ヘッドラインニュース

キャラバン、認知症講座にも協力

周南市が損保ジャパンと包括連携協定

 周南市は27日、損害保険大手の損害保険ジャパン日本興亜(本社・東京)と地方創生に係る包括連携協定を結んだ。市の認知症サポーター養成講座を従業員が受講、全国をキャラバンカーで訪れる事業にも協力するなどさまざまな分野で連携を深めていく。

協定書を持つ沢田支店長(左)と木村市長

協定書を持つ沢田支店長(左)と木村市長

 同社は全国に約25,000人の従業員を抱えて自治体との連携協定を進めており、市町村では75件目、県内では初めて。
 連携事項は地域防災への協力▽地域の安心・安全▽認知症患者やその家族の支援▽健康増進▽子ども・子育て支援・青少年育成▽シティープロモーション▽地方創生の実現に関することの7つ。
 職員が全国各地を車でめぐるキャラバンカーは市のシティープロモーション事業として9月に始めるが、この協定締結に伴い、同社の各支店を訪問してPRすることにもなった。そのほかの連携事項については今後、内容を深めていく。
 この日は市役所に山口市の同社山口支店の沢田良隆支店長、周南市の同支店徳山支社の梅沢良太支社長、鈴木英雄特命課長が訪れ、沢田支店長と木村市長が協定書に署名した。
 市長は「心強く思う。より一層市民サービス向上につながることを期待する」と述べ、沢田支店長は「可能な限り協力し、地域活性化にもつなげたい」と話していた。

【きょうの紙面】
⑵テロ対策周南地区パートナーシップ発足
⑶オープンはヘアーサロン紡樹
⑷工藤さん「アメリカ海軍艦載機の日本空襲」出版
⑸周南市で全国小学生学年別柔道大会

▼紙面の購読:試読の方はこちら
http://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
http://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

振り込め詐欺防止へ

リースキン周南営業所が玄関マット

 周南市御弓丁のリースキン周南営業所(河井=こうい=大樹所長)が振り込め詐欺の被害防止を呼び掛ける玄関用マットを作った。金融機関などに利用を呼び掛けている。

河井所長とマット

河井所長とマット

 リースキンは広島市に本社があり、玄関マットやモップなど清掃用具のレンタルを中心に事業を展開。周南営業所は防府市から柳井市、上関町までがエリア。
 マットは縦75センチ、横90センチ。店名などを入れることができるが、今回は美術大学出身の同営業所の橋本剛志さん(29)がデザインした。
 2種類あり、警察官や電話をかける人物を入れ、赤い目立つ字で「詐欺にご注意を!」「振り込め詐欺にご注意!!」と書かれている。2カ月かけて試作を繰り返して完成させた。
 マットは2週間で取り替え、レンタル料は1枚が2週間800円。すでに使っている店舗もあり、河井所長(34)は「少しでも注意喚起につながれば」と話している。
 問い合わせは同営業所(0834-32-7800)へ。

【きょうの紙面】
⑶日立OBらがプログラミング教室
⑶“人”は前田まえだ循環器内科院長
⑷⑻笠戸島イカダまつりに51艇
⑸徳山商工高がブリッジコンテスト

▼紙面の購読:試読の方はこちら
http://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
http://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

女性の建設業就職促進へ

高校生らが“けんせつ小町”と交流

 女子高校生などに建設業への理解を深めてもらおうという交流会「けんせつ小町に会おう!」が22日、周南市戸田の道の駅「ソレーネ周南」研修交流室で開かれ、徳山商工高生24人、徳山高専生10人の計34人が官民の建設業に従事する“けんせつ小町”の女性12人から仕事のやりがいなどを聞いた。

質問しながら交流する参加者

質問しながら交流する参加者

 県の主催、中国地方整備局山口河川国道事務所、県建設業協会の共催で、昨年、長門市で開いて2回目。当初は防府市富海地区の国道2号拡幅工事の現場も見学する予定だったが、台風の影響で中止した。

工事概要を説明する山村さん

工事概要を説明する山村さん

 この日はまず同高専出身で中国地方整備局初の女性技官でもある山口河川国道事務所工務課専門官の山村尚美さん(48)が、富海の拡幅工事の概要を説明。拡幅による渋滞緩和で地域産業の活性化、観光振興も期待できることなど効果を話したほか、同局では女性職員による「くらしてミーティング」を組織して女性の入職促進や就労継続などに取り組んでいることも紹介した。
 そのあとは工事現場をシミュレーションできる建設VR(仮想現実)の体験もし、最後に昼食を食べながら座談会があった。
 徳山高専土木建築工学科2年の浅田穂乃果さん(17)は「進路は決めていないが、学生のうちにいろいろなことを学びたいと参加した。(けんせつ小町に対しては)学生の時に考えていたことなどを聞きたい」と話していた。

【きょうの紙面】
⑵“人”は県PTA連合会長の吉武さん
⑵光市が名刺のデザイン公募
⑷動物たちの猛暑対策あれこれ
⑸カナダ派遣の下松、光市の中学生帰国報国

▼紙面の購読:試読の方はこちら
http://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
http://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

3市の外国人住民は2,811人

【金曜記者レポート】
下松市はベトナム語版市政要覧

 国際化の進展で周南3市でも仕事や留学で在留する外国人は増え、7月末現在で3市合計で2,811人になっている。各市は外国人をどこまで「住民」ととらえて意思の疎通を図ろうとしているのか。実態を追ってみた。(山上達也)

フィリピン人、ベトナム人急増

 7月末現在で住民登録している外国人は周南市に1,617人、下松市に818人、光市は376人。外国人登録制度が2012年に廃止されて以降、特別永住者や中長期在留者のように適法に3カ月以上在留する外国人は日本人と同じように各市町村の住民基本台帳の適用対象になっている。
 3市ともかつては戦前の朝鮮半島出身者とその子孫の「韓国・朝鮮」が外国人住民の大半を占めていたが、ここ10年で勤労者や留学生が増加し、その他の国の出身者が増えた。
 3市で見ると、韓国・朝鮮以外ではフィリピンが613人、ベトナム586人、中国343人と続いている。
 フィリピンは下松市の日立製作所笠戸事業所の技能研修生が大半を占め、ベトナムは徳山大学や専門学校の留学生が多くを占める。中国人も留学生や下松市の新笠戸ドック、東洋鋼鈑下松事業所で働く人が大半だ。

下松市は英語版ごみ分別ガイド発行

 下松市は今年、ベトナム語版の市政要覧を発行した。ベトナム出身の住民の増加や東京オリンピックのバドミントン競技の事前キャンプ地にベトナムチームを誘致することを見越したものだ。これで同市の市政要覧は日本語、英語、ベトナム語の3カ国語になった。
 光市、周南市は外国語版を発行していない。周南市は2006年に発行されたのが最後で、改訂版もなく、市長らに外国人の来訪者があった場合は台湾や香港、マカオで使われる“繁体字”の中国語をベースに英語も表記した観光パンフレットを渡しているという。
 周南市はオーストラリア、オランダ、ブラジルに姉妹都市があるが、英語圏のオーストラリアはともかく、オランダ語やブラジルの公用語のポルトガル語の市政要覧もない。
 周南市の外国語の観光パンフレットは中国語、英語版だけだが、下松市は英語、中国語、韓国語で発行。中国語は大陸で使われる“簡体字”の表記だ。
 光市も英語版を発行し、英語版は中学生の英語教育に使われている。
 さらに下松市では外国人向けにごみ分別ガイドの英語版を発行しており、ごみの分別がしやすくなったと好評だ。

各市の外国語版市政要覧や観光パンフレット

各市の外国語版市政要覧や観光パンフレット

180824h1180824h2

在日外国人を「親善大使」に位置づけを

 外国人が来日して日本に住む場合、まず足を運ぶのは市役所。そこで英語や母国の言葉で説明するものがあれば、日本での生活になじむのに役に立つことは間違いない。
 いずれ国に帰る人が大半であるなら、彼らを「親善大使」と位置づけ、地域の印象を向上させる一層の取り組みが必要ではないか。

【きょうのニュース】
⑵東ソー、市にペットボトルのふた約20万個
⑶企業探訪は東ソー・エスジーエム
⑷ちょっと寄り道~児玉源太郎編⑨
⑸延期の光市民夏期大学、新日程決まる

▼紙面の購読:試読の方はこちら
http://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
http://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

指定管理料200万円増額

貸し出し予想以上
徳山駅前図書館・書籍購入費に

 周南市議会中心市街地活性化対策特別委員会(田中和末委員長)が21日開かれ、徳山駅前図書館で予想を上回る本の貸し出しがあることから、図書購入費として今年度の指定管理料を200万円増額する議案を9月議会に提出することが報告された。

貸し出しが好調な駅前図書館

貸し出しが好調な駅前図書館

 委員会では野村正純中心市街地整備部次長、広崎博之中央図書館長らが説明。2月にオープンした徳山駅前賑わい交流施設及び徳山駅前図書館は年間約1億5千万円、そのうち図書館部分は約9,100万円の指定管理料でカルチュア・コンビニエンス・クラブが運営している。来館者数は19日時点で約115万人とすでに年間目標の120万人に迫っており、当初の想定よりも多い。
 また市内のほかの図書館では一度に借りられる図書は上限15冊、新刊は5冊までだが、徳山駅前図書館では開館時に新刊だけで6万冊を置いたため、その後に追加したもの以外は15冊まで借りられるようにしている。
 このため貸し出しが多く、本棚に空きが目立つようになったことから文庫、料理の本など1,500冊を追加購入していた。増額分はその購入費にあてる。

【きょうの紙面】
(2)周南市のごみ排出量が微増
(3)ヨロシクは白石出光徳山副事業所長
(4)富田中PTAが駐輪場を増設
(5)26日に笠戸島イカダまつり

▼紙面の購読:試読の方はこちら
http://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
http://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

地域医療の現場を学ぶ

医学生、看護学生がセミナー

 医学生や看護学生などが地域医療の現場を学ぶ「やまぐち地域医療セミナー2018in周南」が20日から22日まで開かれ、37人が周南市内の病院や介護施設など37カ所を訪れて地域医療の最前線にふれて理解を深めた。

利用者に話を聞く久保さん=とーかで

利用者に話を聞く久保さん=とーかで

 県や関係機関で作る実行委員会の主催、地域医療振興協会県支部、市の共催。医師不足や看護師不足など地域医療を取り巻く環境が厳しさを増す中、医学生などに地域医療の重要性と魅力を学んでもらおうと2010年度から毎年開かれてきたが、周南市単体での開催は今回が初めて。
 参加したのは自治医科大学、山口大学医学部、県立大学看護栄養学部看護学科、徳山看護専門学校、高知大学医学部の学生。20、21日に各医療機関などで自身が組んだプログラムなどで実習し、22日に市役所で報告会もあった。
 20日には政所のデイサービス、訪問介護、ショートステイの小規模多機能とーか(藤井佳子施設長、23人)を徳山看専門護学校1年の光市の久保弥生さん(45)が訪れ、利用者や職員にさまざまな質問をして施設の実情を調べていた。
 介護職の経験者でもある久保さんは「体が不自由な人への対応の仕方などがわかり、勉強になった」と話していた。

【きょうの紙面】
(2)桜大橋の死亡事故撲滅へパトカー巡回
(3)建設山口下松支部が米川小を修理
(4)(5)カラー特集「“ドローン”de空から訪問」は周南市遠石八幡宮から撮影

▼紙面の購読:試読の方はこちら
http://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
http://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

子どもたちがプログラミング

Coder Dojo光が1周年

 光市の子どもたちのプログラミングクラブ「Coder Dojo光」(石川博之さん主宰)が昨年8月5日のスタートから1周年を迎えた。19日には午前中に第16回目、午後に17回目が浅江のホンダカーズ光東光店のコワーキングスペース「N LABO」であり、参加者は延べ148人になった。

石川さんと子どもたち=19日

石川さんと子どもたち=19日

 Coder Dojo(道場)は2011年にアイルランドで始まり、同国にある財団に登録して活動する。日本にも150の道場がある。参加は無料で、会費などを徴収しないことなどの「憲章」に同意して登録し、運営者はチャンピオン、参加する主に小中学生はニンジャ、子どもたちを支援する大人はメンターと呼ばれる。
 光は県内最初の道場で、チャンピオンは石川さん。メンターはシステムエンジニアや徳山高専、山口大学の学生など10人。参加する子どもは第1回目は4人だったが、10人を超える時もあり、最多時は14人だった。
 子どもたちは自分でテーマを決めてパソコンでゲームやアニメーションを作り、メンターがアドバイスするほか、子ども同士でも教え合い、最後に発表の時間もある。周南を中心に岩国、柳井、防府、山口市からも参加している。
 石川さん(34)は「やりたい子が集まれる場所、コミュニティーにしたい」と張り切っている。
 開催の情報はホームページなどに掲載している。

【きょうの紙面】
(2)光市で戦没者追悼式
(4)会長さんは新南陽若山LCの小野さん
(4)県書道連盟展盛況
(5)福川の暮らしや歴史伝える企画展

▼紙面の購読:試読の方はこちら
http://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
http://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

58年ありがとう

周南市の旧新南陽総合支所でお別れ会

 周南市は南陽町庁舎、新南陽市役所として使われ、周南市発足後は新南陽総合支所となっていた富田の新南陽庁舎のお別れ会「58年の歴史に感謝を込めて」を18日に開き、職員や市民らが新南陽地区のまちづくり拠点となってきた半世紀以上の歴史を懐かしんだ。

関心を集めた定礎箱の中身

関心を集めた定礎箱の中身

議場

議場

来場者に配られた記念品

来場者に配られた記念品

 この建物は1960年に南陽町の庁舎として建設されたが、老朽化、耐震性不足などから9月以降に解体され、跡地に隣接の西消防署を建て替える計画。総合支所としては10日まで利用され、13日からイオンタウン周南内の仮庁舎に移っている。
 お別れ会では午前中の2時間、施設内が一般開放され、約40人が出席したオープニングセレモニーでは木村市長が「新南陽のシンボルとしてまちづくりに寄与してきた。これまでの意思をしっかり引き継いでいきたい」とあいさつした。
 1階ロビーには建設時に建物に埋め込んだ定礎箱の中身も展示。建物の平面図や58年前の新聞、たばこの箱などが並べられ、建築主の久楽利郎南陽町長、各町議会議員の名前などが刻まれた銅製の定礎箱も置かれた。
 来場者は4階建ての建物内を自由に見て回り、合併する前まで使われていた議場などで写真を撮る人も多かった。記念品として新南陽ゆかりの尾崎正章画伯の絵ハガキや「新南陽かぞえ唄」のレコード、敷地内の桜の花を押し花にしたしおりなども配られた。

【きょうの紙面】
(2)周南市旧庁舎解体工事に遅れ
(2)周南市議会、9月2日に議場でコンサート
(4)会長さんはSI新南陽の小沢さん
(4)水中転落の男性救助で感謝状

▼紙面の購読:試読の方はこちら
http://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
http://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

復旧はこれから

【金曜記者レポート】
周南市熊毛地区の被災から1カ月半
農地、市道、災害ごみ

 7月の西日本豪雨から1カ月半。周南市では熊毛地区の被害が大きく、島田川がはんらんして住宅などが床上・床下浸水したほか、樋口では土石流で住宅2戸が全壊し、1人が死亡、1人が重傷となっている。浸水した住宅の片づけはボランティアの協力もあって進んだが、一方で道路、農地は被害状況もまとまっていないのが現状で、三丘徳修公園に集められた災害ごみも分別の最中。農地もほとんどが手つかずの状態で、本格的な復旧はこれからだ。(延安弘行)

樋口の現場=13日

樋口の現場=13日

三丘徳修公園の災害ごみ=13日

三丘徳修公園の災害ごみ=13日

 樋口では7月7日未明、巨大な岩やなぎ倒された立木とともに土石流が住宅を襲い、その数十メートル下まで農地が土砂に埋まった。1カ月以上たった現在も地元の人たちが岩などの一部を動かしただけで、倒壊した家屋やほとんどの岩石、土砂は被災当時のままだ。
 復旧工事は市農林課が担当し、被災者や建設会社との打ち合わせを進めて現場には建設会社が重機を運び込んでいるが、土砂などの撤去作業が始まるのは20日ごろになりそうという。
 土砂崩れや川のはんらんで土砂が流れ込んだ農地はほかにもあるが、農林課では現在、測量中で、まだ被害状況を正確に把握できていない。測量後に国からの補助を得るための申請手続きに取り掛かり、査定を経て予算化し、ようやく復旧工事が始まる。
 市道の復旧は熊毛総合支所産業土木課などが担当して工事を進めているが、13日現在、同地区だけで22路線で通行止めになっている。
 災害ごみはリサイクル推進課の担当。7月11日から28日まで三丘徳修公園、高水近隣公園で搬入を受け付け、現在は三丘徳修公園に集められているが、今後、分別して埋め立てやリサイクルなど適切に処理しなければならず、同公園のグラウンドにはふとんや家具などの木材、ごみの大きな袋が大量に並んでいる。

【きょうの紙面】
⑵新南陽総合支所がイオンタウンに移転
⑵徳山下松港コンテナ扱い量大幅増
⑶初のサンドイッチフェス好評
⑷虹ケ浜でサンドアートin 光

▼紙面の購読:試読の方はこちら
http://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
http://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

多彩な体験ブース大盛況

キッズキャンプ、マルシェも

 周南市の徳山駅前賑わい交流施設と徳山商店街などで11日、初の「クリエイティブキッズキャンプ」と第9回「徳山あちこちマルシェ」、YICキャリアデザイン専門学校学生作品展が開かれ、子ども向けの多彩なブースが並んだキッズキャンプは順番待ちの行列ができる人気。マルシェはこの集客効果もあって主催者発表で約4,000人が訪れた。

大にぎわいのキッズキャンプ会場

大にぎわいのキッズキャンプ会場

サッカーロボットの大会

サッカーロボットの大会

 マルシェは実行委員会(松本健一朗委員長)の主催で、学びと体験をしてもらおうとハンドメイドやアクセサリーづくりなどの体験、ワークショップを中心に35ブースが並び、ポニーの触れ合いコーナーなどもあった。
 キッズキャンプは実行委員会(斉藤寛和委員長、5人)の主催。賑わい交流施設の交流室の2室を主な会場に、徳山高専や徳山大学の学生などが運営するロボット製作やレザークラフト、ミニ畳、ハーバリウムづくり、VR(仮想現実)ボートレース体験などの21ブースがあり、夏休みの子どもたちが親などと訪れ、開始時間の午前10時の約1時間半前から行列ができた。
 会場で作ったサッカーロボットでペットボトルのふたを相手の陣地に入れ合う競技大会もあって盛り上がっていた。
 斉藤委員長(42)は「予想以上に多くの人が訪れ、楽しそうにしていてうれしい。要望があれば来年もぜひやりたい」と話していた。

ミニ畳を作る子ども

ミニ畳を作る子ども

レザークラフトを体験する親子

レザークラフトを体験する親子

【きょうの紙面】
⑵徳山高専生が職業人13人と対話
⑷3市で全国中学校体育大会出場者を激励
⑷マツノ書店、松村久さん逝く
⑸沖縄戦の体験学ぶ会

【お盆の休刊のお知らせ】14~16日は休みます。 次の発行は17日(金)

▼紙面の購読:試読の方はこちら
http://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
http://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html