ヘッドラインニュース

「現代の名工」に大谷さん(日立笠戸)

下松・鉄道車両製造に高い技能 精密加工、3次元曲面に発揮
 卓越した技能を持つ人を賛える今年度の厚生労働省の“現代の名工”に下松市の日立製作所笠戸事業所車両製造部台車課主任、大谷時博さん(54)=光市千坊台=が選ばれた。表彰式は21日、東京の明治記念館で開かれる。

受賞を喜ぶ大谷さん

受賞を喜ぶ大谷さん

 現代の名工は最高水準の技能労働者を表彰するもので、今年度は県内からは大谷さんと山口市の高山造庭園の高山昭俊さん(69)の2人、全国では160人が受賞する。県内の受賞者は計59人になった。
 大谷さんは1981年に聖光高機械科を出て同社に入った。父親も日立製作所の関連会社に勤め、8歳の時、父に連れられて笠戸工場(現笠戸事業所)に来た日立のショールーム列車「日立ポンパ号」を見て、鉄道に関心がわいたという。
 入社後、35年間のほとんどは車両製造部で鉄道車両の製造に従事。数値制御(NC)フライス加工やマシニングセンタによる精密機械加工に精通し、鉄道車両の台車のような大型で複雑な溶接構造物の機械加工や、新幹線の先頭形状のような3次元曲面の機械加工で優れた技能を発揮する一方、さまざまな改善活動にも取り組んで鉄道車両の先頭構体パネル加工法を確立した。
 現在は約100人の若手作業員を部下に持ち、2013年に創意工夫功労で文部科学大臣表彰、14年に優秀技能者で県知事表彰を受けた。昨年は同事業所でただ1人、全社でもわずかしかいない技術者最高の称号“工師”に認証されている。
 仕事の信条は「安全で安心して働ける職場づくり」と「段取り8割、仕事2割」。「これらがうまく組み合わさらないと仕事は進まない」と話す。
 受賞に「会社の幹部や同僚の皆さんのバックアップがあってこそ。ものづくりのさらなる発展を願いたい」と喜び「製造する側に誇りや喜びがないと楽しく幸せな仕事はできず、そこからいい製品も生まれない。自分で考え、判断し、行動することからいい仕事は生まれる。それを若い人に伝えていきたい」と話している。