100円バス運行
(2)10日から年末年始交通安全県民運動
(3)徳山酒の会が遠石八幡宮に献酒
(5)星の子クリスマス会に親子150組

▼紙面の購読:試読の方はこちら
http://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
http://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

徳山商議所初の合同プレス発表会に7社

ガソリンスタンド用スポットクーラー
関西化研工業が開発

 周南市の徳山商工会議所は4日、徳山駅前賑わい交流施設で初の新商品・新サービス合同プレス発表会を開き、7社が参加した。栗屋の関西化研工業(重永つゆ子社長)は来年3月に発売するガソリンスタンド用の冷風を送るスポットクーラー「冷え太郎」を発表した。
 このほか新町のグリーンハートがシャンプー&アウトバストリートメント▽今住町のすおうらんぷがオイルランプを使ったイベント開催▽秋月のFleur Parler(フルールパレル)が開発中のコラーゲン、金粉入りの石けん▽河東町のメンタル・ボディケアサロンLAVISHが生薬入浴剤▽銀南街の銀座社会保険労務士法人が「テレワーク」の導入支援▽銀座のジェラテリア・クラキチが新メニューのクレープを紹介した。
 報道機関のほか一般市民30人も参加し、1社5分の説明のあと、各企業がブースで製品を前に質問に答えた。

関西化研のスポットクーラーと沢野常務

関西化研のスポットクーラーと沢野常務

 関西化研工業はガソリンスタンドなどを通じてオイル添加剤などのカー用品を全国で販売。ガソリンスタンドでは揮発性ガスに引火、爆発する危険があることから、夏場も消防法で既存のスポットクーラーが使用できなかった。冷え太郎は消防法に適合するよう床から電気部まで60センチ以上の高さがあり、ガソリンスタンドで使用できる初の装置となっている。
 高さ1メートル、幅、奥行きは40センチほど。外気温30度、湿度60%でダクト先端の吹き出し口の温度は22度。オプションで長さ1.6メートルのダクトを付けることもできる。特許も申請している。
 値段は30万円を予定し、カー用品と同じルートで販売するほか、修理工場、カーディーラーにも販路を広げ、3年間で700台の販売を目指している。
 この日は沢野成美常務(53)が説明し、ガソリンスタンドは全国で3万3千店あるが、気温が35度以上になると作業場は43.5度になる過酷な職場であり「冷え太郎」が労働環境の改善に役立つと話していた。

【きょうの紙面】
(3)CCS、大幅増収増益
(4)東ソーカップサッカーに16チーム
(4)松星苑でクリスマス会
(5)笠戸島ハイツでまるごと笠戸島

▼紙面の購読:試読の方はこちら
http://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
http://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

職員に市長の指導、指示なく

周南市[官製談合事件]
職員逮捕後も同様の入札続行

 周南市の木村市長は3日に市役所で開いた定例記者会見で、11月19日に都市整備部次長兼区画整理課長が官製談合の疑いで逮捕されてから2週間が経過したが、職員に対しては副市長から「綱紀の粛正について」の通達を出しただけで、市長からは特に指示、指導はしていないことがわかった。

記者会見する木村市長

記者会見する木村市長

 逮捕された職員は技監兼検査監だった昨年12月の徳山動物園のリニューアル工事の入札の前に設計金額を業者に伝えた疑いで、伝えられた建設会社社長とともに周南署に逮捕された。
 副市長の通達は21日付けで「常に公務員としての自覚を持ち、地方公務員法をはじめとする法令を厳に順守し、かつ倫理の高揚に努め、市政及び職員に対する市民の信頼を損なわないよう、自らを律し行動すること」「職務上の利害関係者との接触に当たっても、市民から疑惑や不信を招くおそれのないよう十分留意すること」などを求めている。
 入札を担当する契約監理課にも特段の指示はしておらず、職員の逮捕後も通常と同様に入札を執行。建設工事などの入札では、11月21日の指名競争入札の市道折羽・中開作線舗装工事は6社のうち4社が辞退、残る2社が同額でくじ引きで落札業者が決まった。
 条件付き一般競争入札の市道富田川東岸線舗装改修工事は8社が参加したが、全社が低価格による落札を防ぐための調査基準価格と落札できない判断基準額の間で同額。くじ引き、低価格調査の結果、落札業者が決まった。
 28日は指名競争入札2件のうち大潮管蔵地区農地整備工事は7社が辞退、入札参加業者が1社になったため入札ができなかった。もう1件の大島地区旧職員住宅解体工事も12社のうち10社が辞退し、2社で入札があった。辞退が多いが、これは通常のことという。
 条件付き一般競争入札の室尾かんがい排水機場整備補修工事はすべての応札額が予定価格を超えたため、保留となっている。

【きょうの紙面】
(2)年末年始特別警戒隊発足
(3)2、3月に周南、下松で辻コン
(4)八代でツル慰霊祭
(5)桜木スポ少親ぼく野球大会に33チーム

▼紙面の購読:試読の方はこちら
http://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
http://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

児玉源太郎に思いはせて

19日・遠石会館で明治維新150年の宴

 日本が近代国家として国際社会へデビューしようとした明治のころの日本酒と料理を楽しむ「明治維新百五十年の宴~源太郎に思いを馳せて」が19日午後6時半から周南市の遠石会館で開かれることになり、参加を呼び掛けている。

明治の日本酒のラベル 山縣本店の純米酒「藤園」

明治の日本酒のラベル
山縣本店の純米酒「藤園」

明治の日本酒のラベル はつもみぢの純米酒「源太郎」

明治の日本酒のラベル
はつもみぢの純米酒「源太郎」

 徳山藩出身の軍人で政治家の児玉源太郎(1852-1906)の顕彰会を中心に発足した「明治維新百五十年回想と顕彰」周南実行委員会(小川亮会長)の主催で、同実行委の今年最後の事業。
 戊辰戦争にも出陣し、西南戦争、日清戦争、日露戦争を戦い、台湾総督や陸軍、内務、文部大臣も務めるなど明治を生き抜いた児玉に思いをはせる。
 当日は明治の製法で醸造した、ともに純米酒の久米の山縣本店の「藤園」、飯島町のはつもみぢの「源太郎」が披露される。「箱根八里」「ふじの山」などをバンドのディスコードが演奏する。
 和食と牛鍋や鹿鳴館にちなむ料理が並び、酒は山縣本店、はつもみぢの現代の酒やワインなども用意する。
 参加料は1万円。申し込み、問い合わせは周南文化協会内の実行委事務局(0834-22-8190、FAX22-8191)へ。

【きょうの紙面】
(2)県公民館報コンクール優秀賞に光井CS
(3)銀南街に園児が飾り付けたツリー
(5)山本さんフェンシングアジア大会3位
(6)8日にかの冬花火「銀嶺の舞」

▼紙面の購読:試読の方はこちら
http://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
http://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

若手11人が成果報告

㈱トクヤマ
徳山科学技術振興財団研究報告会

 新材料分野で若手研究者に助成している徳山科学技術振興財団(理事長・楠正夫㈱トクヤマ会長)は11月29、30日、昨年度の助成対象者による研究成果報告会を周南市御影町の㈱トクヤマ徳山製造所で開き、11人が発表した。

あいさつする楠理事長

あいさつする楠理事長

 同財団は1988年に㈱トクヤマが創立70周年を記念して設立。独創性の高い研究に取り組んでいる45歳未満の若手研究者に最高200万円を助成しており、これまで約4,600件の応募から約450件を採択している。
 報告会は21回目で、以前は関東地区で開いていたが、㈱トクヤマ本社機能の一部と財団事務局を同製造所に移したのに伴い、昨年から徳山製造所を会場にしている。
 29日は発表者や選考委員(委員長・西原寛東京大学教授)、同社の従業員など約60人が参加。楠理事長のあいさつのあと、助成を受けた大学教授などの8人が「多核異種金属錯体のオンデマンド合成による効率的な二酸化炭素還元触媒系の創出」「レドックス型結晶性多孔体による二酸化炭素の固定資源化」「細胞内pHの違いを利用したガン細胞選択的新規抗ガンシステムの開発」など多岐にわたる研究成果を発表した。
 続いて古川安財団理事の記念講演「応用をやるなら基礎をやれ~化学の京都学派と実理兼備の学風」があり、翌日は2人の発表と講評などがあった。

【きょうの紙面】
(3)山陽道熊毛I.C.料金所で防犯訓練
(3)未成年喫煙防止へ県推進協が発足
(4)笠戸島トレイルへ実行委が山道整備
(5)周南市で高齢者振興大会

▼紙面の購読:試読の方はこちら
http://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
http://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

第3者委員会で入札制度見直し

[官製談合事件]
周南市議会・市長が全協で説明
2016年度にも不審な入札で通報

 周南市の徳山動物園のリニューアル工事をめぐり、官製談合の疑いで19日に職員と業者が逮捕されたことを受け、市は28日、市議会全員協議会を開き、木村市長と各部長が事件について説明した。議員からは逮捕、捜査の経緯や市長と逮捕された業者の関係、今後の取り組みなどの質問が出され、市は第3者の入札監視委員会で入札制度の見直しをする考えを示した。

説明する市長

説明する市長

 この事件は昨年12月の入札で、当時、技監兼検査監だった国沢智己都市整備部次長兼区画整理課長が、福谷産業の福谷徳三郎社長に設計金額を示し、この金額をもとに応札額を決めた福谷産業が落札した。
 全員協議会は市からのこの事件を説明したいという求めに応じて開き、報道関係者や傍聴の市民も多かった。最初に市長が経緯を説明し「二度と起こさないよう万全の対策で臨む」と述べ、原因の徹底究明、職員の綱紀粛正などへの意欲を見せた。
 また2016年度に契約審査会から疑義のある入札があるのではと伝えられた市長が警察への通報を指示したことを明らかにし、この時から捜査して今回の逮捕につながったのではないかとも述べた。見直しへ意見を求める入札監視委員会は大学や高専の教員、弁護士が委員を務めている。
 質疑では国沢次長の処遇は現在、有給休暇扱いで、起訴されれば休職扱いになり、判決が出たあと処分を決めると説明した。執務室に業者が出入りできる状態だったのではないかと問われると、職員以外が立ち入れないようにしていると答えた。入札で応札額が同じのためくじ引きが多い理由は単価など工事費の産出根拠がすべて公表されているためであるとも説明した。
 市長と福谷社長の関係では中学の同級生であり、選挙では応援してもらったが、後援会の役員や選挙運動の参謀ではなく、市長になってからはゴルフや2人だけの会食もしたことがないと改めて説明した。

【きょうの紙面】
(2)テロ対策で下松地区パートナーシップ設立
(2)金峰の国道434号通行止め2カ月ぶり解除
(3)日本ゼオン協力会が市にペットボトルふた2万6千個
(5)つつじ園の来年のカレンダー、土鈴完成

▼紙面の購読:試読の方はこちら
http://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
http://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

イタリア製家具が到着

周南市新庁舎ロビーに

 周南市の新庁舎の1階待合ロビーなどに置かれるベンチなどイタリア製の家具が届き、24日に設置された。入札が不調となったことや、台風21号で大阪港が被災して荷揚げができなくなってイタリアからの貨物船の出港が遅れ、新庁舎の業務開始から5カ月を経て納品された。

市民さろんの椅子

市民さろんの椅子

待合ロビーのベンチ

待合ロビーのベンチ

 到着した家具は待合ロビー用に3~5人掛けのベンチが3種類、20脚と、円形ソファ。市民さろん用に1人掛けの椅子が12脚、2階の吹き抜け周り用に3人掛けのベンチ2脚。このほか市民さろん用に日本製の多角形デザインソファがある。
 契約金額は971万8,920円で、五月町の三光堂が納入した。これまで、待合ロビーでは2期工事で建設中のシビックプラットホーム内の会議室で使用する椅子を早めに納品してもらって使用していた。

【きょうの紙面】
(2)周南市民参画推進審が答申
(3)向西会館ひかり、12月2日オープン
(4)下松市で快適な環境づくり県大会
(5)桜木野球スポ少大会に33チーム

▼紙面の購読:試読の方はこちら
http://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
http://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html