ヘッドラインニュース

石丸さん(周南市)に県文化功労賞

「大津島から」で叙情豊かな絵画世界
 今年度の県文化功労賞の受賞者に周南市の洋画家で国画会会員の石丸康生(こうせい)さん(61)ら6人と1団体が選ばれた。表彰式は15日午前11時から山口市の県庁正庁会議室で開かれる。

石丸さん(県提供)

石丸さん(県提供)

 今回の受賞者は石丸さんのほか、萩市の陶芸の中村真一さん(69)、下関市の音楽指導の松浦美彦さん(62)、山口市の邦楽の阪井春玲さん(76)、狂言の土村広隆さん(76)、一般文化部門で秋吉台の植物の記録、紹介を続けている中沢妙子さん(77)と萩市の萩美術協会。
 石丸さんは多摩美術大学卒。高校で美術を教えながら1993年から国画会の国展などに出品し、現在は同会会員。2004年には県芸術文化振興奨励賞を受賞している。
 精力的、創造的に活動し、ここ10数年は生まれ故郷の大津島をイメージの原点とする「大津島から」のシリーズを発表しており、この連作が「白を主調色に抽象性に富み、叙情豊かな絵画世界を創出している」と評価された。