ヘッドラインニュース

場外発売場「オラレ田布施」

周南市競艇事業局 場外発売場「オラレ田布施」 12月にオープン
 周南市競艇事業局は田布施町に12月に開設される小規模場外発売場「オラレ田布施」を運営することになった。年間360日営業して全国のレースの舟券を販売し、売上目標は1日200万円としている。

オラレ田布施のイメージ図

オラレ田布施のイメージ図


 オラレはボートレース振興会が建設するもので、市内では2008年に銀座2丁目に開設して同事業局が運営している。オラレ田布施は国道188号に近い米出(こめだし)工業団地の一角で、敷地面積は4,100平方㍍、建築面積は333平方㍍、駐車台数は104台、営業時間は午前7時半から午後9時ごろまで。
 売上のうち18%、年間約1億3,000万円が同市の収益になり、そこから年間約216万円の土地代など費用を引いた額が利益となる。
 同局は事務スタッフ2人を募集中。場長代理と副場長の事務補助で、モーターボート競走事業に関しての知識と普通自動車免許を有することが条件。勤務は月17日で月額11万9,200百円。オープンまでは同市栗屋のボートレース徳山で研修がある。
 希望者は9月8日必着で、〒745-0802 周南市栗屋1033、ボートレース徳山周南市競艇事業局競艇事業課業務担当に履歴書を郵送するか持参する。
 問い合わせは同局競艇管理課(0834-25-0540)へ。