ヘッドラインニュース

周南3市の周遊促進へ

まちあるき&ドライブガイド発行 女性目線、スタンプラリーも
 周南広域(光・下松・周南)観光連携推進協議会(原田康宏会長)は周南3市の周遊ガイドブック「山口県周南市・下松市・光市 SETOUCHI まちドラ(まちあるき&ドライブガイド)」を発行した。パワースポットやカフェ・ランチスポットなど女性に人気を集めそうな場所をまとめ、モデルコースも示してめぐってもらうスタンプラリーの要素も加えている。

発行された「まちドラ」

発行された「まちドラ」

161201a
 来年9月から12月まで県とJRグループが展開する「幕末維新やまぐちデスティネーションキャンペーン」にあわせ、周南エリアでの周遊促進と交流人口の拡大を図ろうと作った。
 ガイドブックは4つのカテゴリー別に魅力を紹介。そのうち「パワースポット」では福徳をもたらすとして信仰されてきた〝周南七福神〟をまとめ、「カフェ・ランチスポット」では景観や料理などが自慢の20店を掲載している。
 「癒(いや)しスポット」としては光市の象鼻ケ岬、海商通り、下松市の笠戸島夕日岬、国民宿舎大城、周南市の周南工場夜景が登場。
 「雑学スポット」では光市の初代内閣総理大臣となった伊藤博文の伊藤公記念公園、下松市のユニークなひげが特徴の長岡外史にまつわる外史公園、周南市の三光寺の乳房観音、漢陽寺とお茶など計6カ所を雑学とともに紹介している。
 スタンプラリーは計15カ所のスタンプ設置場所を巡って3、5、7個のスタンプで応募でき、7スタンプのコースは3人にふぐコースセット、大城ペア宿泊券、かんぽの宿ペア宿泊券が当たる。いずれも各市で最低1カ所のスタンプが必要。2018年1月まで3期に分けて募集する。
 A5判16ページのカラー。1万部作り、3市の観光・商業施設や県関連施設、県内主要JR駅構内などに置く。問い合わせは同会事務局の周南市観光交流課(0834-22-8372)へ。スタンプポイント次の通り。
 周南=三光寺、道の駅「ソレーネ周南」、まちのポート、東善寺やすらぎの里、シーホース▽下松=閼伽井坊、妙見宮鷲頭寺、国民宿舎大城、笠戸島家族旅行村、くだまつ観光・産業交流センター(ザ・モール周南)▽光=清鏡寺、冠念寺、冠山総合公園、伊藤公記念館、ささ乃や