ヘッドラインニュース

ゆめタウン徳山が完工式

3世代で楽しめる店へ
ゆめタウン徳山が完工式
8日オープン、専門店は56店

 周南市青山町の県道沿いに8日午前9時に流通大手のイズミ(山西泰明社長、本社・広島市)がオープンさせる大型ショッピングセンター、ゆめタウン徳山(河内山英雄店長)の完工式が8月31日に同店で開かれ、山西社長らが記者会見して店舗の概要を説明した。飲食店やファッションなど56の専門店もあり、家族が3世代で楽しめる店を目指している。

記者会見する山西社長ら

記者会見する山西社長ら


オープンを待つゆめタウン徳山

オープンを待つゆめタウン徳山


フードコート

フードコート


 ゆめタウン徳山は市の中心部近くにあり、敷地面積は17,900平方メートル、地下1階、地上3階で、店舗面積は14,600平方メートル。駐車場は屋上、3階と地下を合わせて900台分。投資額は約80億円で、建設は鹿島建設。
 完工式は木村市長や周辺の住民も招かれて売り場1階の特設会場で関係者約50人が出席して開かれ、神事が営まれた。
 営業時間は午前9時から午後10時までで年中無休。従業員はイズミ直営が260人、専門店が400人。
 徳山地区では新南陽地区や下松市に郊外型の大型ショッピングセンターが次々にでき、徳山駅前商店街も衰退が問題になっているが、新店舗は道路のアクセスも便利で広域からの集客も可能で、河内山店長は記者会見で「下松や光エリアの方々を徳山に取り戻したい」と話した。
 専門店のうち7店舗は県内初出店。2階の370席のフードコートは各地の有名店の丼を再現した全国ご当地グルメ屋台や、ステーキを自分で焼いて食べる店もある。
 食品売り場は県内のゆめタウンの中では最も広く、日本酒など地元商品もそろえ、総菜売り場はおかずバイキングもある。少量包装、カットフルーツ、カット野菜も多く置く。通路や吹き抜けの周りに休憩のためのソファを225席配置している。電話番号は0834-27-1136。