一言進言

グラマシー閉鎖で同窓会もできない

コンベンションホール建設に力結集を
2017年のしょっぱなに周南市の旧徳山市中心部に激震が走る。老舗ホテル、ザ・グラマシーが1月末で宴会部門を止める。どれくらいの影響が出るか想像できない。中心部で同窓会1つできなくなる。まとまったパーティーや会議もできない。昭和通初め、中心部の飲食店への打撃はいかほどになるのだろうか。他地区からの参加する集まりもなくなる。都市としての機能が消滅する。
もちろん、コンベンションホールの役割は、ホテル・サンルート徳山や遠石会館があるが、立地的にも、規模的にも今までの集まりをこなせまい。ザ・グラマシーでは過去平均して、300人以上の集まりを年間20回から25回こなしていた。それ以上に100人、200人規模は数知れない。県大会、中国大会など多くの会議もこなせなくなる。
百貨店がなくなり、映画館が姿を消し、揚げ句に周南地区最大の宴会場も姿を消す。最も気になるのは旧徳山市、ひいては周南市の将来に夢を持てない雰囲気が広がることだ。都市としての重要な機能が失われていくことに、市民が喪失感を抱くことだ。
新庁舎が、新駅ビルが、それを打ち消す役割を持てるとは思えない。この5年間、行政が関わった大型の箱物は、わくわくするような経済活動に影響を与えるようなものはなかった。道の駅も駅長の逃亡で暗転した。駅ビルにTSUTAYAのカルチュア・コンビニエンスクラブ運営の図書館ができても、駅ビル内で帰結する様相だ。ゆめタウン徳山は街中から相当のお客を奪った。
□のぞみが停まる徳山駅を背景に、近隣から人を集めて、1円でもお金を落としてもらう仕組みを考えないと、徳山駅はあるばかりで、近隣に周南市民が流出するだけの街になる。地方都市のホテルの誘致合戦もし烈を極めている。中には市有地を無償で提供して都市型ホテル進出を進める都市もある。コンベンションホールのあるなしでは、経済的効果のある活動は相当の影響を受ける。
□民間のことだからと、この間、市は一切関わりを持たないようにしてきた。かたや駅ビルは図書館と言う公共性を持ってきて、TSUTAYAとスターバックスの誘致に、何10億円もの大金を注ぐ。このままでは市民の怒りは爆発しそうだ。北九州や岡山市などは行政が必死で経済活動を高める施策を打ち出している。
同窓会1つ街中で開けない都市を、故郷を出た仲間たちはどう思うのだろうか。何としても各団体、商工会議所、企業、とりわけ行政がコンベンションホール建設に向けて素早い取り組みをしなければ若者たちも帰ってはこない。逆に近隣からあそこで集まりたい、会議をしたいと言わせるぐらいの、コンベンションホール建設も可能だ。気持ちがあればできる。きっと。(中島 進)