ヘッドラインニュース

絶景満喫!新国民宿舎大城

【下松】国民宿舎大城 11月1日オープン 21日・完工式、23日・内覧会
 下松市が総事業費約26億円をかけて建設した笠戸島の国民宿舎大城(有吉良美支配人)が完成し、21日に完工式が開かれる。11月1日にオープンし、笠戸湾が一望できるロケーションで温泉も楽しめ、市の観光の目玉として観光客誘致に期待がかかる。23日は午前10時から午後3時まで一般向けの内覧会があり、誰でも見学できる。(山上達也)

有吉支配人らスタッフ

有吉支配人らスタッフ


 旧施設の老朽化から同じ場所に建て替えたもの。121人が宿泊できる37室の客室はすべて海に面した〝オーシャンビュー〟で、大城温泉は室内風呂、露天風呂とも夕日の美しさを楽しんでもらえるように大きく西側に視界が開いた構造にした。
オーシャンビューの大城温泉

オーシャンビューの大城温泉


 温泉入浴は当面、宿泊者優先で、日帰り温泉は午前11時から午後4時までに限定するが、今後の利用状況で弾力的に対応する。
 レストランも海を見渡せる作りで、対面調理で90人収容できる。メニューも一新し、午前11時から午後2時半までのランチタイムは肉料理、魚料理から好きなメーン料理を1品選び、総菜やサラダ、フルーツ、ケーキ、ドリンクバーを自由に楽しめる税込み1,620円のハーフビュッフェ方式を導入。
 5時から8時半までのディナータイムは3日前までの予約制で、和の膳(3,240円)、洋の膳(4,320円)、和洋の膳(12,030円)などを夕日の絶景を楽しみながら味わってもらう。
 このほか100人収容の宴会場、パントリーもある。スタッフは岸田雅彦営業担当支配人の下、管理課8人、営業課12人、料飲課11人、調理課は料理長を兼ねる新谷芳史課長ら15人の総勢48人。有吉支配人(70)は「お客さんに安心と安全、楽しさ、快適さを提供していきたい」と決意を話している。
 オープンに合わせて県道から大城までの市道大城線の整備も完了。大城玄関前のバス停に防長交通の路線バスの乗り入れが復活し、下松駅南口と深浦との間の上下18便が毎日停車する。大城の電話は0833-52-0138。