ヘッドラインニュース

ひかり苑に車椅子用車両

光・ひかり苑に車椅子用車両 中国地方郵便局長協会が贈る
 光市三井の特別養護老人ホームひかり苑(内冨昭施設長、100人)に23日、中国地方郵便局長協会(末武晃会長)から車椅子を載せることができる車両1台が贈られた。

車の前でキーを持つ河野理事長(左)と田村理事

車の前でキーを持つ河野理事長(左)と田村理事


 同協会は7年前から中国5県の希望する施設から毎年、4施設ていどに福祉車両を贈ってきた。今年で41台になる。
 贈られた車両はトヨタのシエンタX(1,500cc)で、約180万円。運転席を含め座席が4席あり、最後部に車椅子1台が積める。車椅子の乗降時は車高が低くなり、スロープの角度を10度以内に抑える。ワゴン車のように大きくはないので小回りがきく。
 この日は玄関前で贈呈式があり、同協会理事で周防東部地区郵便局長会長の柳井市の田村和雄柳井南町郵便局長が「地域貢献は我々の大きな柱の1つ。この車をしっかり役立てて下さい」とあいさつした。
 理事の森重善文岩田郵便局長や、島田市郵便局の松根和宏、光虹ケ丘郵便局の中村謙二、光室積郵便局の大木幹夫各局長らも同席し、レプリカのキーを受け取った社会福祉法人ひかり苑の河野亨理事長は「ご期待にお応えできるよう大切に活用する」と感謝した。
 同苑は増床を終えたばかりで、車は入所者の施設外のレクリエーションや外泊、外出、買い物、病院受診に使う。これで同施設で車椅子のまま乗れる車は3台になった。