ヘッドラインニュース

うそ電話撃退に新兵器!

うそ電話撃退に新兵器!
下松市・通話録音装置を無料貸し出し
通報の緊急ボタンも

 下松市は悪質な電話勧誘を防止するため“うそ電話詐欺被害防止通話録音装置”を無料で貸し出している。1日現在で8台の利用があり、市消費生活センターは「うそ電話詐欺に少しでも心配のある人は積極的に借りてほしい」と話している。

貸し出し中の通話録音装置

貸し出し中の通話録音装置

 この装置は愛知県のレッツコーポレーション製の「振り込め詐欺見張り隊・新117」。電話着信時、相手に「この電話は振り込め詐欺などの犯罪被害防止のため会話内容が自動的に録音されます」という音声が流れ、以後の通話内容はすべて録音する。マイクロSDカードに最大で60時間または2,000件の録音ができる。
 万一に備えてあらかじめ登録した4カ所の電話番号に自動的に緊急事態を通報できるボタンもあり、振り込め詐欺以外にも空き巣に鉢合わせした時や急な体調不良など緊急時にボタンを1回押すだけで身の危険を第三者に知らせることができる。大きさは縦15センチ、横10センチ、厚さ3.5センチ。市販の値段は1万2,800円。
 市はこの装置を20台購入し、市民に貸し出している。貸し出し期間は3カ月だが、更新は可能。取りつけは同センター職員か下松署員が出向く。
 同センターは「通話が録音されるとアナウンスされることで大半の悪質業者は電話を切る。それだけでも効果は大きい」と話している。申し込み、問い合わせは生活安全課内の同センター(0833-44-0999)へ。