一言進言

若者の代弁者求む!

若者の代弁者求む! ~無投票に物申す~ (4月1日掲載)
■ 地方議員への風当たりは以前と比べて激しくなってきた。政治への関心の低さも原因の一つだが、先生と呼ばれる時代とは様変わりした。過去には地方政治家が地域のボスだったことも多く、利権話は日常的だった。田中角栄の時代はそんな地方政治家も多かった。頼みごとをどれだけこなせるかが政治家の力量でもあった。
■ 市の職員採用もコネがきく時代もあり、周南市でもつい前まで、臨時職員が正職員に採用されたりと、うわさがないわけでもなかった。しかし、政治倫理が厳しく語られるようになって昔のような口利きも少なくなった。議員のあり方も随分変わった。セクハラ問題などが世間の話題になる時代だ。
■ 東日本大震災でクローズアップされた市議会議員がいた。10年以上も避難路建設を訴え続け、ようやく完成して津波に襲われ、その避難路のお陰で多くの人命が救われた。地道な議員活動のお陰だった。議員として評価される活動はなかなか目に見えない。行政マンの力は強く、少々の提案力では形になることが難しい。地域の問題にしても、地域代表の市議が語るより、強固なコミュニティー組織が陳情する方がお役所が動く率が高くなった。変な関係になっている。
■ それにしても下松市議会議員の補欠選挙も無投票のようだ。前回の本選はぎりぎりで投票となったが、かくも市議になろうと手を上げないのはどうしたものか。無関心なのか、井川市政に大満足なのか、地方をよくしようとする気概がなくなったのか。若者定住、福祉、観光対策、今の行政主導で本当に良いのか。
■ 地方自治は放っておいてもお役人たちだけで進行する。極端な話、市議会議員は何もしなくても行政は成り立つ。何のために市議会議員が必要なのか、存在意義をもう一度、思い起こしてほしいものだ。
■ 一般的には市民が困っていることの解決の手助けをすることだ。行政の無駄を見つけて是正するのも大切な仕事だ。何よりもどんな地域にするべきか、理想を具体的に掲げることだ。安心と安全な地域をなど抽象的なお題目を言わないことだ。2世帯住宅、3世帯住宅を増やすのがテーマなら、議員の間、ずっと言い続けることだ。検討しますの答弁ではすまさない気概をそこに見せつけることだ。
■ 市長も無投票、市議補選も無投票ではいかにも残念だ。下松市の特異性なのか、民度が低いのか。あれほど政争が激しかったのに、一転して政治に無関心になったとは。今回は間に合わないが、高校生まで参政権を得る時代だ。若者の代弁者を求む。報酬は良いのに。(中島 進)

1 6 7 8 9 10 11