ヘッドラインニュース

患者、スタッフに「安全・安心」を

[新型コロナウイルス感染症対策]


周南記念病院にコロナ病棟開設
中等症状者を完全な密閉空間で

コロナ感染者用の密閉型の車椅子



 新型コロナウイルス感染症の収束が見通せない中、周南3市でもコロナの重症患者の病棟を持つ感染症指定医療機関、周南市の徳山中央病院(那須誉人院長、494床)を核に、3市の4病院に中等症状者と軽症者を受け入れるための病棟が設けられている。4病院のうち8日にコロナ病棟を開設した下松市生野屋南の周南記念病院(橋谷田博院長、250床)を取材した。(山上達也)

ゾーンを仕切る壁とナンバーロックのドア



非公開が多い中等症状者受け入れ病院

 県健康増進課によると、徳山中央病院は周南、柳井、岩国地域を含む県東部の感染症指定医療機関に指定。中部は防府市の県立総合医療センター▽西部は下関市の市立市民病院▽北浦は長門市の長門総合病院が感染症指定医療機関だ。
 感染症指定医療機関の下に「重症病棟」を持つ医療機関が並んでいるが、周南地域で対象の医療機関は徳山中央病院のみ。さらにその下の「中等・軽症病棟」を持つ医療機関は、県ホームページでは東部の医療機関として岩国市の岩国医療センター、柳井市の周東総合病院、周防大島町の東和病院「等」と掲載しており、周南3市の病院名は見当たらない。
 県健康増進課は「公表に消極的な病院が多いことに配慮するためホームページや記者発表資料では“等”としているが、病院側が自ら報道機関に積極的に公開するケースは問題ない」としている。
 周南記念病院は「積極的にコロナ病棟の開設をアピールすることで、皆さんに安心感を持ってもらおう」と本紙の取材に応じることになった。



エレベーター専用化、診察はオンライン

 周南記念病院のコロナ感染者病棟は10床で、3階の東病棟(約1,200平方メートル)に設けた。隣接の西病棟から出入りできないように、西病棟との境を半透明のプラスチック板で天井から床まで完全に仕切って密閉した。もちろん上下の階との階段は全面通行止め。ドアはナンバーロック式で、自由な出入りを規制している。
 まずコロナ感染者が院内に運び込まれる場合、通常の玄関ではなく裏口から入る。ここからエレベーターまでの通路も完全にプラスチック板で密閉した。
 患者は全体がビニールで覆われた「車椅子型アイソレーター」と呼ばれる車椅子で移動する。空気感染や飛沫感染の恐れがある患者の搬送のために開発されたものだ。
 エレベーターも1台をコロナ病棟の専用機にして、1階と3階以外には止まらないように工事をした。エレベーターの中も外も1階と3階のボタンしか作動しないので、間違って他の階で止まってドアが開くことはない。
 感染者の病室はすべて個室で、トイレやバスも完備。患者の診察はオンラインでもできるように、医師とやり取りができる専用カメラとスピーカーを各室に配備している。空気を清浄化する“HEPAフィルター”を取りつけた病室もある。

3ゾーン化で感染防止を徹底


 コロナ感染病棟のスタッフは20人。橋谷田院長は「全員が病院側の呼びかけに応じた医師や看護師たち。自らこの病棟勤務を希望してくれたことは、病院全体のみんなの誇り」と胸を張る。
 もちろんスタッフの安全対策も万全で、患者に接する時は宇宙服のような使い捨ての防護服を着用することが基本。コロナ病棟全体を、感染者がいるレッドゾーン▽感染から区切られたブルーゾーン▽両ゾーンの中間にあるイエローゾーンに分けて、スタッフがゾーンを超える時は防護服の着脱や消毒など、全員が徹底した感染防止対策をするようにマニュアル化している。
 こうしたコロナ病棟の設置は県が県内の各医療機関に打診したもの。コロナ病棟の設置に必要な費用の一部は県が負担している。
 橋谷田院長は「感染患者にもうちのスタッフにも、安全と安心が保障されるコロナ病棟を開設することができた。一日も早いコロナの収束に向けて、医療面でできることはすべてやりたい」と意気込んでいる。


【きょうの紙面】
(2)米川の投票所統合の凍結求める請願
(4)県議選光市区補選に山近氏が出馬表明
(5)公集小で災害時に備え引き渡し訓練

 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: koudoku.gif
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dokusya.gif

▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

周南市で1人感染、累計416人に

県内11人で3,045人に

 県などは10日、新型コロナウイルスに感染した11人を公表した。周南地域は周南市で1人が感染した。同市の感染者は416人、県内は3,045人になった。
 周南市の感染者は40代の会社員の男性で軽症。感染経路は不明。山口市の感染者が5人で、20代の男性3人と70代男性、60代女性▽宇部市は2人で40代、60代女性▽萩市も2人で20代女性2人▽下関市は60代男性。

 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: koudoku.gif
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dokusya.gif

▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

危機を乗り越え新たな挑戦

[この人に聞く]
利益を出して地元貢献

㈱トクヤマ徳山製造所長

野村 博さん(63)

《プロフィール》
 1957年、萩市生まれ。鹿児島大大学院工学研究科化学工業科修了。83年に旧徳山曹達に入社し、中国子会社の徳山化工(浙江)有限公司社長、特殊品部門長などを歴任。目的地を決めず旅行に出かけるのが好き。家族は妻と社会人の娘4人。




 周南市の㈱トクヤマ徳山製造所の新しい製造所長に野村博さん(63)が着任した。同社の「中期経営計画2025」では新たに電子、健康、環境を成長事業と位置付けている。マレーシアからの撤退を乗り越え、今後どう舵を取っていくのか、考えを聞いた。
(聞き手・中島進新周南新聞社社長)

―電子材料のポリシリコンの仕事が長いですね。

 入社して最初は徳山製造所内の技術研究所に配属されました。ちょうど当社がポリシリコン事業を立ち上げた時期にあたり、研究所に2年勤務した後、一貫してポリシリコンとシリカの事業にたずさわってきました。化成品やセメントなどの伝統的な事業にはタッチしていません。

―徳山製造所との関わりは。

 入社して約20年間はずっと徳山製造所に勤務していました。

―その後中国に赴任されていますね。

 シリカの輸出先である中国の顧客と会うなかで向こうの勢いを感じました。それで2003年ごろに現地での工場建設を会社に提案したところ決裁が下り、2006年4月から6年間、工場の副社長や社長を務めました。組織全体を動かすために、専門の技術以外のことも何でもやったことは、自分にとって大きな転機ですね。

―命運がかかったマレーシア事業の撤退の時には陣頭指揮を取られたそうですね。

 2014年から16年にかけ、現地の視察と調査を重ね、譲渡先の会社との交渉などに尽力しました。最善の形で事業を譲渡できたと思います。すでに巨額の投資をした後でしたが、会社がつぶれず存続できるような形で何をすべきかを何度も話し合いました。

―御社は石橋をたたいても渡らないという堅実なイメージがありましたが、危機を乗り越えた現在は再び石橋を叩きながらという感じですか。

 このたび中期経営計画を発表しましたが、セメント、化成品などを中心とする、これまで100年続けてきた事業だけでは、今後生き残れません。新たな成長事業を「電子、健康、環境」とし、これらの売上高をグループ全体で50%以上にすることを目標としています。いずれも、これまでの当社のやり方を変えなければ前に進めない分野ばかりで、石橋を叩き続けるには、時代が大きく変わったと言えます。

―そうなると働く人にも変化が求められますね。

 会議や社内報で、働くうえでの意識変革をつねに伝えています。新入社員だけでなく、この3年間は即戦力として200人以上の中途採用を実施しました。その人達の力も借りながら、意識、風土を変えていく取り組みも進めています。

―環境面では、二酸化炭素の排出量削減が大きな課題です。

 すでに社内プロジェクトを立ち上げ、2050年までに二酸化炭素排出量ゼロを達成するという目標を発表しました。低コストで電力を調達できる徳山製造所の石炭火力発電設備は、当社の競争力の源泉でもありましたが、今後は、石炭からバイオマス燃料への切り替え、水素やアンモニアなどのクリーンエネルギーによる発電などを念頭に置き、全社一丸となって目標達成を目指します。当社単独ではクリアできない課題は、他社、行政との協力、連携も視野に入れます。

―今後の抱負、周南市への思いをお聞かせください。

 現在、当社はグループ全体で5,500人ほどが働いています。事業のポートフォリオ、エネルギーの転換を進めながら、今後も雇用を守り社員が安心して働けるような会社の基礎を築いていくことが、自分の夢であり、責務だと思っています。利益を出して事業を続けることで、お世話になっている地元の周南市や県への貢献につなげたいです。


【きょうの紙面】
⑵下松市観光協会に初の女性理事
⑷光丘生が浅江小で防災避難教室
⑸金輪星まつりはコロナ禍で神事のみ

 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: koudoku.gif
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dokusya.gif

▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

県内で15人が、累計3,034人に

周南地域は感染者なし

 県などは9日、新型コロナウイルスに感染した15人を公表した。周南地域の感染者はいなかった。県内の感染者は3,034人になった。
 宇部市が8人で、80代女性と60代から80代の男性4人は通所介護施設クラスター関連。そのほか30代男性2人と20代女性が感染した。山口市は4人で10、30、50、80代男性▽下関市は2人で70代、50代男性▽長門市は20代男性で社員寮クラスター関連。

 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: koudoku.gif
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dokusya.gif

▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

働きやすい職場認証を取得

認定書を持つ日高総括所長

タクシーの第一交通

 周南市西松原に営業所のある、山口地区第一交通グループのタクシー部門3社全てで、国交省が創設した「運転者職場環境良好度認証制度(働きやすい職場認証制度)」の認証を取得した。
 この制度は5つの審査基準があり、認証を受けると、同制度のロゴマークを名刺や求人票などに表示できる。
 各企業の取り組みを「見える化」することで、タクシー会社などの自動車運送事業で働く運転者不足の解消を目指す。
 県内114社あるタクシー法人の中の7社が認証を取得しており、そのうち6社が同グループ。
 第一交通周南地区総括所長の日高勝弘さん(58)は「新しいことはしていない。今まであたりまえに取り組んできたことが基準を合格していてうれしい。より良い環境づくりをしていく」と笑顔を見せた。
 「女性ドライバー応援企業認定制度」についてもグループ全社で認定を受けている。生活スタイルに合わせて働く時間帯・休日を自由に設定できるので、子どもを持つ女性にもおすすめの職業の一つ。問い合わせは同営業所(0834-21-2288)まで。

【きょうの紙面】
(2)東ソーがCO2削減へ新組織
(4)日本海装本社に下松高生のウオールアート
(5)室積でクサフグの集団産卵始まる

 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: koudoku.gif
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dokusya.gif

▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

周南市で1人、宇部市でクラスター

県内19人感染で3,019人に

 県などは8日、新型コロナウイルスに感染した19人を公表した。周南地域では周南市で1人が感染した。同市の感染者は415人、県内は3,019人になった。70代男性の死亡も公表した。死者は69人になった。
 周南市の感染者は40代の自営業の男性で軽症。家族からの感染。宇部市は通所介護施設でクラスターが発生して60代から90代の女性8人と60、90代男性の計10人が感染した。
 下関市は3人で、20、50代女性と50代男性▽長門市は20代の男性2人で、そのうち1人は社員寮クラスター関連▽山口市で70代女性▽岩国市で50代女性▽防府市で40代男性が感染した。

 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: koudoku.gif
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dokusya.gif

▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

市役所ロビーで集団接種

接種ブースが並ぶ待合スペース

周南市[新型コロナウイルス感染症ワクチン接種対策]

土曜と7月から日曜も
業務終了後に設営

受け付けの職員

 周南市は5日から市役所ロビーで新型コロナウイルスワクチンの集団接種を始めた。職員が工夫を重ねてこの日に間に合わせた会場では、1日がかりで65歳以上の高齢者約400人が接種を受けた。7月からは毎週土曜に開設して1日千人の接種を目指し、日曜の開設も計画している。
 同市は高齢者の接種完了のめどがついたことから、6月上旬に60~64歳の市民に接種券などを郵送。16日(水)から予約を受け付ける。この受け付けでは7月12日(月)から8月1日(日)までの接種の予約ができる。
 この期間の集団接種は市役所ロビーとキリンビバレッジ周南総合スポーツセンター、イオンタウン周南を主な会場にする計画。このほか、ゆめプラザ熊毛で毎週金曜とコアプラザかのでは3週間ごとの日曜に予定している。かかりつけ医でも接種できる。
 いずれも予約はインターネット、電話、申し込み書をFAX、郵送する接種日おまかせ予約で市役所に申し込む。
 市役所ロビーの接種会場は前日、市役所の業務終了後に2時間がかりで設置。接種は吹き抜けになっている待合スペースの周囲に防災用のシートで囲ったブースを最大で9個設置でき、この日は3個を使った。
 椅子を並べ変えるなどして玄関を入ってすぐの階段の周囲に受け付け、予診票のチェック、医師による予診スペースを確保。接種後の経過観察は大型画面がある中央部分にした。4日まで椅子や机などを実際に並べてみることができず「現場合わせ」で設営した部分もあった。玄関の外の時間前に来た人が待つスペースは当日、早めに来る人が多かったことから急きょ作った。
 スタッフは医師、看護師、薬剤師10人と、保健師を含む市の職員や集団接種会場を手伝うJTBの従業員など36人。市のさまざまな部署の職員がいて二重マスク、フェイスシールドを着用して受け付けや案内などふだんと違う業務に懸命。スムーズな接種が続いた。

【きょうの紙面】
(4)原野有正・下松歯科医師会長に聞く
(5)聖火ランナーの近藤、鈴木さん活躍
(7)徳山中央幼がネットで大豆生田教授講演会

 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: koudoku.gif
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dokusya.gif

▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

6人が感染、1人死亡

県内は3千人に

 県などは7日、新型コロナウイルスに感染した6人を公表した。周南市域の感染者はいなかった。県内の感染者は3千人になった。80代女性の死亡も公表した。死者は68人になった。
 感染者は宇部市が4人で、40代男性2人と10代、30代女性▽長門市が10代男性▽宇部市が40代女性。

 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: koudoku.gif
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dokusya.gif

▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

YMGUTSが観光大使に

湯野温泉の魅力発信
オリジナルジェラートも

左から西田理事、東監督、岡田主将

 周南市の湯野温泉旅館組合は1日、周南市を拠点に活動する山口銀行のハンドボール女子チーム「YMGUTS」を湯野温泉観光PR大使に任命した。2日に紫水園で任命式が開かれ、湯野温泉オリジナル新スイーツの発表もあった。
 同組合理事の西田宏次朗紫水園社長(49)が、取引先の山口銀行からYMGUTSを紹介され、昼間の仕事をこなしつつ退社後に練習に励んでいる選手らの活動に対して協力したいとの思いから実現した。
 同組合は同チームの選手やスタッフ21人に、同組合の旅館の紫水園と芳山園で使える温泉入浴の年間パスポートを提供。メンバーは同チームのホームページやSNSなどで湯野温泉の魅力や効能を発信して、地元への観光客の増加につなげる。
 アスリート向けの食事、スポーツ団体の宿泊、合宿プランの共同開発も予定する。
 2日に紫水園で任命式が開かれ、同組合の西田理事から、同チームの東祐三監督(35)、岡田あずさ主将(28)に任命証と年間パスポートが送られた。
 西田理事は「試合、練習で疲れた体を癒やして、仕事とプレーにいそしんでいただきたい。
湯野温泉は湯治場として栄えた歴史もあり、疲労回復の効果なども発信してもらえれば」と話した。
 東監督は「全国のハンドボール関係者などに湯野温泉の良さをしっかりPRしていきたい」と意気込みを見せ、岡田主将は「周南市のチームとして一緒に地元の温泉を盛り上げたい」と語った。

クラキチのジェラート

天狗のユアガリ 大津島の酢橙(左)と
やまいもまつり自然生山芋

 この日は、湯野温泉オリジナル新スイーツの発表もあり、同市のジェラート専門店「ジェラテリアクラキチ」が開発した2種類のジェラートが紹介された。
 「天狗のユアガリ やまいもまつり自然生山芋」は湯野温泉のやまいもまつり㈲で作られた自然生山芋をかりんとうにしてクランチにし、クリームチーズとホワイトチョコのジェラートに混ぜた一品。
 「天狗のユアガリ 大津島の酢橙(すだいだい)」は、ヘーゼルナッツチョコのジェラートに同島特産の酢橙のピールが入り、酢橙の苦味がアクセントになっている。
 天狗は湯野温泉の伝説にまつわるオリジナルキャラクターで、上ふたにイラストが描かれている。いずれも税込みで300円。芳山園、紫水園、やまいもまつりの直営ショップ「じねんじょうまつり」の各店で販売している。問い合わせは紫水園(0834-83-2345)へ。

【きょうの紙面】
(3)徳山大学が地域振興研究のテーマ募集
(4)8LCがペットボトルのふた61万個
(5)トラフグの試験養殖中で稚魚の歯切り

 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: koudoku.gif
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dokusya.gif

▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

光市で1人、県内は26人

4~6日・感染者2,994人に

 県などは4日から6日までの3日間で26人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。周南地域では、5日に光市で1人の感染が公表された。同市の感染者の合計は44人、県内は2,994人になった。6日は70代、90代の女性の死亡も公表した。死者は67人になった。
 [4日]県内で13人が感染した。下関市の感染者は5人で、30、60、70、80代女性と30代男性▽山口市は3人で10代未満の男児と10代、20代女性▽長門市は20代の男性2人で、社員寮クラスター関連▽美祢市は40代男性。
 一方、教員が感染して1日から3日まで臨時休校していた徳山商工高は休業をこの日まで延長した。
 [5日]県内で10人、周南地域では光市で40代の会社員の男性が感染した。男性は家族からの感染で軽症。
 山口市は3人で50代と60代2人のいずれも女性▽宇部市は2人で40代男性と70代女性▽下関市は20代男性2人▽長門市は10代男性▽美祢市は50代女性が感染した。
 [6日]県内の感染者は3人で、長門市の10代男性▽萩市の20代女性▽下関市の30代女性だった。

 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: koudoku.gif
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dokusya.gif

▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

1 2 3 4 5 6 154