ヘッドラインニュース

周南市幹部110人が“イクボス宣言”

「部下を応援、自らも充実」“働きたいまち”へプロジェクト始動
 周南市は部下の育児などの家庭と仕事の両立に配慮する上司“イクボス”の精神を広めようと28日、県周南総合庁舎さくらホールでイクボス宣言式を開き、木村市長や課長補佐級以上の職員約110人が「イクボス宣言」をした。県内の市町では初めての宣言となる。

「イクボス宣言」をする市長や職員

「イクボス宣言」をする市長や職員

講演する安藤さん

講演する安藤さん

 市はワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)文化の創造と事業者の業務効率アップや市民の家庭生活の充実など“働きたいまち周南市”の実現を目指す「しゅうなんイクボス・プロジェクト」を進めており、宣言はそのスタート。12月11日には市学び・交流プラザで賛同企業などによる「しゅうなんイクボス同盟」結成式も開く。
 この日の宣言式の前には父親支援事業を展開するNPO法人ファザーリング・ジャパン代表の安藤哲也さん(54)を講師にした「イクボス講座」もあった。
 安藤さんはワーク・ライフ・バランスを組織全体に広げるには、まずボスから休みをとったり、充実した私生活を部下に見せることが大事だとして「イク(育)ボスの育は部下、企業組織、社会を育てること」と訴え「これからは短い時間で高い価値を生む生産性の高さが求められる」と述べた。
 続いて「育児・介護・家事に関わる職員をはじめ、すべての職員が家庭生活と仕事を両立できるよう応援します」「自らも家庭や地域を大切にし、仕事と生活の調和を実践します」など4項目のイクボス宣言を全員で読み上げた。