ヘッドラインニュース

“鼎の松”わかりやすく

“鼎の松”わかりやすく下松中生8人が紙芝居制作
 下松の地名の由来とされる下松市北斗町の金輪神社の“鼎の松”の物語を同神社近くの下松中(藤井浩一校長、384人)の総合文化部美術コースの紙しばい作成班の生徒が8枚の紙芝居に仕上げ、6日、鼎の松の保護活動をしている金輪社奉賛会(山内務会長)に贈られた。

紙芝居を持つ生徒や山内会長(後列右)ら

紙芝居を持つ生徒や山内会長(後列右)ら


 この紙芝居は山内会長(81)が8月に藤井校長に生徒に作ってもらえないかと相談したのを受けて美術コースの部員37人のうち8人が紙しばい制作班を作って取り組み、夏休みに市図書館で鼎の松を調べたり、山内会長から話を聞いて9月末に完成させた。
 A2判のイラストボードにアクリル絵の具で描かれ、推古天皇のころに松に星が降って7日7晩輝いたことや、その時のお告げの通り下松に百済の王子の琳聖太子が現れたこと、今は5代目となっている松を大切に守っていることなどをまとめた。
 8人は3年の山下結加、鴻野桃花さん、2年の青木桃華さん、1年の田中雅、山本一樹、吉崎歩実、中原瑳耶、松村歩美さん。代表して山内会長から「絵の具など材料代に」と寸志を受け取った鴻野さんは「色の出し方に苦労した。きれいにでき上がってうれしい。たくさんの人に長く見てほしい」と喜んでいた。
 紙芝居は同会が小学校でのふるさと学習などでの説明に使う。山内会長は「絵がとてもきれいで子どもたちにわかりやすく説明できる」と話していた。

TEAM376、TRY!

【県】TEAM376、TRY! 地域貢献賞を受賞 11日・きらめきフォーラム
 県民活動団体の優れた取り組みをたたえる“チャレンジやまぐち!地域貢献賞”の表彰式が11日午前10時半から美祢市の秋吉台国際芸術村で開かれるきらめきジョイントフォーラム2016の式典の席上であり、周南市から和田地区の地域起こしグループ、TEAM376(佐藤貴志代表、41人)と東ソー南陽事業所の若手従業員のTRY!(酒寄貴文代表、11人)が受賞する。
 同賞はやまぐち県民活動パワーアップ賞を引き継いで昨年から始まった県知事による表彰。今回は5団体で、長門市の青海島いわがき育成研究会、山口市の地域子育て支援ネット「親鳩会」、被災写真の洗浄や救援物資の支援などをしている山口市のりす会山口が選ばれた。
 TEAM376は和田を舞台にした演劇の上演、映画の製作、特産品を生かしたメニューづくりなどをして地域の活性化に取り組んでいる。TRY!は若手従業員の自主的な地域貢献活動として小学校への科学実験の出前授業、高校生向けに進学・就職相談や住民との合同清掃をしている。
 このほか山口きらめき財団理事長表彰の県民活動きらめき賞の表彰があり、下松市の下松べんけい号を愛する会、子ども劇場くだまつ、光市の光人形劇協議会など11団体と周南市の県民活動推進委員の開村修三さんら5人を表彰する。
 同フォーラムは県などの主催。きらめき活動助成事業中間報告会や同芸術村村長の八木資義さんのバイオリンなどのコンサートのあと午後1時半から式典と表彰式。2時からは大阪ボランティア協会常務理事の早瀬昇さんの講演「地域や団体が元気になる『ボランティアマネジメント』とは?」がある。
 問い合わせは同財団(083-926-3600)へ。

夕日の絶景を一人占め!

下松・国民宿舎大城が完成 11月1日オープンへ
 下松市が総事業費約26億円をかけて笠戸島に建設していた新しい国民宿舎大城(有吉良美支配人)が完成し、3日、市議会議員や報道陣にお披露目した。21日に完工式を開いて11月1日から約2年ぶりに営業を再開する。10月23日には一般向けの内覧会を開く。

露天風呂

露天風呂


客室

客室


 1972年に建設された以前の施設が老朽化して現在の利便性にも合わないことから全面的に建て替えたもので、昨年7月に着工していた。
 新施設は地上5階、地下1階の鉄骨造りで、延べ床面積は旧大城の約1・5倍の5,631.33平方メートル。宿泊定員も7人増の121人にした。設計は日立建設設計、施工はりんかい日産建設。
 地下1階が大浴場で内風呂、露天風呂、サウナがある。夕日が沈む方向を向いており、これまで以上に人気を集めそう。カラオケルーム2室、リラックスコーナーも設ける。
 1階はフロント、売店、ロビー、会議室、防災備蓄倉庫、事務室▽2階は海を見渡せる90人収容の対面調理のレストラン、100人収容の宴会場、300食調理可能の厨房▽3~5階は客室で、5階にはパントリー併設の小会議室がある。
 ロビーには700系新幹線のグリーン車で使った座席を16席配置。日立製作所笠戸事業所で新幹線車両が製造される“新幹線が生まれる街”にちなみ、市がJR西日本から購入し、㈱ジェイアール西日本新幹線テクノスで補修作業をして取りつけた。
 客室は洋室、和室、和洋室の計7タイプの37室。うち18室に部屋風呂がある。車椅子やオストメイト対応の部屋も設けた。
 駐車場は175台分。災害時に対応するため周囲に配したベンチは椅子を外すとかまどになる。マンホールトイレに対応できるマンホールもある。
 有吉支配人(70)は「どの部屋も設備も自信を持ってお客さんにお勧めできる。従業員も心新たに頑張りたい」と笑顔を見せている。
 客室の予約は11月はほぼ満室、12月は平日のみ空室が若干ある。23日の内覧会は午前10時から午後3時までで、誰でも見学できる。問い合わせは大城(0833-52-0138)へ。
大城の全景

大城の全景


ロビーに並ぶ新幹線の座席

ロビーに並ぶ新幹線の座席


駐車場のかまどベンチ

駐車場のかまどベンチ

次世代産業育成チャレンジアップ事業

徳機電設などの4事業が採択
【県】次世代産業育成チャレンジアップ事業

 県は付加価値の高い成長が期待される医療関連や環境・エネルギー分野の事業化、雇用創出の加速化を目指す「次世代産業育成チャレンジアップ事業」に、周南市港町の徳機電設(吉野郁夫社長)が申請した「低純度水素及び低カロリーバイオガス対応コージェネレーションシステム開発」など4件の取り組みを採択した。
 この事業は地方創生推進交付金を活用して6月補正予算で創設したもので、補助上限額は2,000万円。5件の応募があった。徳機電設の事業は東京のシンフォニアテクノロジー、大阪の帝人エンジニアリングを共同研究者として申請したもので、環境・エネルギー分野での採択。
 コージェネレーションシステムは電力を生み出しながら排熱を利用して給湯や冷暖房などに利用するもので、同事業では市や県が利活用を推進している水素と、需要が高まっている低カロリーバイオガスに対応したものを開発する。同社によると2018年度末までの一般販売を目指すとしている。
 また周南関係では同分野で宇部市の宇部興産が申請、下松市のミヨシが共同研究する「リチウムイオン二次電池用新規酸化物負極材料の開発」事業も採択された。

パナマックス船が初着岸

周南(新南陽)東ソー、中国電力が石炭を共同輸送 港湾整備で効率化
 周南市の徳山下松港新南陽地区に2日、同地区に入った貨物船としてはパナマックス級と呼ばれるこれまでで最大級の8万トン級の大型貨物船が着岸した。東ソー南陽事業所内の発電所などで使用する石炭を中国電力との共同輸送でオーストラリアから運んできたもので、国際バルク戦略港湾整備の一環として国道交通省が進めてきた航路のしゅんせつなどが実を結んだ。

着岸した大型船

着岸した大型船


 徳山下松港は周南、下松、光市にまたがり、2011年5月には宇部港とともに国交省から国際バルク戦略港湾に選定された。しかし下松地区、徳山地区にはパナマックス級以上の貨物船が着岸できていたが、新南陽地区は航路が浅いため入れなかった。
 今回の共同輸送は航路のしゅんせつが進んだことからこの選定に伴って発足した県国際バルク戦略港湾連携会議による企業間連携による効率的な物流体制の検討の中から実現したもの。
 入港した輸送船は商船三井が運航するパナマ船籍のSUN EXCELSIOR(7万7,000トン)。長さ225メートル、幅はパナマ運河を通過できる36.26メートル。石炭を入れる船倉は7つのブロックに分かれている。フィリピン人の船員20人が乗り込み、ニューキャッスル港で約7万トンの石炭を積んで9月15日に出港した。
扉が開かれた船倉とアンローダー

扉が開かれた船倉とアンローダー


 30日に宇部港に接岸して中国電力向けの2万トンを陸揚げしたあと2日午前11時35分に新南陽港区の新南陽公共岸壁に着岸。岸壁から約400メートルの東ソーの貯炭場へ、甲板の船倉の扉を開いて荷役機械のアンローダーで陸揚げしてベルトコンベヤーに載せて運ぶ作業を開始した。40時間かけて陸揚げしたあと4日に出港を予定している。
 東ソーは年間240万トンの石炭を輸入し、そのうち230万トンは南陽事業所の発電所、10万トンはセメントの製造に使っている。
 新南陽公共岸壁は国交省が整備して県が管理し、水深12メートルだが、今回のしゅんせつ工事で航路もマイナス12メートルになった。東ソーはこれまでは5、6万トン級と一回り小さい貨物船を使って輸入していたが、今回、大型船の着岸が可能になったことで2割ていどのコスト削減が見込まれる。
 年内には9万トン級の貨物船での輸入も予定している。

光市議選・16日告示 18議席に23陣営挑む

光市議選・16日告示 18歳選挙権、企業票、有力新人 環境変化、どう影響 18議席に23陣営挑む

 任期満了に伴う光市長選挙と市議会議員選挙(定数18)は16日の告示まであと2週間を切った。市長選挙は現職の市川熙氏(69)以外に動きがないため12年ぶりの無投票が濃厚だが、市議選は現職15人、新人6人、元議員1人の23人が必死の戦いを進めている。県内の地方選挙では初めて18歳以上が投票することにもなり、その動向も注目される。市議選を3つの切り口から分析する。(山上達也)

雨の中で朝立ちする現職=9月26日、島田市交差点

雨の中で朝立ちする現職=9月26日、島田市交差点


 今回は市を二分するような大きな争点はなく、市長選で現職の無投票当選が予想される素地にもなっている。
 その中でも比較的多くの立候補予定者が訴えるのが2019年の開院を目指している新しい光総合病院の運営や救急医療の拡充▽高齢化社会に向けたバス路線やオンデマンド交通システムなど公共交通の確保▽大和地域の複合型施設建設などコンパクトシティ構想の推進だ。
 しかし賛否で対立するような内容ではなく、政策論争は盛り上がりを欠く。上関原発建設反対や下水道料金値下げを訴える予定者もいるが少数にとどまっている。
【18歳選挙権で積極的対応見えず】
 切り口の1つ目は選挙権年齢18歳以上が選挙運動にどう影響しているのか。大半の立候補予定者は高校生など新しい有権者に積極的に食い込もうとする動きを見せているとはいえない。
 そんな中でも国道188号の島田市交差点で朝立ちをする現職は「自転車通学の高校生の反応は比較的いい」と話す。別の現職は「告示後に高校の前で朝立ちをして登校する生徒に支持を求めたい」と考えを示す。
 前回も出馬した新人は「後援会員から(選挙権を持つ)子どもに話してもらうのが一番固くて確実」という戦略を描くが、別の新人は「特に考えていない」という。
 初めて導入された夏の参議院議員選挙は争点があり、連日、報道などで情報も流れた。国政選挙とは異なるとはいえ陣営間の温度差は大きい。
【武田票、新日鉄票の行方に注目】
 2つ目は企業票。合併前の市議選は〝企業対決〟といわれたほど新日鉄と武田薬品の組織内候補者の競合が激しかったが、今回の企業候補は武田薬品が労使一体で擁立する現職だけで、新日鉄は前回から擁立を見送っている。しかし両社の従業員やOBは市内に多く、企業票の行方が注目されるのは今回も同じだ。
 武田薬品は組織内の現職のほか、OBの現職や、現職や新人の親や義理の親がOBのケースまで含めると〝武田系〟は少なくとも五人に及ぶ。特にOBは高齢になるほど組織内候補より同年代のOB同士の方がつながりが強い傾向があり、組織内候補の現職は危機感を強めている。
 新日鉄票の行方も関心を集めそう。連合山口は民進党推薦でもある現職に新日鉄関連労組の割り振りを決めているが、この現職は現社員でもOBでもない。ほかにOBの現職もいる中でどこまで新日鉄票の結束が見られるか注目される。
【選挙出馬経験の新人、元職が乱立】
 3つ目は再挑戦など新人も一定の知名度があること。今回は新人が7人も立つ激戦だが、このうち2人は前回の市議選で落選した再挑戦組。1人は昨年の県議選光市区に出馬した。1人の元職も前回と前々回の市長選に出馬しており、選挙選が初めての新人は少ない。
 前回の市議選で落選した新人は「前回は出陣式をやらず後援会連絡所の看板も立てなかったが、今度はやれることはすべてやる」と方針を転換。県議選で落選した新人も「すでにあいさつ回りで市内を3巡して手ごたえはいい」と自信を見せる。過去の選挙の得票が今回の市議選にどうつながるかが注目される。

マレーシア事業撤退【㈱トクヤマ】

㈱トクヤマ・マレーシア事業撤退・韓国企業に譲渡
 ㈱トクヤマは28日、マレーシアの連結子会社で多結晶シリコンを製造販売するトクヤママレーシアの全株式を、韓国の無機化学品、太陽電池用材料製造販売などのOCI社に譲渡することを東京の同社で横田浩社長が記者会見して発表した。これでトクヤママレーシアは㈱トクヤマの連結範囲から外れることになる。

トクヤママレーシアの工場=㈱トクヤマ提供

トクヤママレーシアの工場=㈱トクヤマ提供


 トクヤママレーシアは2009年に太陽電池や半導体向けの多結晶シリコン事業拡大を目的に設立したが、生産設備の技術的問題や、太陽電池向け多結晶シリコン市況の大幅な悪化により、2015年の決算で約860億円、16年に約1,234億円の特別損失を計上。
 その後、設備改良などで生産性確保を図る一方、事業構造の強化へ他社との提携なども視野に打開策を検討する中、太陽電池市場で幅広く事業を展開しているOCI社に譲渡することになった。
 譲渡にはトクヤママレーシアがOCI社を引き受け先とする第三社割り当てで新株を計2億6,000万株発行し、総額は1億200万米ドル。これに加えて来年3月末に㈱トクヤマが保有するトクヤママレーシアの全株式の約2億5,200万株を9,800万米ドルで譲り渡す。
 事業譲渡に伴って2017年第4四半期決算で約80億円の特別損失の計上を見込んでいるが、今後の業績の変化などで額が変動する可能性もあるという。一方、税金費用約80億円の減少も見込んでいる。
 同社は今回の譲渡によるメリットとして、財務再建をより確実に進められ、コア事業に経営資源を振り向けられ、一定期間、キャッシュ・フローを改善できると説明している。

きっとカードが新カードへ

きっとカードが新カードへ スーパー銀南加入を機に 徳山商店街で店舗の加入も呼び掛け
 周南市の徳山駅前の商店街で買い物をするとポイントがたまる「きっとカード」が8月のスーパー銀南の開店を機に24年前の導入から初めて新カードに切り替えられることになった。システムを改修するもので、新会員を一番街のふれあいパーク街あい、みなみ銀座の和光ビルのまちあい徳山で受け付けている。

新しいカード

新しいカード


 きっとカードはきっとカード事業協同組合(清水芳将会長)がこれまで約6万枚を発行。現在は衣料品店や文房具、菓子、時計、化粧品などの約40店舗で使用できる。105円の買い物で1ポイントがつき、1ポイントを1円として買い物ができる仕組みだが、新カードでは100円で1ポイントになる。
 ただし、スーパー銀南で使う場合は同店内にあるポイント利用券発行機を買い物客自身が操作して利用券の発行を受ける。買い物のほかバスカード、タクシー回数券に交換することもできる。
スーパー銀南の金券発行機

スーパー銀南の金券発行機


 現在の5,000ポイント以上で参加できるガラポン抽選によるポイントプレゼントは12月まで。旧カードは来年3月末で完全失効する。このため3月までカードの切り替え、ポイントの移し替えを街あいやまちあい徳山で受け付ける。
 これまでのカードはカードの窓にポイント数が表示されていたが、新しいカードでは端末機のある店のほかID、パスワードを使ってパソコン、スマートフォンを通じても知ることができる。新カードの発行、切り替えの手数料は100円。
 一方、システムも一新して端末機が新しくなったため、これまで新しい端末機がないためできなかった新店舗の加入もできるようになった。清水会長は「街全体で共通して使用できるカード。加盟店も増やしていきたい」と話している。
 問い合わせは街あい(0834-31-3040)、まちあい徳山(33-9612)、きっとカード事業組合(27-1900)へ

ベンチャーマーケットに10社

新規事業、商品を紹介 周南(徳山)・ベンチャーマーケットに10社
 新規事業や商品、サービスなどを紹介して販路拡大や業務提携を目指す第33回周南ベンチャーマーケットが26日、周南市のザ・グラマシーで開かれ、10社がプレゼンテーションとブース展示会に参加し、60人が訪れた。
 周南ベンチャーマーケット協会(会長・平岡英雄西京銀行頭取)の主催。日本イノベーション協会代表理事の福田稔さんの講演「新事業で幸せをデザインしよう~起業家を育む場の創造」もあった。

にぎわうブース展示会

にぎわうブース展示会


 今回は10社のうち5社が周南の企業。光市島田の食品卸の清水屋(清水信夫社長)は6月から始めたオリジナルギフトショップの業務を紹介。レーザー彫刻加工機、UVインクジェットプリンター、刺繍(ししゅう)ミシンを使い、国産ビーチサンダル、革製品、木製ボールペン、コースター、ゴルフボール、キャップなどに文字やイラストを入れるが、店舗と加工場が隣接し、その場で加工できる。
 これは5年前から始めたビーチサンダルに企業名などを入れる事業で最先端機器を導入したことから事業を拡張したもので、1個から結婚式などの大量注文まで店舗とインターネットでも注文を受けている。
 周南市東山町のさくや(重弘佳美社長)は経営するエステサロンで9月から扱っている県内の夏ミカンの皮を使ったナツダイダイ果皮油を配合した美容液VAVAIRAを紹介。ナツダイダイ果皮油は同社が共同開発して特許出願中。これを配合することで保湿力が増し、肌がふっくらするという。
 西京インテリジェンスパートナーズ(山形恵則社長)は鹿野でハウス栽培しているトマトと加工品のドライトマト、キクラゲ、最近、売り出したトマトゼリーをこれらを使った料理も並べて紹介した。
 楠木1丁目のコーヒー豆専門店、コーヒー・シティ(貞森恒男代表)はギフト用のセットなどを展示、試飲もしてもらって好評だった。戸田の冷凍かきフライ、冷凍殻付きかきグラタンなどのカン喜(上坂陽太郎社長)はマーケティングなどの業務提携先を見つけたいと参加。製品の試食もあった。
さくやのブース

さくやのブース


清水屋のブース

清水屋のブース


コーヒー・シティの商品

コーヒー・シティの商品


西京インテリジェンスパートナーのトマトゼリーなど

西京インテリジェンスパートナーのトマトゼリーなど


カン喜のブース

カン喜のブース

「信号機のパン」でPR

「信号機のパン」でPR/光署が交通安全キャンペーンで配布
 光署は信号機の形をしたオリジナルパンを作った。周防駐在所の坂元孝徳警部補(60)の妻でパン教室講師の育代さん(52)に依頼したもので、21日から始まった秋の交通安全運動期間中の29日午前10時から同駐在所近くの小周防のクスリ岩崎チェーン光小周防店で開く交通安全キャンペーンで100個を買い物客などに配る。

パンを持つ坂元さん(左から3人目)と若手署員

パンを持つ坂元さん(左から3人目)と若手署員


 キャンペーンではチラシと一緒に反射材やマスコット人形などを配ることが多いが、今回はよりインパクトが強いものをと信号機のパンにした。
 育代さんはパンづくり歴25年。ジャパンホームベーキングスクールの準師範の資格を持ち、自宅で教室も開いている。
 パンは13センチほど。小さい3つの丸いパンをつなぎ合わせ、信号機の赤、青、黄のクッキー生地を乗せて焼き上げた。試作を重ね約3週間かけて完成させたそうで、赤は紅こうじ、黄色はカボチャ粉末、青は抹茶で色付けて、ほんのりそれぞれの味がする。とげとげしい色にならないようにしたという。
 20日に同署で坂元警部補が出席してお披露目され、育代さんからの「少しでも交通安全、事故防止につながれば幸せです」というメッセージが紹介された。続いて若手の署員などが試食して「ふわふわしていておいしい」「これを食べて信号を守ってほしい」などと話していた。