ヘッドラインニュース

きっとカードが新カードへ

きっとカードが新カードへ スーパー銀南加入を機に 徳山商店街で店舗の加入も呼び掛け
 周南市の徳山駅前の商店街で買い物をするとポイントがたまる「きっとカード」が8月のスーパー銀南の開店を機に24年前の導入から初めて新カードに切り替えられることになった。システムを改修するもので、新会員を一番街のふれあいパーク街あい、みなみ銀座の和光ビルのまちあい徳山で受け付けている。

新しいカード

新しいカード


 きっとカードはきっとカード事業協同組合(清水芳将会長)がこれまで約6万枚を発行。現在は衣料品店や文房具、菓子、時計、化粧品などの約40店舗で使用できる。105円の買い物で1ポイントがつき、1ポイントを1円として買い物ができる仕組みだが、新カードでは100円で1ポイントになる。
 ただし、スーパー銀南で使う場合は同店内にあるポイント利用券発行機を買い物客自身が操作して利用券の発行を受ける。買い物のほかバスカード、タクシー回数券に交換することもできる。
スーパー銀南の金券発行機

スーパー銀南の金券発行機


 現在の5,000ポイント以上で参加できるガラポン抽選によるポイントプレゼントは12月まで。旧カードは来年3月末で完全失効する。このため3月までカードの切り替え、ポイントの移し替えを街あいやまちあい徳山で受け付ける。
 これまでのカードはカードの窓にポイント数が表示されていたが、新しいカードでは端末機のある店のほかID、パスワードを使ってパソコン、スマートフォンを通じても知ることができる。新カードの発行、切り替えの手数料は100円。
 一方、システムも一新して端末機が新しくなったため、これまで新しい端末機がないためできなかった新店舗の加入もできるようになった。清水会長は「街全体で共通して使用できるカード。加盟店も増やしていきたい」と話している。
 問い合わせは街あい(0834-31-3040)、まちあい徳山(33-9612)、きっとカード事業組合(27-1900)へ